prev04next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

スプリングS&阪神大章典予想

土曜のレースを振り返ると、まず阪神11R若葉Sを勝ったワールドエースはやはりここでは力が違いましたね。
直線抜け出すときのあの脚はこの世代でも屈指のものがあります。
ただ、馬体重-8キロというのは気になりますね。
馬格のある方ではないし、関東圏での競馬が続くのを嫌ってこのレースを選んだ陣営にとってはこの馬体減は誤算でしょう。
皐月賞に向けては減った馬体を戻しつつ、さらに輸送も考慮しての調整となるので、この先の調整過程には注意しておいたほうがよさそう。


・スプリングS
◎マイネルロブスト
○ディープブリランテ
▲ゼロス
△ストローハット、アルフレード、グランデッツァ

◎マイネルロブストは他の有力馬が外を引いたのに対して内の良い枠を引いたので内でロスの無い競馬をしたい。
追いきりの動きはよかったので状態もよさそう。
今回武騎手に乗り変わりましたが、武騎手はメインレースでは3戦連続して2着に来ているのでここでも2着、ではなく1着を目指したいですね。

○ディープブリランテはやはり折り合いがつくかどうかが最大のポイントですね。
今回は前に行きたい馬がそろったので前走のようにハナを切るようなことは無いと思いますが、外目の枠を引いたので前に馬を置いてうまく流れに乗れるかどうかがポイント。
前走のようにかかってしまうと最後の坂で失速してしまう危険はあります。

▲ゼロスは逃げて3連勝中なのでここも思い切っていってもらいたいですね。

アルフレードとグランデッツァは休み明けという事で△の評価としました。


・阪神大章典
◎オルフェーヴル
○ヒルノダムール
▲ギュスターヴクライ
△ビートブラック

◎オルフェーヴルはここではまず負けられないでしょう。
追い切りでは坂路で好時計を出しているように仕上がりもいいし、次の天皇賞、そして秋の凱旋門賞へ向けて良いスタートを切ってほしい。

○ヒルノダムールは前走京都記念では減っていた馬体も戻ったし、今回はさらに上積みも有りそう。

▲ギュスターヴクライは今勢いがあるし、55キロの斤量も有利。
 
拍手する

弥生賞&中日新聞杯結果

・弥生賞
1着△コスモオオゾラ
2着○トリップ
3着△アーデント
4着 ソルレヴァンテ
5着 エキストラエンド
6着◎フェノーメノ
7着▲メイショウカドマツ

このレースも先週から続く傾向どおりに内からスムーズに競馬を運んだ馬が上位を占めました。
外を回った馬は馬場の影響の上に、4コーナーでごちゃつくところもあって不完全燃焼に終わってしまった感があります。
レースを振り返ると、まず最内のメイショウカドマツがスタートで立ち上がるようなところがあって出遅れながらも1コーナーに入るあたりでハナに立ち、1000m通過が63,1秒のスローな流れに落として逃げる。
折り合いに苦労する馬が何頭もいる中、勝ったコスモオオゾラは道中4,5番手で流れに乗り、直線残り100mあたりで先に抜け出していたトリップを捕らえてゴール。
今回は良い枠も引けたし、不良馬場の葉牡丹賞を制しているように、時計のかかる馬場もこの馬には向きました。
皐月賞も道悪になるようなら押さえておいた方が良い。

2着トリップは予想通り道中2番手の内ラチ沿いという絶好のポジションで競馬ができました。
ただ、あの競馬で勝ちきれないあたりは物足りなさも感じます。
一度たたかれての上積みがどの程度あるかに注目しておきたい。

3着アーデントは道中はトリップの後ろの内ラチ沿いという、この馬も良いポジションからスムーズな競馬ができました。
5頭出走したディープ産句の中では最先着。
他の馬は皆不利もあったので仕方の無いところもありますが、ここにきてディープ産句の勢いが少しなくなってきたのは気になります。

6着フェノーメノは4コーナーから直線にかけてなかなか前が開かず、残り1Fを切ったあたりでようやく大外に持ち出して追い出し、そこからは良い脚を使いましたがさすがのあの位置からでは前には届かず。
皐月賞の権利が取れなかったのは残念ですが、能力が高いのは確かなので、この先は青葉賞からダービーを目指したい。


