prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


和服&注目の2歳戦

昨日に続いて和服の練習2枚。
しわと絵羽模様を何とかすればもっと良くなるかも。

20061223001950.jpg

06-12-222.jpg



有馬記念、前々日オッズでディープの単勝1.3倍は結構ついてますね~
でも、最終的には1.1倍くらいにはなるでしょうね。
結構いいメンバーそろったから1.0倍はないとしても、記念に単勝100円買うっていう人かなりいそうだしw

有馬は当然注目なんですがその前に、2歳戦の2レースも来年のクラシックを占う意味ではかなり重要です。
先日の朝日杯を勝ったドリームジャーニーと中京2歳S2着のアドマイヤオーラ、それに故障で戦線離脱した馬を除くと、今年デビューした2歳馬の中でも有力といわれる馬のほとんどががこの2レースにそろいました。

まず、土曜のラジオNIKKEI杯2歳S。
出走馬の顔ぶれを見るとレベルはG1の朝日杯よりもこのレースの方が明らかに高そうですね。
アグネスタキオン、ジャングルポケット、クロフネが出走した00年はすごいレベルの高いレースでしたが、その3頭の産句がデビューした今年はもしかしたらその00年に迫るくらいのレベルかもしれないです。
とにかく、好メンバーがそろったこのレースで上位に来た馬は当然来年のクラシックでも有力になるだろうし、どのような結果になるか注目!

前日オッズではフサイチホウオーが1番人気で単勝1.0倍!
確かにこの馬かなり強いとは思うし1番人気になるのもわるけど、1.0倍はちょっと人気になりすぎですね。
前走の東スポ杯2歳sではドリームジャーニー、フライングアップルといった朝日杯の上位組相手に、着差自体はそれほどつかなかったものの内容的にほぼは完勝といっていいレースでした。
もし今回もここを勝ったなら、文句なしに来年のダービーの最有力候補になります。

でも、、東スポ杯勝ちは01年アドマイヤマックス3着、02年ブルーイレヴン7着とそれほどいい成績ではないんですよね。
それに、父のジャングルポケットがトニービン産句らしく左回りの東京ではすごく強かったけど右回りでは勝ちきれないレースが多かったように、ホウオーも今のところ東京では2戦2勝ですが今回右回りに変わってどのような走りをするのか気になります。

ナムラマースが12,8倍で2番人気。
キャリアは7戦と多いですが1800mでは3戦負けなし。それもコスモス賞ではレコード勝ちして、札幌2歳Sではスムーズさを欠いた走りながら最後きっちり差し切ったところなんかはすごい強い内容だったし、ホウオーとはオッズほどの力の差はないでしょう。
でも、休み明けはちょっとマイナスですね。
札幌2歳Sからこのレースに進んだ馬っていうとジャングルポケットとか昨年のアドマイヤムーンもそうだったけど、休み明けで2着と勝ちきれなかったようにナムラマースも多少の割引は必要かも。

3番人気はヴィクトリーで本命はこの馬。
この馬はとにかく新馬の勝ち方が良かった!
新馬からこのレースで勝ったのってアグネスタキオンくらいですが新馬の勝ち方をみると能力が高いのは確かだし、血統的にも父がブライアンズタイムなら距離の心配はない。
武騎手には来年ニュービギニングではなくてこの馬を選んでクラシックに進んでもらいたいですね。

他にも、グッドラックアワー、アサクサキングス、ローズプレステージあたりは連に絡んできてもおかしくないだけの力はありそうです。
◎ヴィクトリー
〇フサイチホウオー
▲ナムラマース
△アサクサキングス

もう一つの2歳OPのホープフルS、注目はやっぱりディープの弟のニュービギニング。
このレースを勝って兄弟で同日勝利となるので頑張ってほしいんですが、新馬戦を見る限りは今の段階ではデビュー当時のディープと比較するとそこまでの力はなさそうです。
2000mで2分8秒という勝ちタイムはかなり遅いし、上がりも35,3秒と平凡だし。
でも、直線で一度交わされそうになりながら差し返したあたりは悪くなかったし今後もっとよくなる可能性はあります。

ただ、今回は他にも有力馬がかなりそろってるんですよね。
クルサード、インパーフェクト、ダイレクトキャッチ、ヒカルオオゾラ、ダノンデインヒル、ダイレクトキャッチ、マイネルアナハイム、ブラックオリーブあたりは力がありそう。
その中でも、ディアデラの弟のクルサード、新馬でザサンデーフサイチを下したダイレクトキャッチ、マンハッタンカフェ産句のヒカルオオゾラの3頭は将来性も考慮して期待したいです。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。