prev03next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


日経賞&中山牝馬S結果

・日経賞
1着◎トゥザグローリー
2着○ペルーサ
3着▲ローズキングダム
4着 マイネルキッツ
5着 エーシンジーライン

上位人気同士での順当な結果。
その中で勝ったトゥザグローリーは2着に2馬身半差をつける圧勝。
序盤は流れが遅かったせいか多少行きたがるところもありましたが特に問題はなく内ラチ沿いからスムーズに競馬を運び、直線入り口では外のローズキングダムの手が動いていたのに対してトゥザグローリーのほうは手ごたえに余裕もあったし、追い出してからは後続を一気に突き放して最後は抑える余裕もあった。
昨年の青葉賞ではペルーサに4馬身差をつけられての完敗でしたが、今回は逆に2馬身半差つけたのだからペルーサが休み明けだったにせよ、この馬本当に強くなりました。
天皇賞最有力。

2着ペルーサは休み明けで勝ったトゥザグローリーとは内外の差もあったし、レース内容としては悪くありません。

3着ローズキングダムは序盤に行きたがるところがあったのとやはり59キロの斤量も多少響いた感はあります。

4着マイネルキッツは昨年の札幌記念以来でしたが力のあるところは見せました。
元々たたいてよくなるタイプだし、天皇賞はもっと良くなります。

この上位4頭は天皇賞でも期待できます。


・中山牝馬S
1着△レディアルバローザ
2着 フミノイマージン
3着 コスモネモシン
4着△ディアアレトゥーサ
5着 バイタルスタイル

8着○ワイルドラズベリー
10着▲プロヴィナージュ
15着◎クーデグレイス

日経賞が固く収まったのに対してこちらは大荒れの結果となりました。
上位は全て人気薄の馬。
その中で勝ったのは10番人気のレディアルバローザ。
レースは1000m通過が57,9秒というハイペースで進み縦長の展開。
勝ったレディアルバローザは中段やや後方から進み、直線では馬群を縫うようにという表現がぴったりの走りを見せました。
昨年の秋華賞で5着、前々走京都牝馬Sでも上位と差のない競馬をしながら斤量53キロも恵まれた。
馬体重+12キロで、パドックでも確かに良く見えたし状態的にも良かったんだと思う。
鞍上の福永騎手は日経賞に続いて重賞連勝。
レーヴディソールの戦線離脱は残念だったけど、こうして他の馬でもすぐに結果を出すのはさすがですね。
2着のフミノイマージン以外は8着までが4歳馬を占めました。
今年は京都牝馬Sも4歳のショウリュウムーンが勝ったし、牡馬だけでなく牝馬も今年は4歳勢のレベルが高いですね。

2着フミノイマージンは道中後方からメンバー最速の上がりで追い込んできました。
斤量も軽かったし、展開的に恵まれた部分のあったけど、それにしても最後の脚はよかった。

3着コスモネモシンは馬体重-14キロがどうかと思ったけど、3歳のフェアリーSを勝った時と馬体的にはほとんど差が無いところを見ると、むしろこのくらいがベストなのか。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。