・中日新聞杯
1着◎スマートギア
2着 ダンツホウテイ
3着△ダノンバラード
4着△ヒットザターゲット
5着 エーシンジーライン

11着▲メイショウカンパク
15着○コスモファントム

勝ったスマートギアは7歳にしてようやく重賞初制覇。
これまでは追い込み一辺倒の競馬が続いていましたが、前走テン乗りだった松山騎手が中段からの競馬をして2着に食い込み、今回も中段やや前目のポジションから押し切る。
追いきりの動きも良かったので状態も良かったんだと思う。

2着ダンツホウテイは前走小倉大章典でも差の無い4着と好走はしていましたがちょっとこの馬までは手が回らなかった。

3着ダノンバラードはこれで5度目の3着ということでなかなか勝ちきれないレースが続いていますね。
鞍上もころころ変わっていますが武騎手に戻してほしい。


期待していた大阪城Sのショウナンマイティは道中最後方からよく追い込んできましたが鼻差届かず。
勝ったミッキーパンプキンはパドックでもとても良い雰囲気で上位人気の中でも一番良くみえたし、休み明けのショウナンマイティとは出来の差もありました。
それに、良馬場ながらだいぶ雨が降っていたので、馬場の影響も多少あったか。
一度たたいて、次走はしっかり勝ちたい。
次走は最後方からではなく、中段あたりからの競馬を見たい。
以前は折り合いに苦労するところもあって、折り合いに専念するために後方からの競馬をするようになりましたが、今回は休み明けでもしっかり折り合いもついていたので道中あそこまで極端に下げる必要もない。
中日新聞杯を勝ったスマートギアも武騎手が乗っていたころには後方からの競馬で勝ちきれない競馬ばかりでしたが、松山騎手が中段からの競馬で結果を出しました。
やはり、追い込み一辺倒ではどうしても展開に左右されてしまうことろがあるし、この馬自身も特に追い込みにこだわるタイプでもないと思う。
 
拍手する

弥生賞&中日新聞杯予想

土曜に行われた2つの重賞は共に波乱の結果となりましたね。
まず、チューリップ賞では圧倒的1番人気に支持されていたジョワドヴィーヴルが3着に敗れる。
昨年からどの程度成長したか期待していただけにこの結果はちょっと残念。
鞍上の福永騎手が返し馬の感触が前走とは違ったと言っているように、ここはあくまでも前哨戦で100%の出来ではなかったのは確か。
それに、勝ったハナズゴールは先週のアーリントンCを勝ったジャスタウェイと同じように大外から一気につき抜けたように、今の阪神の芝は良とはいってもある程度時計がかかる上に内よりも外のほうが伸びるようなので、その中でジョワドヴィーヴルは終始内目での競馬になったのも伸びきれなかった要因の一つ。
過去2戦のように4コーナーあたりから外目に持ち出せてたらもっと伸びていたはず。
本番での巻き返しに期待したい。
上位4着までは本番でも十分にチャンスがありそう。


・弥生賞
◎フェノーメノ
○トリップ
▲メイショウカドマツ
△アーデント、コスモオオゾラ、アダムスピーク

◎フェノーメノは1週前の段階では2番手評価だったんですが、本命候補のベストディールが回避したということで繰り上げて本命としました。
注目していた前走でも共同通信杯の3,4着馬を相手にしない強い勝ちっぷり。
今週の追い切りの動きも良いし、皐月賞の出走権確保に向けての陣営の意欲も感じます。

○トリップは追い切りでジョワドヴィーヴルに楽に先着した状態はよさそう。
枠もいいところを引いたので、おそらく逃げるであろう最内枠のメイショウカドマツを先に行かせて、今の中山重賞の必勝パターンである内ラチ沿いの好位につけて競馬をしたい。

