prev03next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

アサクサキングスは凄いいい感じに逃げてたと思う。確かにあれだったら、殆ど勝ちやろなぁ。オーシャンエイプスは確かに素質があると思う。でも武豊がちょっと焦って早く仕掛けたからだから差せなかったけど、あれは仕方が無かったと思う。ナムラマ-スとサムライタイガースが競い合って上がってきてたから、やっぱりオーシャンエイプスが分が悪いとは思ってたけど、次走に期待かな。ヒカルアモーレのレースは見たよ。確かにマイペースで逃げてあそこまで突き放されたらって感じだよね。去年の同じ時期に同じクロフネ産駒でフラムドパシオンって言う馬がいたけど、それに似てると思う。ただその馬も名前聞かないからなぁ…どうなんだろ。マンハッタンカフェ!!久しぶりに聞いた!!でも好きだったんだよね~
親子二代で菊花賞かって欲しいなぁ。で、東京のダイヤモンドSで横典さんってどうして2着ばっかなんだろうね。今回は人気薄だったけど、正直買ったと思ったし、本当に直前で綺麗に差されたから本当何ともいえない感じが…。よくよく思えば菊花賞は4年連続2着だし…馬券買う人は買い安いとは思うけど(ぇ

確かに今回のプリキュアは今までと違うところが多いですよね~少女マンガ寄りででも男の子がいないみたいな…あれっていることになるんかなぁ(笑 でも今までのプリキュアもそんな展開ないし関係ないけど、とにかく今までと展開が変わって来そうなのは今後気になるところです。で、黄色と緑が予想してた性格と少し違ってて、今後注目です!!今週の最後の意外と黄色が積極的なのに驚きました~wで、姉さんの絵も凄い乙女ちっくですね~OPな感じが凄く可愛い
 

確かにオーシャンエイプスはマークされる立場だった上に早仕掛けだったのが響いたのかもしれないね。
でも、それを考慮しても直線で追い出してからの反応が今一だったんじゃないかなあ。
ペースは速くなかったし本来ならあそこから弾けてもいいくらいの力はと思うんだけど。
でもまあ今回は仕方ないから次の若葉Sあたりで確実に皐月賞の権利を取って欲しいなあw

フラムドパシオンは故障で休養中だよ。
去年、ドバイのUAEダービー3着の後ユニコーンSを目指していた時に屈腱炎になって、それ以来レースには出てない。
もし無事だったら、この馬が今年のダート路線の中心になってもおかしくなかったんだけどなあ。
そのドバイで戦った相手っていうのがホントに強くて、1着のディスクリートキャットっていう馬が今6戦無敗で、4着のインヴァソールっていう馬がこのレースが唯一の敗戦で去年はBCクラシックとかも勝って今11戦10勝。
この2頭が今年のドバイWC でも人気を分け合いそうだし、それと比較してもフラムドパシオンはかなりのレベルだったと思うなあ。

それにしてもクロフネ産句はやっぱりダートで走るね~
今年はヒカルアモーレの他にもアイヴォリーカラーっていう牝馬もいるし、船橋でデビューしたアゲヒバリなんかは母がトゥザビクトリーでなんで船橋では知ってるんだっていうくらいの馬だしw

マンハッタンカフェ産句は2勝目に壁がある馬が多いんだよね~
先週のマンハッタンバーも休み明け2戦目でいいと思ったんだけど結局3着止まり。
ココナッツパンチは次走が25日の水仙賞に決まったみたいだからそこで期待したい!
ただ、マンハッタンカフェ自身が晩成タイプだったから、産句が良くなるの4やっぱり秋以降かなあ。菊花賞あたりになれば面白いかもしれないね。

横典騎手はホント2着ばっかり(笑
関東リーディングで2年連続1位とるくらいだから腕があるのは確かなんだけどGⅠでももう1歩っていうレースが多いんだよね~

 
コメントを投稿する


のぞみ

07-2-7.jpg

初回もそうでしたけどなんか少女マンガチックなシーンが多いですね~
「夢見る乙女の底力受けてみなさい!」ってのぞみの場合、夢見るっていうよりは単なる妄想だしw
最終的には本当の夢といえるような何かを見つけることが出来るんでしょうか?


