prev04next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


フローラS&アンタレスS結果

・フローラS
1着◎ディアジーナ
2着○ワイドサファイア
3着△ハシッテホシーノ
4着▲アイアムネオ
5着 エオリアンハープ

今日は予想以上に馬場の回復が早くてフローラSの発走時には良馬場まで回復しました。
勝ったディアジーナは府中の2000mでは不利とされる外枠からのスタートでも全く問題なく、好スタートからすぐに4,5番手当たりの好位につけました。
レース運びはほぼ完璧、直線を向いてからの手ごたえも抜群で2着には2馬身差をつける完勝でした。
この走りを見るとオークスへ行っても楽しみですね。
ブエナビスタにかなうかどうかは微妙ですが2,3着なら十分狙えると思う。
ディアジーナはこのレースが10戦目となりますが成績は4勝2着3回3着2回、10着に敗れたコスモス賞以外は全て3着以内という安定感があります。
今年に入ってからはこれで4戦して3勝2着2回。
たしかに、キャリアが多いという点は気になるところですが今回は馬体重が+4キロと使われながらも馬体減りすることもなく逆に増えてきているというのはとてもよい。
それに、このレースの前にすでにオークスへの出走は確保しているので今回は決して100%の仕上げというわけではなく、本番では更なる上積みも期待できます。
時計勝負では分が悪いタイプだと思うので今回のようにある程度時計がかかる馬場になってるれるとさらにこの馬にはチャンスが広がると思う。

2着ワイドサファイア、鼻差3着のハシッテホシーノまでがオークスへの出走権を確保しました。
この2頭は力のある馬なので上位はほぼ力どおりの決着ということでしょう。
ただ、コークスを考えるとこの2頭はともに今回も馬体が-4キロと減っていたのが気になります。デビュー以来ずっと減り続けているので本番に向けての調整も難しいだろうしこれ以上減るようだとかなり厳しいんじゃないかと思う。

4着アイアムネオは前走減っていた馬体も回復してパドックではとてもよく見えました。
レースでは前半少し行きたがるそぶりがあったもののそれほどでもなく、道中は内ラチ沿いの好位をキープ。
直線でも少し伸びかけたんですが前には届かず。
賞金は1150万なのでオークスはギリギリのラインといったところかな。

1番人気のミクロクスモスは14着と大敗。
スタートで出負けした後も終始かかり気味で全く競馬になりませんでした。
今日は完全に自滅といった感じでしたね。
力はある馬なんですがどうも今年に入ってからはいいところがないですね。


・アンタレスS
1着△ウォータクティクス
2着◎ワンダースピード
3着 ボランタス
4着△マコトスパルビエロ
5着△ダイショウジェット
 :
8着○メイショウトウコン
13着▲サトノコクオー

ウォータクティクスが日本レコードで圧勝してこれでダートで6連勝となりました。
今日は時計が出るだろうとは思ってましたがまさかここまで早くなるとは思いませんでしたね。
ウォータクティクスは2着以下には全く影も踏ませずに逃げ切っての完勝ですから今日は本当に強い競馬でした。
この先連勝をどこまで伸ばせるかかなり楽しみですね。

2着ワンダースピードはウォータクティクスを見る形での競馬でしたが今回は完敗。

3着ボランタスは先行馬が上位を占めた中では中段の位置取りから良く伸びてきました。
最後2着まで上がったかなというところもありましたが惜しくも3着まで。

4着マコトスパルビエロ、5着タイショウジェットは前々の競馬から、脚抜きの良い馬場も味方につけて最後まで粘りました。

8着メイショウトウコンは今回のような前の止まらない流れになってしまってはちょっとこの結果も仕方ないですね。

13着サトノコクオーはもっと伸びていいと思うんだけどなあ。


もう1頭注目していた東京10R横浜Sに出走したマチカネニホンバレもやはり強かったですね。
5ヶ月の休み明けも57キロのトップハンデも全く問題にせず圧勝、ウォータクティクスにも負けないくらいのインパクトがある勝ちっぷりでした。
好スタートから道中2番手を追走して、直線を向いてからは残り200mまでは鞍上の手が全く動かず。
そこから残り100mまで軽く仕掛けただけで後続を一気に引き離して最後の100mはもったままでの圧勝でした。
1.35.3という時計も優秀ですが、もし直線びっしり追っていたら今年のフェブラリーSで記録された1,34,6というレコードにも二って記するくらいに時計が出ていてもおかしくはなかったですね。
それくらい強い勝ち方で、間違いなくGⅠ級の力はあります。
ウォータクティクス同様、この馬も今後ダートGⅠ戦線で活躍できる馬だと思う。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。