▲メイショウカドマツは3戦連続して中山2000mを使っている経験と最内枠を生かした競馬をしたい。

△アダムスピークはキャリア1戦でラジN杯2歳Sを制したように能力が高いのは確か。
ただ、ディープ産句はこの世代ですでに7頭が重賞を勝っていながら、連勝を目指した3頭が全て敗れている点が少し引っかかります。
単勝1倍台と圧倒的な支持を集めていたディープブリランテとジョワドヴィーヴルでさえ2,3着止まり。
そのほかにも、ディープ産句ではありませんが、フェブラリーSでのトランセンドや中山記念のトゥザグローリーのように、重賞で人気になりながら惨敗するケースがここ最近は目立ちます。
これらの馬の共通点は、負けたレースは前哨戦的な位置づけで目標はまだその先にあって、仕上げとしても万全ではなかったという点が上がられます。
今の栗東は坂路もCWコースも馬場が重く時計もかなりかかっているので、そのあたりでも調整の難しさがあるのかもしれない。
この馬もすでに賞金的には足りているので目標はあくまでもこの先になります。
そのあたりでここで権利をしっかり取りたい他陣営との差が出るかもしれない。
といいつつあっさり勝たれる可能性もありますが。
前走は内ラチ沿いでロスの無い競馬ができましたが、今回は外目の枠に入ったので、この枠からどんな競馬をするのかにも注目しておきたい。


・中日新聞杯
◎スマートギア
○コスモファントム
▲メイショウカンパク
△ヒットザターゲット、シンメイフジ、ダノンスパシーバ、ダノンバラード

◎スマートギアは前走で久々に良い競馬をしました。
頭を下げた独特な走りをする馬で、今週の追いきりでも走る意欲を感じるのでここも期待したい。
リニューアルして長くなった直線もこの馬にはプラス。

○コスモファントムは57,5キロを背負ったここ2戦も勝ちきれないまでも差の無い競馬をしているのでここも大崩れは無い。

▲メイショウカンパクは前走新潟で行われた福島記念で最後方から追い込んで2着。
休み明けで仕上がりが気になるところですが力は出せるとみます。


そのほかのレースでは阪神11R大阪城Sに出走するショウナンマイティに注目します。
昨年はこの馬にずっと注目していたんですが、春はもう一歩というところでクラシックの権利を逃し、秋はこの馬には距離が長すぎました。
前走鳴尾記念で2着したように距離的には1800~2000くらいがベスト。
ここを勝ってこの先の重賞戦線へ進みたい。
相手はヒットジャポット。
前走は上位2頭が内でロスの無い競馬をしたのに対して直線外から伸びてきたこの馬の脚はなかなか良かった。
 
拍手する

中山記念&阪急杯結果

・中山記念
1着◎フェデラリスト
2着 シルポート
3着△リアルインパクト
4着 ネオヴァンドーム
5着 ネオサクセス

9着▲ダイワファルコン
10着◎トゥザグローリー

大逃げを打ったシルポートがそのまま押し切るかと思われたところに後方集団からただ1頭伸びてきたフェデラリストがゴール前できっちり捕らえてゴール。
この勝ちっぷりを見るとこの馬の強さはもう本物ですね。
今回の勝利を受けてドバイWCにも追加登録をしたということですが、もし選ればれたとしたら、すでに選出されているスマートファルコン、トランセンドとはまた違ったタイプということで楽しみがさらに広がります。

2着シルポートは1000m通過が58,7秒というこの日の馬場を考えるとかなりのハイペースで大逃げを打ち、最後はフェデラリストには差されてしまったものの久々にこの馬らしい競馬をしました。
この日の馬場は内枠が有利でこのレースの前のレースでも逃げ切りがかなり決まっていたし、このレースでも上位に来た馬は全て道中内ラチ沿いを走っていた馬で、逆に外を回した馬は人気のトゥザグローリーを含め全て惨敗してしまったように、馬場もこの馬に味方しました。

3着リアルインパクトは道中3番手の好位からの競馬でうまく流れにも乗っていたし、この先の安田記念に向けては良いスタートが切れました。

10着トゥザグローリーは馬場の影響が大きかったのかまったくいい所がありませんでしたね。
ドバイ遠征は変わらないようなのでドバイでの巻き返しに期待したい。


・阪急杯
1着 マジンプロスパー
2着△スプリングサンダー
3着○サンカルロ
4着 オセアニアボス
5着◎ガルボ

勝ったマジンプロスパーはテンの3Fが33,7秒という速い流れでも、道中3番手当たりで楽に追走できたし、4コーナーでも手ごたえに余裕がありました。
直線早めに先頭に立ってそのまま押し切ったようになかなか強い勝ちっぷり。
この勝ちっぷりからすると次走高松宮記念でも期待できます。