ナイトメアに関して少しだけ分かってきました。
あの自社ビルらしきものがどの世界にあるものなのかは分かりませんかかなり組織だった敵のようですね。
とりあえずデスバライアというのがラスボスのようでその下に幹部が何人かいてブンビーはたぶんその中の一人、ギリンマはブンビーの部下の中の一人といった形でしょう。

ナイトメアという組織自体はデスバライアの”尊い願いをかなえる”為に存在しているらしい。
その”尊い願い”っていうのが何なのかまだ分かりませんが今までのプリキュアシリーズとは今回はちょっと違う感じがします。
ジャアクキングとゴーヤーンは共に破壊、破滅、全てを無に帰す事が最終的な目的だったわけですけど、ナイトメアがあのようなの組織としてまとまっている所をみるとデスバライアには別のところに目的があるように見えます。
目的っていうのは出来るだけ単純なものの方が分かりやすくていいでしょう。
一番分かりやすそうなものだとやっぱり「世界征服」とかなあ。もしくは、自らが神になるとか。
ココが「ナイトメアはドリームコレットを手に入れようとしてパルミエ王国を滅ぼした」といってましたが、多分ドリームコレットを手に入れることは”尊い願い”をかなえるための手段の一つにすぎないのでしょう。
もし、ドリームコレットにしかその願いをかなえることが出来ないとすればもっとドリームコレットに固執していいはずで、少なくともギリンマの報告を受けたブンビーは何か行動を起こしているはず。
ただ、その別の手段が何なのかっていう事は直接は本編では触れられる事はないでしょうけど。

敵の名前、ギリンマがカマキリならブンビーは何?
ギリンマがカマキリを模した姿をしていることから、単純に今回の敵が皆昆虫がベースになっていると仮定します。
そうするとブンビーって何になるんでしょうか?
「ブン」がつく昆虫っていうとカナブンくらいしか思いつかないんだけどカナブンってあんまりメジャーな昆虫じゃないですよね。
それに「ビー」ってのもよく分からないし。
他になにか「ブン」とか「ビー」とかつく昆虫っていたっけなあ・・・
ブンブンブン・・・ってそういえば「ぶんぶんぶん、ハチが飛ぶ♪」っていう歌ありましたよね?
ハチが「ビー(bee)」でその羽音が「ブン」、
それをあわせてあわせて「ブンビー」ですか。
お~!これはちょっといいかもしれないw当たってそうな気がします。

とりあえずナイトメアに関して分かった事はこれくらいかなあ。
まあ、まだ2話目でまだ先は長いし、情報は小出しにってことでまずはプリキュアを5人集めることが先決です。



注目を集めていたオーシャンエイプスは4着、この結果はやっぱりキャリアの差かなあ。
結果論としていうわけではないけど、2歳の秋くらいならまだしもこの時期の重賞ともなると上位に来るような馬は皆他のレースでも強い相手と対戦していてキャリアを積んでいます。
いくら能力が高いといっても1戦だけでは厳しいところがあるのは陣営も分かっていたはずです。
確かに新馬戦でのレースを見ると次は500万下どうこうっていうレベルではない事は分かります。
でも、能力のある馬だからこそ逆に1段ずつ確実にステップアップしていく必要があったのでは?
ここで本賞金が上積みできなかったとなると、この後のローテーションにも大きく影響してきます。
皐月賞を目指すのであれば後1戦使って本番っていうローテーションが理想的で2戦使うとするとかなりきついローテーションになってしまう。
もし2戦使ってたとえ連勝したとしても皐月賞での上積みっていうのは期待しずらいし逆に疲れが残る心配もある。

1戦の場合は賞金的に自己条件を使うわけにはいかないのでどこかトライアルを使う必要があります。
でも、今年の弥生賞は強いメンバーが集まりそうだし、スプリングSは去年のようにきさらぎ賞上位組が出走してくる可能性があるから確実に権利を取るならこの2つは避けたほうが良さそう。
とすると残りは若葉Sか毎日杯のどちらか。一度輸送と中山の馬場を経験しておくなら若葉Sでしょう。
ハーツクライも若葉Sを勝って皐月賞っていうローテーションでしたし。

または、ダイレクトキャッチように皐月賞 は回避してダービー1本に絞るっていう手もありますね。
陣営がどのような判断をするか分かりませんが皐月賞は回避してじっくり調整し、ダービーへ進んだほうがオーシャンエイプスにとっては1番いいかも知れません。


勝ったアサクサキングスは四位騎手から武幸四郎騎手に乗り変わりましたが上手く逃げましたね~
今日のきさらぎ賞のような注目のレースの時には自分でタイムを図りながらレースを見たりしているんですが、1000m通過が61秒台っていうのを見た時にはスローの割に後続との差がかなりあったからこのまま逃げ切れるだろうなって感じはしました。
あのペースで逃げられたら後続は苦しいですね。

2着のナムラマースはメンバー中最速の33.9秒の上がりで追い込んできましたが、アサクサキングスには届かず。
でも、2着は仕方ないですね。アサクサキングスとは力の差というよりは展開の差のほうが大きいでしょう。
鞍上のペリエ騎手は外にいたオーシャンクルーズをマークしてのレース運びで、スローでも自分から動くというわけにはいかなかったでしょうし。

