prev03next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


弥生賞予想

◎ターゲットマシン
○ショウナンマイティ
▲デボネア
△プレイ、オールアズワン、サダムパテック

現3歳勢の中でも特に注目しているターゲットマシンとショウナンマイティの2頭が出走してきたということで、この2頭を中心に狙ってみます。

◎ターゲットマシンはデビューから2連勝中で気性的にもまだ若い、荒削りといった印象のレース振りながら2戦共に強い内容で成長の余地も充分に感じさせます。
今回はその2戦とは相手のレベルは数段上がっていますがこの相手に現時点でどれだけやれるのか見てみたい。
同条件を経験しているのは強み。
ただ、本質的には中山よりは府中向きの馬だと思う。

○ショウナンマイティはラジN杯2歳Sの時にこの馬がこの世代では一番強いということをいいながら惨敗。
それでも、前走では道中折り合いに専念して、直線は一旦前が狭くなるところもありながらしっかり伸びて来た走りは力を感じさせるものでした。
今回は1週前の追い切りでCW6Fで75秒台というかなりの時計をたたき出しているように状態自体は前走よりもさらに上がっています。
土曜のオーシャンSを勝ったダッシャーゴーゴーは1週前に坂路4Fで48秒台、フェブラリーSを勝ったトランセンドは1週前にポリトラックで6F72秒台というものすごい時計を出して本番でもしっかり結果を出したように、これだけ早い時計を出せるのはそれだけ状態の良い証拠でもあります。
今週は気性面を考えて軽めの追い切り。
やはり気性面に不安のある馬なので後は輸送をこなしてくれればといったところですね。

▲デボネアは前走京成杯では勝ったフェイトフルウォーとは差のない2着。
内を上手くついたフェイトフルウォーに対してこの馬は外を回しながらのものと考えると勝った馬以上に強い内容だったともいえます。
ターゲットマシン同様中山2000Mの経験があるのも良い。


その他のレースでの注目はやはり阪神9Rアルメリア賞に出走するトーセンレーヴでしょう。
正直新馬戦はそれほど強いという印象は無かった。
相手関係を考えてもこのあたりで負けていてはダービーとか言ってられない。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。