prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


阪神JF&カペラS結果

・阪神JF
1着 ジョワドヴィーヴル
2着 アイムユアーズ
3着○サウンドオブハート
4着▲イチオクノホシ
5着 アンチュラス

15着◎ラシンティランテ

ジョワドヴィーヴルが姉のブエナビスタに続いてこのレースを制覇しました。
オッズ的には混戦模様といった感じでしたが終わっていれば1頭だけ力が違いましたね。
スローペースで行きたがる馬もいる中でこの馬はしっかり折り合いもついていたし、キャリア1戦というのを感じさせないくらいの強い勝ちっぷりでした。
新馬戦と同じく、3,4コーナーでの反応はもうひとつでしたが、直線を向いてからの伸びは本当に凄い。
来年のクラシックもこの馬が中心になるのは間違いないでしょう。
馬体はもっと成長してほしい。

2着アイムユアーズは追い込んで勝った前走とは打って変わって今回は前々からの競馬。
序盤は内の馬を見ながら2,3番手につけ、外から係り気味で交わして行く馬がいる中でもしっかり折り合いがつき、そこで控えられたのが直線での伸びにつながりました。
前走ファンタジーSを勝ちながら8番人気というのは評価が低すぎましたね。

3着サウンドオブハートは気になっていた輸送の影響は感じられませんでした。
馬体も減っていなかったし、落ち着きのある雰囲気だったし、むしろ栗東滞在組のイチオクノホシやトーセンベニザクラのほうがテンションが高い感じでした。
レースではゴール前でアイムユアーズに鼻差差される。
序盤少し行きたがったのが最後響いたかもしれない。
大外よりはやはりもう少し内枠で競馬をしたかった。
鞍上の武豊騎手もこれで今年のG1制覇は難しくなりましたね。
今年はどの路線にもこれといっていいお手馬がいなかったし、スマートファルコンがJCダートにでも出ていたら勝てていたかもしれませんが仕方ない。

4着イチオクノホシはパドックで少しテンションが高かったのが気になりましたが、レースでは好スタートから控えてもしっかり折り合いがついたし、それが最後の直線の伸びにもつながりました。

5着アンチュラスはパドックの気配も良かったし、レースでは内枠を活かしてロスの無い競馬ができました。

15着ラシンティランテは序盤にかかったのが痛かったですね。
前走とはまったく違うレース運びで力を出し切れなかった。


・カペラS
1着▲ケイアイガーベラ
2着△ティアップワイルド
3着 タイセイワイルド
4着△レディルージュ
5着◎セイクリムズン

8着○セレスハント

勝ったケイアイガーベラは道中2番手からの競馬で、直線では楽に抜け出して後方を突き放す強い競馬でした。
前走増えていた馬体も絞れたし斤量的にも有利だった。
関東への輸送をこなせた点でもこの馬の成長を感じさせます。

2着ティアップワイルドは昨年に続く2着。
これで中山は4戦して2勝2着2回だからコースの相性も良い。

3着タイセイレジェンドはこれまではマイル前後を中心に使われていましたが初の1200mで結果が出たのは評価できます。

5着セイクリムズンは道中の位置取りやレース運びも悪くなかったし、直線入り口でも2着のティアップワイルドとほぼ同じ位置にいたんですがそこから思ったほど伸びませんでした。
この馬の実力からしたら物足りない内容。


阪神9Rエリカ賞は牝馬のヴィルシーナがスローペースの流れを道中2番手から抜け出して勝ち上がりました。
ディープ産句の3頭が人気になっていましたがパドックではこの馬が一番良く見えました。
牝馬でこの距離を勝ったということはオークス向きか。

期待のヒストリカルは5着でしたがスタートで出負けした上にスローペースも響きました。
4着マイネルディーンは4コーナーでは外からまくってきたヒストリカルに比べると生きっぷりがもうひとつでしたが、そこから巻き返してゴール寸前でヒストリカルを差し返したあたりには力を感じます。
ダンスインザダーク産句だけあって距離が伸びるともっと良くなるかも知れない。


香港での日本勢4頭はいい所がありませんでしたね。
最高の結果がスプリントに出走したカレンチャンの5着では物足りない。
マイルのアパパネが4頭の中では道中のレース運びも一番良く見えたんですが、直線ではまったく伸びずに13着と大敗。
この馬の力を出せればあそこまで負けることはまずありえないので、どこか状態に問題があったとしか思えない。
やはり輸送のトラブルの影響があったのか。
せめて1頭くらい上位争いに絡んでほしかった。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。