prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


NHKマイルC結果

1着◎ダノンシャンティ
2着△ダイワバーバリアン
3着▲リルダヴァル
4着○サンライズプリンス
5着キョウエイアシュラ

ダノンシャンティが1,31,4という日本レコードで圧勝しました。
パドックでは有力馬は皆少しテンション高めでダノンシャンティは早めの馬場入り。
スタートはそれほど良くなく1000m通過が56,3秒という超ハイペースを後方3番手から追走。
最後の直線では大外に持ち出して上がり33,5秒の脚で豪快に差しきり勝ち。
いくらハイペースだといっても内が伸びる馬場であれだけ外へ持ち出して最後は2着を1馬身半突き放すんだからこの馬の力がそれだけ抜けていたということでしょう。
今日のこの勝ち方を見るとダービーでも有力な1頭になりますね。
気性面と2400mに伸びてどうかという点で多少不安が残るというのは確かですが、もともと陣営はこのレースからダービーへの変則2冠制覇を狙っていたわけだから今回が目いっぱいの仕上げというわけではないし、今回これだけ早い時計で走った反動がなく、逆にさらに上積みがあるようだと可能性はある。

2着ダイワバーバリアンと3着リルダヴァルの2頭は道中は中段あたりでほぼ同じ位置どり。
内ラチ沿いにダイワバーバリアン、その外にリルダヴァルが並ぶ形でしたが、4コーナーから直線を向いてダイワバーバリアンはスムーズに馬群をさばいて行けたのに対してリルダヴァルのほうは前にいた馬のさらに外に持ち出すのに多少手間取ったところで引き離されてしまい、そこから一旦は差を詰めたように見えましたが最後は止まってしまいました。

4着サンライズプリンスはさすがにこの流れであれだけ前に行ってしまっては最後まで持ちませんね。
それでも直線早めに抜けだして最後まで良く粘っていた点は評価できます。

これでダービーに向けてメンバーが出揃いました。
皐月賞1,2着のヴィクトワールピサ、ヒルノダムール、青葉賞勝ちのペルーサ、プリンシパルS勝ちのルーラーシップ、そして今日のNHKマイルC1着のダノンシャンティと4着サンライズプリンスの6頭を抑えておけば十分でしょう。
今年の3歳勢は上位の馬のレベルがかなり高いので波乱の余地はほとんどないと思う。
今のところの本命候補はヒルノダムールかルーラーシップ。

スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。