prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


毎日王冠&京都大章典結果

・毎日王冠
1着 アリゼオ
2着△エイシンアポロン
3着△ネヴァブション
4着○スマイルジャック
5着△ペルーサ
 :
8着◎アドマイヤメジャー
9着▲ショウワモダン

6,8,9番人気での決着で、小頭数のわりには荒れる結果となりました。
3歳馬のなかでは人気薄だった2頭でのワンツー。
3歳馬の勝利はオグリキャップ以来という事のようですが、これは今年の3歳馬のレベルが高いということはもちろんですが、これまで3歳馬の参戦自体がそれほど多くなかったことと、今年の古馬勢が手薄だったこともその理由でしょう。

1番人気ペルーサはスタートで大きく出負けした時点でアウト。
勝ったアリゼオと2着のエイシンアポロンは道中内ラチ沿いから、アリゼオのほうは序盤少しいきたがるところがありましたが鞍上の福永騎手がうまくなだめる。
直線では先に抜け出して粘るエイシンアポロンをゴール前鼻差捕らえての1着。
この先は天皇賞へ向かうと思いますが道中行きたがる面がある馬なので外枠だった場合は多少不安は残ります。

2着エイシンアポロンは春は状態がもう一つだったのか結果が出ませんでしたが、秋になっていいころの状態が戻ってきたようですね。
この馬は天皇賞よりマイルCS向き。

3着ネヴァブションは今年になってAJCCを勝って以降も香港や宝塚記念でも差のない競馬をしていたように、7歳にはなりましたが成績が安定しました。
この馬は中山のほうが得意なので、有馬記念で穴に狙ってみても面白いかもしれない。

4着スマイルジャックは直線半ばまで持ったままで上がってきたときには楽に抜け出すのかなと思っていたら追い出してからは案外伸びずにすぐ脚が止まってしまいました。
あの走りを見ると多少馬場が影響したか1ハロン距離が長かったのか。
この馬もエイシンアポロン同様天皇賞よりはマイルCSで狙ってみたい1頭ですね。


・京都大章典
1着◎メイショウベルーガ
2着▲オウケンブルースリ
3着○プロヴィナージュ
4着 ベストメンバー
5着 ゴールデンメイン

荒れた毎日王冠とは逆にこちらは硬い決着となりました。
ドリームフライトが大逃げを打ち、離れた2番手にゴールデンメイン、さらに大きく離れた3番手グループの先頭をプロヴィナージュが引っ張り中段にメイショウベルーガ、その後方をオウケンブルースリが追いかける展開。
直線で鋭く抜け出したメイショウベルーガにオウケンブルースリが迫ったところでゴールとなりましたが、勝ったメイショウベルーガはやはりこの条件が合いますね。
このメンバーでも完勝といえる内容ですし、今回は馬体重がプラス10キロと多少余裕残しだったことを考えると次走エリザベス女王杯でもかなり期待できます。

2着オウケンブルースリは負けたとはいえやはり力がありますね。
馬体重プラス22キロで状態的にももう一つでありながらこの内容なら、今後のG1戦線でも中心の1頭になる。
と思っていたらレース後に歩様が乱れたらしく、今後どうなるかわからないというのは気になりますね。

3着プロヴィナージュは上位2頭には離されましたが、今回は状態もよかったしこの馬としてはよく走ってます。
この状態をキープできればエリザベス女王杯でも。

6着フォゲッタブルはまだ状態的にあまりよくないですね。
今年の春G1ももう一つという結果でしたが、これは去年の夏場から休まず使われ続けたツケた出たような気がします。
去年の菊花賞から有馬記念にかけてみせた成長度合いからしたら、今年のG1は全部この馬が勝つんじゃないか位に思っていたんですけど。
状態さえ戻ればもっと走っていい馬なので今後の復調に期待したい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。