prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


安田記念結果

1着◎ウオッカ
2着○ディープスカイ
3着 ファリダット
4着△カンパニー
5着 ライブコンサート
 :
7着▲スーパーホーネット

ウオッカはまあ今日もえらい強かったな。
直線で前が壁になったときはどうなる事かと思ったけど残り200mを切ってようやく追い出して、そこからの伸びは圧巻!
外のスーパーホーネットに馬体をぶつけられても全くひるむことなく、先に抜け出していたディープをあっさり捕らえての完勝。
前走ヴィクトリアマイルの7馬身差圧勝のすごかったんですが今回は着差こそ3/4馬身でしたが桁違いの強さを見せ付けたという点では変わりありません。
パドックからかなり落ち着きがあって、馬場入り後も全く気負うところが無くどっしり構えているといった感じで、以前に比べても気性面でも大きく成長しました。
これで昨年に続くこのレース連覇で牝馬最多のGⅠ6勝目。
獲得賞金は牝馬初の10億円突破。
次走、宝塚記念に使うかどうかは陣営もまだはっきりとは言っていませんが状態さえよければ出てきそうな雰囲気はありますね。
もし出走となれば昨年2月の京都記念以来の右回りということになりますが調教でもウッドコースで普通に右回りを走っているわけだし、今の出来なら右も左もあまり関係ないと思う。
追い込み一手だった以前から比べると今は前々からでも競馬が運べる点からも東京コースにこだわる必要性は感じない。
個人的に挙げる”最強馬”の条件の一つとして、コースや馬場状態を問わずに力を発揮できること、というのがあるんですがその点から言えば東京コースでしか結果の出ていないウオッカまだそのレベルに達していない。
2歳時に阪神JFを勝っているとはいってもこれは牝馬限定でのものですし、ウオッカにはなんとか一つ東京コース以外での牡馬混合GⅠを勝ってもらいたいですね。
年内引退が決まっているウオッカにとってチャンスは今年の宝塚記念と有馬記念の2つ。
中山よりは阪神の方がレースはしやすいし、秋G13連戦というのもなかなか厳しいし狙うんだったらやっぱり宝塚でしょう。
3歳時の宝塚では8着という結果でしたがあの時とは馬が違うし、相手関係を見てもアドマイヤムーン、メイショウサムソンあたりに比べると今年4,5歳世代の方がレベルは低い。
ファン投票でも断然1位のようだし、なんとか出てもらいたいところですね。


レースを振り返ってみると、まずスタートではローレルゲレイロ、アルマダが外から行き、その内から押してコンゴウリキシオーがハナに立つ展開。
人気上位では、ウオッカは好スタートから無理せず控えて8,9番手のちょうど中段あたり、それをマークする形でディープスカイ、スーパーホーネットの2頭が並び、その後ろにカンパニー、最後方からぽつんとファリダットという形。
コンゴウリキシオーがかなり押してハナに立ったせいか1000m通過が57,4秒という、馬場状態を考えるとかなりのハイペース。
今日は朝から快晴で昼には芝も良まで回復したとはいっても、それまでのダメージが蓄積していたこともあって馬場はかなり荒れていて力のいる状態。
実際、今回の勝ち時計は1.33.5で、過去10年で見ても2番目に遅い時計。
もしパンパンの良馬場でのレースだったらレコードが出ていてもおかしくないくらいのメンバー構成。
それで1000mが57,4秒ではさすがに先行勢は持ちません。
4コーナーから直線入り口の勝負どころでウオッカやディープスカイが内をついたのに対して、カンパニーの鞍上の横山騎手は思い切って外に持ち出しました。
いったんは完全に抜け出したディープスカイをウオッカが捉えて1着。

2着ディープスカイはレース運びとしてはほぼ完璧でした。
道中は前のウオッカをマークする位置取りから4コーナーではそのウオッカの後ろにぴったりとつけ、さらに直線を向いてからはウオッカの内に早めに突っ込んでいったあたりは上手かったんですけどね。
あれでウオッカも出るところがなくなったわけだし、実際早めに抜け出したといっても3着には1馬身差をつけているのだから普通だったらこれで勝っていたレースでした。
ただ今回は相手が悪かったとした言いようがありません。
鞍上の四位騎手はオークスのレッドディザイアでも完璧なレース運びながら最後ブエナビスタに差されてしまいましたが、ブエナビスタとレッドディザイアでは多少力差もあったし、それに対して今回のディープスカイはウオッカ相手でも互角以上にやれるという自信もあっただろうからこの負け方はオークス以上にショックだったかもしれないですね。
馬体重はプラス14キロでしたがパドックでは太め間も無くいい状態に見えました。
それでも次走宝塚記念に向けて多少余裕残しだったことも確か。
上積みという点では間違いなくウオッカ以上だと思う
秋の凱旋門賞へ向けても宝塚は絶対に獲っておきたいのでなんとか巻き返したいところですね。

3着ファリダットは道中最後方から、ハイペースということもあって流れが向いたというのは確かですが、それでもマイルでこれだけの競馬が出来たというのは評価できます。
やはり末脚はGⅠ級のものがありますね。
勝ちきるにはどうしてもあと一歩足りないんですが今後も流れ次第ではGⅠでも十分やれます。

ハナ差4着のカンパニーはGⅠとなるとどうしてももう一歩足りないですね。
直線で思い切って大外に持ち出して一瞬突き抜けるかなというところもあったんですが。

7着スーパーホーネットは直線半ばでは一瞬伸びかけたところもあったんですがラスト1Fで脚が止まってしまいました。
GⅡなら毎回強い勝ち方するのにGⅠとなると何が悪いのか力が出し切れないレースが多い。
秋のマイルCSでの巻き返しに期待したい。

もったいなかったのが9着のスマイルジャックですね。
スタートで出負けして、さらに直線では躓いてしまうというアクシデント。
直線での手ごたえはかなりよく見えただけにスムーズに馬群を裁けていたら上位も十分に狙えました。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。