prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


ダービー&目黒記念予想

◎ヴィクトワールピサ
○ルーラーシップ
▲ヒルノダムール
△エイシンフラッシュ、レーヴドリアン、アリゼオ、ペルーサ

3連単20点
7→3,12⇔1,2,3,6,9,12

NHKマイルCの時点ではルーラーシップかヒルノダムールを本命にするといっていたのですが、その後いろいろと考えた結果、本命はやはり皐月賞馬のヴィクトワールピサだろうという結論に達しました。
この馬に関しては不安要素といえるものがほとんど見当たらない。
状態面から距離もコースも問題ない、雨で道悪になったとしてもすでに経験済み。
過去のデータからも原点材料がない。

○ルーラーシップは前走プリンシパルSを勝ったときの4コーナーから直線にかけて見せたあの他馬とは全く次元の違うフットワークの大きさに驚かされました。
一瞬止まって見えるような感じというか、単にトビが大きいというわけでなく動きそのものがぜんぜん違う。
この馬がG1を取れないとなると逆におかしんじゃないのとさえ感じます。
それが今か秋以降になるかはわかりませんが、故障さえなければG1を勝てるだけの馬であるのは間違いない。
角居厩舎のワンツーにも期待。

▲ヒルノダムールは府中へのコース代わりは間違いなくプラスになります。
皐月賞で見せたあの脚がここでも使えれば当然上位争い。

△エイシンフラッシュは前走皐月賞で中間アクシデントがあって3ヶ月ぶりのレースながら3着と好走したのなら、順調に乗り込んできた今回は状態的にも前走以下ということはありえないし、さらに最内枠をうまく生かせれば勝ちはなくとも3着ならある。

△レーヴドリアンは前走京都新聞杯で3着となってダービーは無理かと思っていたんですが何とか出走可能となったということで抑えておきたいですね。
昨年のダービーでリーチザクラウンを対抗にしたときにその理由として状態面の良さのほかにもう一つ、きさらぎ賞組とダービーの相性のよさということをいっていた記憶があります。
レーヴドリアンはそのきさらぎ賞で2着。
ここ3戦は勝ち星はありませんがすべて展開のアヤといった感じで脚を余しての敗戦という結果。
テンにおっつけていっても加速しない、3,4コーナーでの反応も鈍いというどうしようもない馬ですがそれだけの直線の長い府中で何とか上位を狙いたい。

△アリゼオは前走皐月章では大外枠から先行して、結果は5着でしたが走り自体は決して悪くありませんでした。
今回は5番枠から行こうと思えば行けますしマイペースでいければ。

△ペルーサが前日オッズで1番人気になっていたのには少し驚きました。
確かに、ここまで4戦無敗で前走の勝ちっぷりも良かったし、ヴィクトワールピサ同様この馬も不安要素はほとんど見当たらない。
ただ、青葉賞組はダービーでは勝てないというデータを見ると、先日のNHKマイルCでNZTを勝ったサンライズプリンスが4着に沈んだのをみても、重箱の角をつつく程度のことだとしても多少気にかかります。



・目黒記念
◎ミッキーペトラ
○トップカミング
▲モンテクリスエス
△スマートステージ、フェニコーン、コパノジングー

天皇賞組が好走している点と追い切りの動きから◎ミッキーペトラ。
○トップカミングは力ありますが前走メトロポリタンSで直線大きくよれたようにあの辺りに少し不安がある。
▲モンテクリスエスはここ2戦はダートですが当然芝でも走る馬。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。