3着のサムライタイガースはよく走りましたね~
このレースが3戦目でそれに休み明けっていうことを考慮すればこの結果は十分でしょう。この先まだ上積みも有りそうだし次のレースでも期待してみたい。

今日は新馬戦でも強い馬が勝ち上がってきましたよ!
サクラバクシンオー産句のツーオブキングとクロフネ産句のヒカルアモーレは共にダートで10馬身差の圧勝!
さらに、マンハッタンカフェ産句のココナッツパンチが東京のマイルを上がり33,4秒っていう脚で勝ちました。
3頭とも次走もかなり期待できそうですね~
特にココナッツパンチはマンハッタンカフェ産句だし距離が伸びても良さそうだからダービーにもまだ十分間に合います。
こういう馬が上がってくるとまた面白くなるし頑張ってほしいですね~


スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

アサクサキングスは凄いいい感じに逃げてたと思う。確かにあれだったら、殆ど勝ちやろなぁ。オーシャンエイプスは確かに素質があると思う。でも武豊がちょっと焦って早く仕掛けたからだから差せなかったけど、あれは仕方が無かったと思う。ナムラマ-スとサムライタイガースが競い合って上がってきてたから、やっぱりオーシャンエイプスが分が悪いとは思ってたけど、次走に期待かな。ヒカルアモーレのレースは見たよ。確かにマイペースで逃げてあそこまで突き放されたらって感じだよね。去年の同じ時期に同じクロフネ産駒でフラムドパシオンって言う馬がいたけど、それに似てると思う。ただその馬も名前聞かないからなぁ…どうなんだろ。マンハッタンカフェ!!久しぶりに聞いた!!でも好きだったんだよね~
親子二代で菊花賞かって欲しいなぁ。で、東京のダイヤモンドSで横典さんってどうして2着ばっかなんだろうね。今回は人気薄だったけど、正直買ったと思ったし、本当に直前で綺麗に差されたから本当何ともいえない感じが…。よくよく思えば菊花賞は4年連続2着だし…馬券買う人は買い安いとは思うけど(ぇ

確かに今回のプリキュアは今までと違うところが多いですよね~少女マンガ寄りででも男の子がいないみたいな…あれっていることになるんかなぁ(笑 でも今までのプリキュアもそんな展開ないし関係ないけど、とにかく今までと展開が変わって来そうなのは今後気になるところです。で、黄色と緑が予想してた性格と少し違ってて、今後注目です!!今週の最後の意外と黄色が積極的なのに驚きました~wで、姉さんの絵も凄い乙女ちっくですね~OPな感じが凄く可愛い
 

確かにオーシャンエイプスはマークされる立場だった上に早仕掛けだったのが響いたのかもしれないね。
でも、それを考慮しても直線で追い出してからの反応が今一だったんじゃないかなあ。
ペースは速くなかったし本来ならあそこから弾けてもいいくらいの力はと思うんだけど。
でもまあ今回は仕方ないから次の若葉Sあたりで確実に皐月賞の権利を取って欲しいなあw

フラムドパシオンは故障で休養中だよ。
去年、ドバイのUAEダービー3着の後ユニコーンSを目指していた時に屈腱炎になって、それ以来レースには出てない。
もし無事だったら、この馬が今年のダート路線の中心になってもおかしくなかったんだけどなあ。
そのドバイで戦った相手っていうのがホントに強くて、1着のディスクリートキャットっていう馬が今6戦無敗で、4着のインヴァソールっていう馬がこのレースが唯一の敗戦で去年はBCクラシックとかも勝って今11戦10勝。
この2頭が今年のドバイWC でも人気を分け合いそうだし、それと比較してもフラムドパシオンはかなりのレベルだったと思うなあ。

それにしてもクロフネ産句はやっぱりダートで走るね~
今年はヒカルアモーレの他にもアイヴォリーカラーっていう牝馬もいるし、船橋でデビューしたアゲヒバリなんかは母がトゥザビクトリーでなんで船橋では知ってるんだっていうくらいの馬だしw

マンハッタンカフェ産句は2勝目に壁がある馬が多いんだよね~
先週のマンハッタンバーも休み明け2戦目でいいと思ったんだけど結局3着止まり。
ココナッツパンチは次走が25日の水仙賞に決まったみたいだからそこで期待したい!
ただ、マンハッタンカフェ自身が晩成タイプだったから、産句が良くなるの4やっぱり秋以降かなあ。菊花賞あたりになれば面白いかもしれないね。

横典騎手はホント2着ばっかり(笑
関東リーディングで2年連続1位とるくらいだから腕があるのは確かなんだけどGⅠでももう1歩っていうレースが多いんだよね~

 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。