prev03next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


プリンシパルS&京都新聞杯&新潟大章典予想

・プリンシパルS
2着までにダービーの優先出走件が与えられますが本番にはあまり直結しないレース。
でも、今年はなかなかいいメンバーがそろいましたね。
ダービーで通用する馬が出てくるかどうかはまだわかりませんが強い勝ち方をする馬がいるようなら注目しておきたい。

◎アントニオバローズ
○ヤマニンウイスカー
▲オオトリオウジャ
△ミッキーペトラ、ヒカルマイステージ、キタサンガイセン

◎アントニオバローズはシンザン記念の勝ち馬で、このときはまだ荒削りな走りでしたが相当な素質を感じさせました。
その後順調度を欠いたこともあって弥生賞を回避しぶっつけで皐月賞へ臨んで9着。
さすがに休み明けでは厳しいレースでしたが、それでも3,4コーナーで外から一気にまくってきたあの脚はかなり良かった。
今回は一度叩かれたこともあって前走以上の状態なのは間違いないですし、

○ヤマニンウイスカーは1番人気に押された前走若葉Sでは直線で前が壁になる不利もあって4着と不完全燃焼。
このレースを勝ったベストメンバーと2着のトライアンフマーチが皐月賞でそれぞれ5着、2着。
不利さえなければこの2頭とも差のない競馬になっていたはず。
そう考えると、今回のこの相手に入れば当然力は上位。

▲オオトリオウジャは東京コースでデビューから2連勝を飾った馬。
それもどちらも上がり33秒台の脚で勝ち上がっているわけだからかなり切れる脚はあります。
前走毎日杯は4ヶ月ぶりの休み明けのレースでしたが勝ったアイアンルックとは0,3秒差の5着、休み明けとしては悪くない走りでした。
今回は叩き2戦目で、さらに得意の東京コース。

△ミッキーペトラは前走皐月賞では先行馬に厳しい流れを前々の競馬から10着に粘ったのは評価できます。

△ヒカルマイステージは6戦して2勝2着2回3着2回と安定感がある。

△キタサンガイセンは重賞を使ったここ2戦は結果が出ていませんがきさらぎ賞ではベストメンバーをほとんど差のない競馬でしたし、前走スプリングSではスタートでの出遅れでさらにスローペースと流れも向かなかった。
東京コースは初めてですが2戦目中京コースのビオラ賞を勝った時にはかなりの脚を使っていたので左回りもあうと思う。


・京都新聞杯
過去このレースからはアグネスフライトがダービーを制し、ハーツクライ、インティライミがダービー2着と、ダービートライアルのプリンシパル以上に注目度の高い一戦。
2002年に京都2200mとなって以降の7戦で1番人気は1勝3着1回と不振。
おそらく、今回1番人気になるであろう皐月賞5着馬のベストメンバーは評価を下げたい。
といっても、ここ5年を見ると勝ち馬はすべて3番人気以内なので2,3番人気くらいの馬を中心にして狙ってみたい。

◎リクエストソング
○ガウディ
▲トランセンド
△スマートタイタン、デルフォイ、ベストメンバー


◎リクエストソングは皐月賞6着。
このときは2番枠ということもあって終始内で競馬をしていたんですが、直線では前が開かずに外へ持ち出さなければならなかったのが痛かった。
うまく馬群を裁けていたらもっと上位にもこられたはず。
3戦して1勝2着2回の京都コースで改めて期待してみます。

○ガウディは新馬戦を勝って以降は2戦続けて3着。
前々走若駒Sではアンライバルドの3着でしたが道中最後方からもなかなかいい脚を使っていたし、前走500万下では2着ヤマニンウィスカーとは差のない競馬。
カンパニーの半弟という良血馬で血統的にも魅力がある。

▲トランセンドはダートで2連勝中の馬ですが前走京都1800mで1,49,7というこの時期の3歳馬としてはかなりの時計で2着には7馬身差をつける強い内容でした。
芝は新馬戦で2着に入っているようにこなせないこともないと思う。

△スマートタイタンもダートで2勝を挙げている馬ですがタニノギムレット産句なら芝でもこなせるはず。

△デルフォイは京都で2戦2勝。
前走は2着に4馬身差、さらに3着には7馬身差をつける圧勝でしたが、不良馬場での疲労と中1週続きのローテーションが気になる。

△ベストメンバーは京都で4着2回とあまり相性が良くない。
ノーマークとはいかなくても高い評価はできない。


・新潟大章典
◎オースミグラスワン
○アーネストリー
▲ダイバーシティ
△オペラブラーボ、シンゲン、ミヤビランベリ、トウショウウェイヴ

◎オースミグラスワンは3年前と昨年のこのレースの勝ち馬。
特に昨年は上がり31,9秒というありえないような脚で外から一気に突き抜けました。
前走マイラーズCではこの馬には少し距離が短かったこととペースも遅かったこともあって4着という結果でしたがそれでも上がりは32,6秒。
今回は斤量が58キロと昨年から1キロ増えていますが何とかこなしてくれるはず。

○アーネストリーは前走日経賞4着。
1,2着のアルナスラインとマイネルキッツが天皇賞でもワンツーを決めたようにレベルの高い1戦でした。
それを初重賞ながら前々の競馬から4着に粘った走りは評価できます。
斤量55キロならチャンスはある。

▲ダイバーシティは新潟は初めてですが東京では5戦して3勝2着1回という成績なので直線の長い左回りのコースは合うと思う。
初の関西遠征となった前々走の但馬Sこそ惨敗してしまいましたがそれ以外はラジN賞3着、セントライト記念4着と重賞でも差のない競馬をしている。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。