prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


有馬記念結果

1着◎オルフェーヴル
2着▲エイシンフラッシュ
3着 トゥザグローリー
4着 ルーラーシップ
5着△トーセンジョーダン

10着○アーネストリー


勝ったオルフェーヴルはスタートで出負けして後方からの競馬となったうえに、1000m通過が63,8秒、そこからさらに14秒台のラップが2度続く超スローペースの中で行きたがるそぶりを見せ、さらに1週目のスタンド前から1,2コーナーにかけては後方で他馬に囲まれる苦しいポジションになってしまいましたが、向こう正面で外に持ち出してからはようやく流れに乗って競馬ができました。
3コーナーから徐々にポジションを上げ、4コーナーから直線にかけて一気に外をマクって行って、最後は他馬をねじ伏せるといった強い勝ちっぷりでした。
前走の菊花賞からさらに強くなった感もあります。
来年は凱旋門を目指すということですがこのまま順調に行ってほしい。

2着エイシンフラッシュは追いきりで毎回良い動きを見せていて、これで走らないはずがないと思って高い評価をしながらもこの秋2戦はもうひとつ結果が出ませんでしたが、今回はようやくこの馬らしい競馬を見せてくれました。
昨年のダービー馬だけあってやはり力さえ出し切れればこれくらいは走っておかしくありません。
馬体重は-4キロ、もともと腹回りがボテッとした印象がある馬なので多少でも絞れていたのも良かったかもしれない。
レースではこの馬も道中行きたがるところはありましたが、鞍上のルメールが何とかなだめて乗る。
4コーナーから直線にかけてブエナビスタとトーセンジョーダンの間に楽な手ごたえで突っ込んでいったときの勢いは直線で突き抜けるかというくらいのものがありました。
ダービーを勝ったときも超スローで上がりの競馬だったように流れも向きました。

トゥザグローリーは昨年に続いての3着。
エイシンフラッシュと同じくこの秋はもう一つ結果が出ていませんでしたが、昨年は秋に4戦して中日新聞杯から中1週のローテで有馬だったように、使い込まれて良くなるタイプなのかも知れない。
そのJCではエイシンフラッシュが本命でこの馬が対抗だったので今回の結果からするとその時の読みとしては決して悪くなかったんですが、今回この馬を無印にしたのは失敗でした。

4着ルーラーシップは宝塚以来の休み明けでさらに大外という厳しい条件だったことを考えると良く走っています。
これまでのG1はまだ掲示板までがやっとという結果が続いていますが、能力的にはそれ以上の、この世代でもトップレベルのものを持っています。

最強世代といわれながらこの秋はもう一つ結果の出ていなかった4歳勢ですが、今回の2~4着馬はもちろん、6着のヒルノダムールも最後の直線は内から伸びかけていたし、8着ヴィクトワールピサも直線でいったん先頭に立つかというところもあったし、やはり能力が高いことは間違いないし来年の巻き返しに期待します。

この秋好走していたトーセンジョーダンとブエナビスタの2頭はそれぞれ5着、7着ともう一つの結果に終わりました。
トーセンジョーダンはパドックでの気配はここ2戦ほど良く感じなかった。
ブエナビスタはいつも良く見せないタイプですが、今回は馬体重+6キロで470キロまで増えていたのか勝負どころでの反応の鈍さにつながったか。
4歳時に秋GⅠ3連覇を果たしたテイエムオペラオーやゼンノロブロイですら5歳の秋には天皇賞とJCでは善戦しながら有馬では崩れたように、5歳で秋GⅠ3戦をこなすのもやはり厳しいところがあるのかもしれない。

10着アーネストリーはスタートからしばらくは内の馬に先に行ってほしいという感じで様子を見ていましたが、誰も行かないのを見て結局自らハナに立つ。
そこからは超スローに落としての逃げとなりましたがやはり瞬発力勝負では分が悪く、この馬自身も34,6秒の脚を使っているのだから決してバテたという感じではありませんでしたが、上がりが33秒代前半の決着となってしまってはこの馬にはさすがに厳しかった。
この馬にはもっと積極的な競馬をしてほしかった。
宝塚でもあれだけのペースで押し切った訳だし、今回はほかに行く馬もいないというのはある程度予想がついた事だったのだから、自らハナを切るくらいのつもりで行ってラップも12秒台を刻んでそれほどそれほどペースを落とさすに行ったほうが良かった気がする。


