prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


阪神JF結果

・阪神JF
1着◎レーヴディソール
2着△ホエールキャプチャ
3着 ライステラス
4着▲アヴェンチュラ
5着 ツルマルワンピース

9着○ダンスファンタジア


レーヴディソールはパドックから落ち着きがあって、馬場入り後もテンションが上がらないあたりはブエナビスタとよくにてる。
スタートはこれまで同様あまり良くはありませんでしたがそれほど影響はなく道中は中段外目につける。
1000m通過が61,2秒というスローな流れで、ダンスファンタジアが外からかかり気味にあがっていくところをマークする形になったことで競馬がしやすくなった。
直線ではから大外から鋭く伸びて内のホエールキャプチャやライステラスを並ぶまもなく豪快に差し切る。
今日も強い競馬でしたがまだ底を見せていないところもある。
このまま成長していったらどんな馬になるのか本当に楽しみ。
このまま無事に行ってほしい。

2着ホエールキャプチャは道中内ラチ沿いにつけ、直線では前が多少狭くなるシーンがありながらも鋭く伸びて来ました。

3着ライステラスは大外枠からの発走でしたが、好スタートから好位につけスムーズな競馬が出来た。
大外枠ということで予想では切ってしまったんですが、前走は京王杯2歳Sで4着と善戦していたように力はある馬だし、鞍上のデムーロも今週は乗れてた。

4着アヴェンチュラは馬体重-12キロで状態的にはあまり良くなかったと思う。
レースでは出遅れ、レーヴディソールよりもさらに後方の位置取りになってしまい、厳しい競馬だった。
其れでも最後は外から良く伸びているし、力のあるところは見せてる。
内枠を上手く生かして競馬が出来ていたらもっと上位に来ていた。

9着ダンスファンタジアはパドックからテンション高めでちょっと危険な感じがしてたら、スタートから大きく出遅れてしまい、
さらに流れが遅かったこともあり終始かかり気味で、直線向いたあたりですでに脚は残っていなかった。
こんなにうるさいところがある馬だとは思わなかった。
上位の馬が重賞やOP特別で牡馬相手に好走していたのに対してこの馬は2戦共に牝馬限定戦で、そのあたりの経験の差もこのレースでは出たのかもしれない。


・カペラS
1着△セイクリムズン
2着 ティアップワイルド
3着 エノク
4着○シルクフォーチュン
5着 マルカベンチャー

12着◎ナムラタイタン
14着▲ニシノコンサフォス

全くかすりもしないという難しいレースだった。
ダート路線ではハイレベルの4歳勢4頭が掲示板を占める結果。
その中で勝ったセイクリムズンは前走を圧勝した勢いで重賞初制覇を飾りました。
春と比べても確実に力をつけてきているのを感じます。

2着ティアップワイルドは前走13着と大敗したこともあってか13番人気でしたが、前走は休み明けの上にマイルも長かったし、それまでの成績からするとちょっと評価が低すぎたのかも。

12着ナムラタイタンはスタートで出遅れ、道中それを挽回しようと脚を使ってしまった。


阪神9Rエリカ賞はスマートロビンの逃げ切り勝ち。
1000m通過が65.5秒という超スローペースで流れも向いた。
もったいなかったのが3着のトーセンラー。
直線では前のスマートロビンと外のユニバーサルバンクに閉じ込められる形になって全く追えなかった。
手ごたえ的にはかなり余裕があるように見えたし、前が開いていればおそらく突き抜けてた。
7着アドマイヤセプターはまだ気性的に幼いところがあってレースに集中できていない。
そのあたりをどう改善するかが今後の課題になる。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。