prev05next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


ダービー枠順決定

雨ですね。
予報によると土曜まで雨が続いて日曜が降水確率40%。
このままだと良馬場まで回復っていうのはなさそう。
重かやや重、いずれにしても馬場状態が1つポイントになります。
今の東京コースの芝は内の方が有利で外は伸びない状態。
今週は土日のレースでダービーまでには芝で10レースあります。
その間に内が悪化する可能性はあるし、なら外が伸びるかというと、外も雨の影響でさらに芝が重くなる可能性もあるのでそうともいえない微妙な状態。

18番人気が予想される皐月賞馬のアンライバルドは大外18番枠。
これはアンライバルドにとっては試練の大外枠になりそう。
過去10年での勝ち馬は1,2枠が6頭いるように一見内枠有利に見えますが、これは1番人気の馬が内に入っただけなのであまり関係ないとして、大外枠でダービーを制したのは2001年のジャングルポケットがいます。
このときの馬場状態が重馬場。
アンライバルドの父ネオユニヴァースがダービーを制した2003年の重馬場だったようですね。
ダービーは1番人気が圧倒的に強いレースで、1番人気に押されているなら道悪でも関係ないようですが、今年の内が有利な馬場を考えるとやっぱり気になる。
アンライバルドの陣営としては内に入れて競馬をしたかったようだし、この枠からだとスッと内枠に入れるというのも難しそうだし。
でも、この馬の状態自体はとても良さそうですね。
皐月賞後も順調に乗り込んできて今週の追いきりではCW6F77,7秒という好時計。
追い切り後の馬体重は皐月賞時と同じ480キロなので増えてくることはなさそうですがキープできていれば問題ない。

そのほかの有力馬を見ると最内枠にロジユニヴァース、2番枠に青葉賞勝ちのアプレザンレーヴ、12番枠にリーチザクラウン、皐月賞2着のトライアンフマーチが16番。

皐月賞で惨敗したロジユニヴァースとリーチザクラウンの状態に関しては、まずロジユニヴァースの陣営からはあまりいい声は聞こえてきません。
今週の追いきりでは美穂坂路4F50,0秒。
ラスト1Fはこの日の1番時計の11,7秒と切れるところを見せてはいますが、弥生賞前に4F47秒台を出していた頃に比べるともうひとつなのかな。
皐月賞で減っていた馬体自体は追い切り後で514キロと回復はしています。
さらに万全を期して東京競馬場へは前日輸送をするらしい。

リーチザクラウンは栗東坂路4F50,9秒とこの日の1番時計。
皐月賞時もDWで77秒台の好時計をマークしていましたが今回もいい時計が出ているように状態自体はよさそう。
2戦目の未勝利戦では2着に12馬身差、きさらぎ賞では3馬身半差をつける圧勝したように、これだけみても能力的にはG1級のものがあるのは間違いない。
あとは、この馬に関しては折り合い面ひとつ。
皐月賞では鞍上の武騎手が最悪の騎乗といっていたように、あのレース運びなら惨敗してしまっても仕方ない。
今回は思い切った競馬をしたいといっているのでやはり逃げる展開になるのかな。
楽には逃げさせてもらえないでしょうが気分よく行ければ。
当日のパドックから返し馬までしっかりチェックしておいたほうがよさそう。

そのほかで注目しているのが皐月賞3着のセイウンワンダー。
前々走弥生賞では太め残りということもあって惨敗してしまいましたが10キロ絞れた前走皐月賞3着と好走。
その皐月賞でもまだ多少太め残りということでしたが、今週の追い切り後の馬体重は510キロと前走時より6キロ減とさらに絞れてきそう。
今回テン乗りとなる福永騎手は追い切りに騎乗してかなり手ごたえを感じているようですね。
中間もかなり乗り込んできているし、状態は間違いなく皐月賞以上だと思う。
朝日杯FS勝ち馬のダービーでの成績は良くありませんが何とか一発やってくれないか。

NHKマイルC勝ちのジョーカプチーノも中2週と間隔は詰まっていますが追いきりではいい時計出てますね。
DW6F82,9秒、前走時からは4秒近く詰めていますしラスト1F11,6秒と優秀。
これだけ追えるなら状態悪くなさそう。
前走から距離が伸びる点についてはやはり折り合い次第。
今期絶好調のマンハッタンカフェ産句。
先週のオークスでもレッドディザイアがもう一歩というところまでいったようにこの馬にももう一度がんばってもらいたい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。