prev05next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


札幌2歳S&シリウスS結果

・札幌2歳S
1着○グランデッツァ
2着◎ゴールドシップ
3着▲マイネルロブスト
4着△ベストディール
5着 ヒーラ

勝ったグランデッツァは道中3番手でうまく折り合いもついていたし、直線も楽に抜けだして余裕のある勝ちっぷり。
やはり能力は相当高そうですね。
このまま順調に行けば来年のクラシック候補。

2着ゴールドシップは出遅れたのが痛かったですね。
道中の位置取りも、過去2戦は出遅れながらもすぐに中段あたりにつけることができましたが今回は身動きが取れずに後方2番手のまま。
厳しい競馬でしたが、それでも直線を向いてからの脚は一頭際立っていました。
グランデッツァよりも0,8秒速い上がりを使いながらも届かないなら仕方ない。

3着マイネルロブストは道中中段から、4コーナーでは先頭に並びかけるくらいの勢いで上がっていき、最後は内から伸びたゴールドシップに差されはしましたが力のあるところは見せました。
パドックから気配も良かった。
デビューから連勝しているだけあって、5番人気ながらここではキャリア1戦の馬よりも上でした。


・シリウスS
1着△ヤマニンキングリー
2着 キングスエンブレム
3着▲フサイチセブン
4着◎タガノロックオン
5着 ヒラボクワイルド

10着○タナトス

ヤマニンキングリーは今回初ダートながら道中2番手に楽に付けられたし、直線も余裕のある走りで2着に2馬身半差をつける完勝でした。
このメンバーでこれだけ強い競馬ができるのだからダート適性は高い。
一昨年の札幌記念を勝って以降はなかなか結果が出ていませんでしたが、休み明けの小倉記念で4着に来たあたりから復調の気配を見せていたし、状態面でも上向いていたのは確か。
今後もダート路線で期待したい。

2着キングスエンブレムは休み明けで馬体重プラス10キロと馬体も回復していて、パドックでの気配もとても良かった。
昨年のJCダート以降はいいところがありませんでしたがうまく立て直してきました。

3着フサイチセブンは道中3番手から4コーナーでヤマニンキングリーに並びかけていきましたが直線では逆に突き放される。
相手が強いのもあるし斤量差も響いたか。

期待の3歳勢2頭はいいところがありませんでした。
4着タガノロックオンは道中行きたがるところがあったし、2000mも微妙に長いのかもしれない。

10着タナトスは鞍上の小牧騎手がテンから押していってハナを切りましたが直線早めに失速して惨敗。
パドックからテンションが高かったのが気になった。


阪神5R新馬戦はディープブリランテは強かったですね。
直線半ばまで持ったままの手応えで、追ってからは2着に5馬身差を付ける圧勝。
今年の2歳のディープ産句の中ではエネアドが強かったですが、この馬も相当な器ですね。
次走も期待。

中山11Rダイワファルコンはやはりここでは力が違いましたね。
休み明けながら相変わらずすごい馬体をしてます。
準OPレベルの馬でないのは明らか。
レースでは内枠をうまく生かして道中3番手を追走し、直線では鞍上の北村宏司騎手が後ろを振り返ってリルダヴァルの手応えを見ながら追うといった感じで余裕のある勝ち方でした。
今後を考えると、全5勝を挙げている中山に対して7戦して未勝利の府中はあまり合わなそうなので、東京開催を狙うよりは京都へ持っていったほうがいいかもしれない。
と言っても京都ではこれといったレースがないので富士SからマイルCS狙いか。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。