2着スプリングサンダーはやはり1400mのほうが安定感があります。
ヴィクトリアマイルが目標のようなのであと1Fの距離延長が課題。

3着サンカルロは4コーナーで外からまくってきたあたりではもっと伸びるかと見ていたんですが、馬体重+10キロの影響もあってか直線は思ったほどには伸びなかった。
高松宮記念に向けては今年から中京コースは直線も長くなるし、この馬には向く舞台だろうから期待したい。

5着ガルボは4コーナーで前が詰まって、直線でも追い出すのに手間取ったのが痛かった。
スムーズならもっと上位にいけただけにもったいない競馬だった。


6Rで注目していたディサイファは3着。
スタートで出遅れてましたがすぐに中段に押し上げ、3コーナーあたりでは外から先頭に並びかける。
4コーナーでは一旦下げて内に潜り込んで行きましたが、そこで前の2頭が馬体をぶつけたのか一瞬ヨレて、その後ろにいたディサイファの鞍上の武騎手が一瞬追うのを止めてしまったところが痛かった。
そのあたりでは勝ち馬とはほぼ同じような位置にいましたが直線を向いたあたりではすでに2馬身ほど差をつけられてしまい結局その差は詰まらずゴール。
結果的には外から先頭に並びかけたところでそのまま一気にマクりきってしまったほうが良かったか。
ただ、今回はこの馬場で外を回らされた影響もあっただろうし、次走良馬場での巻き返しに期待したい。
 
拍手する

中山記念&阪急杯予想

・中山記念
◎フェデラリスト
○トゥザグローリー
▲ダイワファルコン
△リアルインパクト、レッドデイヴィス、フィフスペトル

ここまでの古馬芝路線の世代間を見てみると5歳勢の強さが際立っているので、ここも5歳勢を中心に狙ってみます。

◎フェデラリストは前走中山金杯ではダイワファルコンとのマッチレースを制して初重賞制覇。
ここの上位2頭はなかなかレベルが高い。
この馬自身もまだ成長途上で底を見せていないところもあります。
中山は3戦3勝と得意だし、鞍上の蛯名騎手もリーディングトップと乗れている。
枠もいいところを引いたのでロスのない競馬も出来る。

○トゥザグローリーは能力的にはここでも抜けてます。
前走日系新春杯では58,5キロを背負いながらも強い競馬でした。
今回は斤量が減るのもプラス。
大外枠でも少頭数なのでそこまで影響は無いし、1800mも守備範囲。
ドバイに向けてもここは負けられない。

▲ダイワファルコンは前走中山金杯ではフェデラリストに首差届きませんでしたが後続は突き放したように強い内容でした。
中山は得意だし、距離が1ハロン短縮されるのもプラス。


・阪急杯
◎ガルボ
○サンカルロ
▲キョウワマグナム
△スプリングサンダー、オーセロワ、ルナキッズ

昨年の1,2着馬が今年も出走してきましたが、2頭共に前走で重賞を制しているように調子もいいし、他にこれといった馬も見当たらないので今年もこの2頭を中心に狙って見ます。

◎ガルボはこれまでなかなか勝ちきれないレースが続いていましたが、前走で久々の重賞制覇を飾りました。
陣営によれば状態も前走以上ということなのでそれも素直に信じたい。
枠もいいところを引いたので好位でロスの無い競馬をしたい。

○サンカルロはとにかくこの条件が合う。
差し馬なので展開に左右される面はありますが、今回は前に行く馬がそろったのでハイペースになれば展開もハマる。

▲キョウワマグナムは550キロを超える大型馬ですがあと10キロ絞れればもっとやれるはず。
キングカメハメハ産句は今年これまで重賞で5勝挙げていますが、内2つは二桁人気でのものなので、人気が無くても押さえておいたほうが良い。


そのほかのレースでの注目は中山6R新馬戦に出走するディサイファ。
ディープ産句で鞍上が武豊騎手。
陣営もかなり期待しているようだし、ここをあっさりクリアできるようだとダービーにはギリギリ間に合うかもしれない。
道悪だとどうなるかわからないのでレースまでに出来るだけ回復してほしい。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。