prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


共同通信杯&京都記念結果

・共同通信杯
1着△ナカヤマナイト
2着 ユニバーサルバンク
3着△ディープサウンド
4着○ベルシャザール
5着 ダブルオーセブン
6着▲サトノオー

9着◎ダノンバラード

まず、勝ったナカヤマナイトは道中は中段やや後方内ラチ沿いから、1000m通過が61,6秒というスローな流れで前残りの展開の中、直線では内をついて先に抜け出したユニバーサルバンクをゴール前で捕らえる。
レースごとに力をつけていると陣営も言っていましたが、確かにそれを感じさせる走りだった。
ただ、次走は皐月賞に直行というローテーションには疑問が残る。
過去の皐月賞を振り返ってみてもトライアル組以外はかなり苦戦していて、共同通信杯を勝ってから直行した馬もジャングルポケットやフサイチホウオーの3着があるくらいで勝ちきるまでにはいっていない。
この馬はすでにキャリア7戦なので、あまり無駄にレースを使いたくないのもわかりますが、間隔をあけても決してプラスにならないのだからどこかトライアルに使うべきだと思う。

2着ユニバーサルバンクは道中2番手から、直線がゴール前まで粘りながら最後に差される。
これで6戦して1勝2着4回と、不利のあったラジN杯2歳Sを除けば安定したレース振り。

3着ディープサウンドは前走は控えて失敗したので今回は外枠から思い切って行きました。
やはり気分よくいければこのくらい走る力はありますね。
ただ、今回勝ったナカヤマナイトには同条件で行われた百日草特別では2馬身半差をつけて完勝した走りからするともっと走ってもいいと思う。

5着ダブルオーセブンと6着サトノオーは後方からの競馬で流は向きませんでしたが、直線ではいい脚使ってます。

9着ダノンバラードは全くいいところなし。
仕上がりに問題があったようには見えなかったし、テンションも上がることなく、レースでも折り合いはついていた。
ラジN杯2歳S組がその後結果を出していないので、この馬もそれほどレベルが高くないのかも知れませんがそれにしても負けすぎ。



・京都記念
1着◎トゥザグローリー
2着○メイショウベルーガ
3着△ヒルノダムール
4着▲ダノンシャンティ
5着△ロードオブザリング

勝ったトゥザグローリーは道中内ラチ沿い4,5番手から、4コーナーでは前が壁になって内か外か進路を迷うようなところも一瞬ありましたが、外へ持ち出してから直線鋭く抜け出す。
なかなか強い競馬でしたね。
やはり有馬記念3着の力は本物。

2着メイショウベルーガはこのメンバーで2着なら充分評価できます。
昨年GⅡを2勝したときよりもはるかに強いメンバーですし、京都は相性がいいということもありますがこの馬の力は見せました。

3着ヒルノダムールはレース運びとしてはほぼ完璧に見えましたがこれでも勝てないというのは力が足りないということなんだろうな。

4着ダノンシャンティは道中かかり通しで鞍上のアンカツもかなり折り合いに苦労していましたがそれでも4着にきたのだからやはり力はあります。
斤量も上位とは2キロ差あったし、距離的にもこの馬には多少長いと思う。

5着ロードオブザリングは準OPの身でこの着順は評価できます。
京都コースは合う。

6着ビッグウィークは中間順調差を欠いた影響もあってか馬体重は+18キロと太目残り。
それでも4コーナーで外から上がってくるときに脚は悪くなかったし、一度たたいて次はもっと良くなる気配はあります。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。