prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


弥生賞&中日新聞杯予想

土曜に行われた2つの重賞は共に波乱の結果となりましたね。
まず、チューリップ賞では圧倒的1番人気に支持されていたジョワドヴィーヴルが3着に敗れる。
昨年からどの程度成長したか期待していただけにこの結果はちょっと残念。
鞍上の福永騎手が返し馬の感触が前走とは違ったと言っているように、ここはあくまでも前哨戦で100%の出来ではなかったのは確か。
それに、勝ったハナズゴールは先週のアーリントンCを勝ったジャスタウェイと同じように大外から一気につき抜けたように、今の阪神の芝は良とはいってもある程度時計がかかる上に内よりも外のほうが伸びるようなので、その中でジョワドヴィーヴルは終始内目での競馬になったのも伸びきれなかった要因の一つ。
過去2戦のように4コーナーあたりから外目に持ち出せてたらもっと伸びていたはず。
本番での巻き返しに期待したい。
上位4着までは本番でも十分にチャンスがありそう。


・弥生賞
◎フェノーメノ
○トリップ
▲メイショウカドマツ
△アーデント、コスモオオゾラ、アダムスピーク

◎フェノーメノは1週前の段階では2番手評価だったんですが、本命候補のベストディールが回避したということで繰り上げて本命としました。
注目していた前走でも共同通信杯の3,4着馬を相手にしない強い勝ちっぷり。
今週の追い切りの動きも良いし、皐月賞の出走権確保に向けての陣営の意欲も感じます。

○トリップは追い切りでジョワドヴィーヴルに楽に先着した状態はよさそう。
枠もいいところを引いたので、おそらく逃げるであろう最内枠のメイショウカドマツを先に行かせて、今の中山重賞の必勝パターンである内ラチ沿いの好位につけて競馬をしたい。

▲メイショウカドマツは3戦連続して中山2000mを使っている経験と最内枠を生かした競馬をしたい。

△アダムスピークはキャリア1戦でラジN杯2歳Sを制したように能力が高いのは確か。
ただ、ディープ産句はこの世代ですでに7頭が重賞を勝っていながら、連勝を目指した3頭が全て敗れている点が少し引っかかります。
単勝1倍台と圧倒的な支持を集めていたディープブリランテとジョワドヴィーヴルでさえ2,3着止まり。
そのほかにも、ディープ産句ではありませんが、フェブラリーSでのトランセンドや中山記念のトゥザグローリーのように、重賞で人気になりながら惨敗するケースがここ最近は目立ちます。
これらの馬の共通点は、負けたレースは前哨戦的な位置づけで目標はまだその先にあって、仕上げとしても万全ではなかったという点が上がられます。
今の栗東は坂路もCWコースも馬場が重く時計もかなりかかっているので、そのあたりでも調整の難しさがあるのかもしれない。
この馬もすでに賞金的には足りているので目標はあくまでもこの先になります。
そのあたりでここで権利をしっかり取りたい他陣営との差が出るかもしれない。
といいつつあっさり勝たれる可能性もありますが。
前走は内ラチ沿いでロスの無い競馬ができましたが、今回は外目の枠に入ったので、この枠からどんな競馬をするのかにも注目しておきたい。


・中日新聞杯
◎スマートギア
○コスモファントム
▲メイショウカンパク
△ヒットザターゲット、シンメイフジ、ダノンスパシーバ、ダノンバラード

◎スマートギアは前走で久々に良い競馬をしました。
頭を下げた独特な走りをする馬で、今週の追いきりでも走る意欲を感じるのでここも期待したい。
リニューアルして長くなった直線もこの馬にはプラス。

○コスモファントムは57,5キロを背負ったここ2戦も勝ちきれないまでも差の無い競馬をしているのでここも大崩れは無い。

▲メイショウカンパクは前走新潟で行われた福島記念で最後方から追い込んで2着。
休み明けで仕上がりが気になるところですが力は出せるとみます。


そのほかのレースでは阪神11R大阪城Sに出走するショウナンマイティに注目します。
昨年はこの馬にずっと注目していたんですが、春はもう一歩というところでクラシックの権利を逃し、秋はこの馬には距離が長すぎました。
前走鳴尾記念で2着したように距離的には1800~2000くらいがベスト。
ここを勝ってこの先の重賞戦線へ進みたい。
相手はヒットジャポット。
前走は上位2頭が内でロスの無い競馬をしたのに対して直線外から伸びてきたこの馬の脚はなかなか良かった。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。