prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


シルクロードS結果

1着◎ジョーカプチーノ
2着 アーバニティ
3着△モルトグランデ
4着▲セイコーライコウ
5着 シンボリグラン

勝ったジョーカプチーノはスタートでの出後れも全く問題なく、道中中段から外を回して差し切る強い勝ち方。
テンの3Fが34,8秒ですから流れはかなり遅かったんですが、結果的には後方にいた馬が上位を占めたところを見ると、流れも向きました。
ここ最近は逃げる競馬ばかりでしたが3、歳のときのファルコンSでも同じような勝ち方をしていたので、逃げにこだわるタイプでもないようだ。
58キロを背負って、さらに出遅れながらこの勝ち方ですから、このまま順調に行けば高松宮記念でも期待できます。

2着は14番人気のアーバニティ。
ジョーカプチーノよりさらに後ろから追い込んできました。
前走阪神Cが16着と大敗だったので軽視してしまったんですが、京王杯SC3着、スワンS4着位の力はある馬だからこのくらい走ってもおかしくは無いか。

3着モルトグランデは2,3着の多い馬でなかなか勝ちきれませんが安定して走る。

4着セイコーライコウは内をついてよく伸びてきたんですけどね。
でも、力はつけているので今後も注目しておきたい。

7着スプリングソングは道中3番手あたりからの競馬でしたが、前が詰まって追えなかったのが響いた。


京都7R3歳500万下で注目していたラトルスネークは今回は不利も無く、力を出し切ってきっちり勝ち上がりました。
パドックでは前走よりは少しテンションが高めかなという感じで、スタートしてからは出遅れたのか意識的に下げたのか、後方からの競馬となり、道中も多少行きたがるところもありました。
それでも、その後は何とか折り合いをつけ、直線では逃げねばるロードカナロアをきっちり差し切っての1着。
上がり3F33,4秒、11,4-11,4-11,2という流れを差し切るのだからやはり力はありますね。
気性的にマイルがギリギリという感じはします。
NHKマイルCを目指したい。

3着ダコールはパドックからラトルスネーク以上にテンションが上がっていてスタートでも大きく出遅れ。
流れもそれほど速くなかったのであの位置からでは届かないのは仕方ない。
それでも上がりはラトルスネークを上回っているし、直線の脚も目立っていたので このクラスならすぐに勝ちあがれるし上のクラスでの充分通用する。


東京10R白富士Sはカリバーンが勝ってこれで3連勝となりました。
2着リディルは1年以上の休養を挟んで馬体重を大幅に増やしてくるかと思っていたら逆に-8キロ。
パドックで見た感じでは特に細いという印象も無かったし、テンションも高いというわけではありませんでしたがやはり不安はあった。
それでもこれだけ走るのだからやはり走ります。
上位2頭とも次走も期待したい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。