prev04next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


ラジN杯2歳S結果

1着 ダノンバラード
2着○オールアズワン
3着△コティリオン
4着▲ウインバリアシオン
5着 アドマイヤコリン

8着◎ショウナンマイティ

流れが遅かったからか全体的に行きたがる馬が多かった。
その中で勝ったダノンバラードは前走の走りが今一だったので無印にしたんですが、今回は後方待機から直線いい脚見せました。
ディープ産句初の重賞制覇。
2着オールアズワンは道中中段から、この馬としては勝ちパターンといえるレース運び。
3着コティリオンは上位2頭以上に力を感じさせる競馬だった。
道中何度か頭を上げるシーンがあり、さらに直線内から外に持ち出すときに受けながらも多少手間取りながらも3着に食い込んできました。
まともに走ってたらと思わせる内容。
4着ウインバリアシオンは有力馬の中では前目からの競馬で多小行きたがるところもあったし、直線脚が止まってしまったのは休み明けの影響もあったかもしれない。
8着ショウナンマイティは全くいいところありませんでした。
鞍上の浜中騎手によるとこの馬も行きたがっていたということですが、確かに道中頭を上げるシーンもありましたがそこまで影響があるようには見えなかった。


阪神7Rのグルヴェイグはそれほど強さを感じさせる競馬ではありませんでしたがそれでもきっちり勝ち上がったところにはやはり力を感じさせる。
この先も注目しておきたい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。