prev05next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


札幌2歳S&シリウスS予想

今週から秋G1がスタートするということで久しぶりに予想でもしてみることにします。
まずは土曜の重賞から。

・札幌2歳S
◎ゴールドシップ
○グランデッツァ
▲マイネルロブスト
△ヒーラ、ベストディール、マカハ

このレースから後のGⅠ馬が何頭も出ているように毎年注目の一戦ですが、今年も将来性の高そうな好メンバーがそろいました。
◎ゴールドシップは新馬戦をレコード勝ちし,前走のコスモス賞は直線楽に抜け出しながら遊ぶところがあって最後は差をつめられましたが楽勝といえる内容。
新馬戦では直線で一頭抜け出していた馬をゴール前できっちり捉えたように、前に目標がいればしっかり伸びてくれます。
ただ、2戦共にスタートはあまりよくないので、その点は注意したい。
父ステイゴールド母父メジロマックイーン産句での3週連続重賞制覇もあります。
馬体は500キロ前後あるので馬格でいえばオルフェーヴルよりもフェイトフルウォータイプですが、どちらにしても成長力のあるタイプなのでここで結果を出せれば来年のクラシックも楽しみになります。

○グランデッツァは新馬戦ではスタートで出遅れたことも響き2着と敗れてしましましたが、2戦目は好位から進んで2着に8馬身差を付ける圧勝。
今年デビューした2歳馬の中でも1番インパクトのある勝ちっぷりでした。
マルセリーナの半弟という血統も魅力だし、この馬も今後がとても楽しみな一頭。
ただ、アグネスタキオン産句というと、2歳時の重賞で結果を出してもその後故障してクラシックを棒に振るというパターンが多いので、無事にクラシックまで進んでもらいたい。

▲マイネルロブストはここまで2戦2勝。
2戦共に僅差での勝利ですが前走は逃げ馬の勝ちパターンのところをきっちり捉えたように内容は悪くありません。
このレースではキャリア1戦でも結果を出している馬も少なくはないですが、逆に期待されながら惨敗という事もあるので信頼度という点でもほかのキャリア1戦の馬よりも上と見ます。


・シリウスS
◎タガノロックオン
○タナトス
▲フサイチセブン
△ナニハトモアレ、ヤマニンキングリー、ウィンペンタゴン

距離が2000mになって以降の4年の勝ち馬は全て前走オークランドRCTを使っていた馬で、そのうち3頭はそのレースを勝ってからの参戦でした。
今年は◎タガノロックオンがそのレースで2着に3馬身差を付ける圧勝しているということで、ここでもこの馬を中心とします。

○タナトスは2走前のレパードSでそのタガノロックオンに先着。
直線ではタガノロックオンに一旦前に出られながらもゴール前で差し返すしぶとさも見せました。
前走の内容のもよかった。
新馬戦を圧勝した以降はなかなか結果が出ていませんでしたがここにきて完全に復調しました。
ハンデも52キロと軽いので古馬との斤量差を活かせばここでも十分に勝負になります。

▲フサイチセブンは長期休養後3戦目の前走阿蘇Sでようやくこの馬らしい走りを見せました。
元々交流G2を勝っているくらいの馬でダートでは底を見せていないところもあります。
復調すれば当然ここでも上位。

△ヤマニンキングリーは今回初ダートということでどんな走りをするか注目したい。
芝だと切れ負けするところがあるし、アグネスデジタル産句という点でもダートは合うかもしれない。


そのほかのレースでの注目馬はまず中山2R未勝利戦芝1800mに出走するステージナーヴ。
アブソリュートの半弟ということでデビュー戦でも注目していたんですが、中山マイルで外枠からの発走でしたが上手く好位につけて2着に好走。
2戦目のここはきっちり勝っておきたい。

中山11R韓国馬事会杯は1枠ダイワファルコン。
能力的には重賞でもやれる馬なので休み明けでもしっかり結果を出したい。

阪神5R新馬戦はレディパステルの半妹のポップアイコンにブラックエンブレムの半弟のダノンオリエント、さらにハブルバブルの全弟のディープブリランテと好メンバーが揃いました。
オッズでは今のところディープブリランテが抜けているようですが、今年はダイワメジャー産句が調子いいのでポップアイコンにも期待したい。

日曜の凱旋門賞には今年は日本馬が2頭出走するということでこちらも注目。
2頭共に前哨戦の内容も悪くなかったし、今年は海外勢でも抜けた馬はいないのでチャンスは充分にありそう。
枠順はヒルノダムールが最内枠、ナカヤマフェスタが大外と両極端になりましたが、このレースは内が結構ごちゃくつイメージがあるのでヒルノダムールはうまく馬群をさばいて不利のないレース運びをしたい。
ナカヤマフェスタは中段外目あたりからから無理に内に入れるようなことはないでしょうが、レース前はうるさい所を見せいてもレースでは折り合いのつく馬なのでうまく流れに乗って走りたい。
前走は昨年のJC以来で結果は最下位ながら、決して悲観するような内容ではなく本番に期待を持たせるような内容でした。
今年は昨年以上の走りを見せて欲しい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。