このレースで引退となったブエナビスタですが、個人的にはこの馬はあんまり好きではなかった。
常に1番人気に支持されてきた馬ですが、この馬を本命にしたのもそれほど多くなかったと思う。
といってもこの馬自身が好きではないというよりも、3歳の有馬記念で鞍上をアンカツから横山騎手に乗り換えた陣営の判断に最後まで納得いかなかったのが大きな理由。
あの時の乗りかえがこの馬にとっての最大の失敗でもあります。
デビューからずっと乗り続けてきた騎手を3戦勝てなかったくらいでその責任を騎手に押し付けるような形で乗り換えるとか意味がわからなかったし、その時の有馬記念も結局2着と勝ちきれなかったのはその時の陣営の判断ミスが響いたからでした。
その前のエリザベス女王杯では前を捉えきれずに3着と敗れたので、有馬ではそれまでとは違って前々からの競馬になりましたが、ゴール前でドリームジャーニーに差されての2着という結果。
そのレースにはリーチザクラウンが出走していて、この馬が逃げたレースはたいてい高速決着になっていて有馬でもペースは速くなるであろうと見られていたのもかかわらず前々の競馬を指示した事がそのときの敗因でした。

翌年、京都記念を勝ってドバイシーマクラシックへと向かいましたが、そこでなぜか鞍上をペリエに乗り換え、負担重量を0,5キロオーバーするというありえないようなミスを犯して2着に敗れる。
ペリエは日本にも馴染みのある騎手ではありますが、海外のレースだからといってそこで安易に外国人騎手を騎乗したことで意思疎通がうまくとれなかった事は陣営に責任があったといわざるを得ません。
ヴィクトリアマイルを勝った後の宝塚では有馬と同じように前で競馬をしてゴール前でナカヤマフェスタにさされて2着。

秋には骨折してしまった横山騎手に代わってスミヨンが騎乗し天皇賞を圧勝したもののJCでは降着、有馬ではスローペースの中、後方から追い込んで届かずという前年は逆の展開で2着に敗れてしまいました。
そのときもやはり外国人騎手を起用したことがJCと有馬での結果を招きました。
JCでは無理しないでも勝てていたレースで、おそらく日本人騎手ならあんな乗り方はしなかっただろうし、有馬でもその時の影響からか消極的な競馬になってしまい結局勝ちきれなかった。
さらに、外国人騎手では1年中乗り続けるわけにはいかないので、復帰した横山騎手をその後も乗せるならともかく、ドバイをはさんで今度は岩田騎手に乗り換えるのなら前年の秋の時点で岩田騎手で行くべきだった。

結局、3歳の有馬以降引退するまで14戦して4勝、うちGⅠ3勝はすべて東京コースでのもので、勝った事よりも取りこぼしたという印象のレースのほうが多かった。
2年連続して2着だった有馬や宝塚では前へ行っては差され、後方から追い込んでは届かずといったレースばかりだったように脚の使いどころが難しい馬でした。
そういったタイプの馬だっただけに、鞍上を固定できなかったというのも取りこぼしたレースの多かった理由だと思う。

個人的には今回の有馬のオルフェーヴルやアーネストリーヒルノダムールのように同じ騎手とずっとコンビを組み続けている馬のほうを応援したくなるし、逆に鞍上がころころ変わるような馬はあまり好きになれない。
そのほかの馬でいえばたとえばローズキングダムの乗り換えも行き当たりばったりで何の計画性もない安易なものに感じます。
京都大章典を後藤騎手で勝った後の天皇賞で日本で初めてGⅠに乗るメンディザバルに乗り換えて天皇賞とJCを惨敗して再び後藤騎手に戻すとか意味がわからない。
その前の宝塚でも武騎手からウィリアムズに乗り換えたのも何の意味もなかった。
桜花賞馬のマルセリーナもオークスまではアンカツが乗っていたのに秋2戦は福永騎手が乗って結果が出ずにマイルCSでは再びアンカツに戻して、阪神Cではルメールとか何がやりたいんでしょうか。
鞍上が怪我をしたり騎乗停止で乗れないならともかく、強い馬の安易な乗り換えは興ざめ以外の何物でもありません。

話を戻して、とは言ったもののブエナビスタには母としてビワハイジに負けないくらいのいい産句を出してくれるのを期待してます。
妹のジョワドヴィーヴルも阪神JFを圧勝して来年の牝馬クラシックの最有力候補となっていますが、同厩舎のレーヴディソールのようにはならずに無事にいってほしい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。