prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


皐月賞&アンタレスS予想

・皐月賞
今年は府中での開催ということで基本的には内枠狙い。
8枠の3頭は内なら充分狙えるだけの力はありますがこの枠なら黙って消し。
土曜に大分雨が降ったので明日晴れるとしてもどこまで馬場が回復するのかも気になる。
今年はトライアル組以外の層が厚いですが例年通りトライアル組中心から狙いたい。

◎サダムパテック
○ダノンミル
▲ステラロッサ
△ナカヤマナイト、カフナ、ベルシャザール、オルフェーヴル

◎サダムパテックはメンバー中唯一の重賞2勝馬。
前走弥生賞は休み明けで余裕のあるつくりながら勝ったあたりにはやはり力を感じます。
枠順的にも1番良いところに入りました。
コース経験もあるし、前走に続いて岩田騎手が乗るのもいい。
総合的に見て不安要素もこの馬が一番少ない。

○ダノンミルは前走若葉Sが好時計勝ち。
昨年のペルーサ、ヒルノダムールが1,2着した時との比較でも今年のほうがかなり速いし、混戦といわれている今年のメンバーでなら通用していい。
鞍上が前走と同じく浜中騎手なら本命でもよかった。

▲ステラロッサはこの最内枠を上手く生かしたいですね。
土曜のフローラSのマイネソルシエールのような競馬をしたい。



・アンタレスS
◎ワンダーアキュート
○バーディバーディ
▲サクラロミオ
△ピイラニハイウェイ、ゴルトブリッツ、ダイシンオレンジ

◎ワンダーアキュートは56キロの斤量でここに出られるというのは大きいですね。
バーディバーディーと2キロ差あるのならやはりこの馬のほうを上と見たい。

○バーディバーディはデビュー当時は460キロ台だった馬体がここ3戦は480キロ台に乗せてきてGⅠでも上位争いをしているように、確実に力をつけてきています。
このまま順調に行けばいずれはGⅠも勝てる馬だと思う。

▲サクラロミオは今回と同条件の京都1800mのGⅢで連続3着。
後方から確実に伸びてくる脚があるので展開が向けば。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。