prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


フローラS&アンタレスS予想

日曜は馬場がどこまで回復するかが気になりますね。
朝から晴れたとしても良馬場までは難しいか。
やや重までいけばいいところかなあ。
今年に入ってから開幕週はいつも雨が降ってるような気がする。

・フローラS
オークスへ向けての前哨戦。
過去このレースを使ってオークスを制したのはレディパステルのみ。
一昨年の勝ち馬ベッラレイア、2005年の勝ち馬ディアデラノビアがオークスでそれぞれ2,3着という結果を残していますが桜花賞からの直行組に比べるとかなり分が悪いですね。
今年の桜花賞組もレベルが高いのでこのレースでよほど強い勝ち方をする馬が出てこない限りは本番ではこのレースからの馬は評価を下げたい。
前日オッズではミクロコスモス、ワイドサファイア、ハシッテホシーノ、ディアジーナの4頭が単勝4倍台で並ぶ混戦となっています。

◎ディアジーナ
○ワイドサファイア
▲アイアムネオ
△ミクロコスモス、ラークキャロル、ピースエンブレム、ハシッテホシーノ

◎ディアジーナは桜花賞へは見向きもせずオークス1本に絞ったローテーションを組んでここまで来ました。
前走フラワーCは展開の綾で2着でしたが3着には2馬身半差をつけているように力があるのはたしか。
2走前にはクイーンCを勝っているように府中でも問題ありませんし、3走前の菜の花賞では重馬場でも勝っているので馬場が回復しなかったとしても問題なし。

○ワイドサファイアは新馬戦で強い勝ち方をして、それ以降の4戦はもう一歩というところが続いていますが牡馬やレッドディザイア、ミクロクスモスといった強い相手とのものだったので仕方ないところはあります。
前走毎日杯でも7着とはいっても勝ち馬とは0,3秒差、牝馬限定なら十分通用します。
ただ、デビューから馬体が減り続けているので馬体の維持がポイントになりそう。

他にもリュシオル、エオリアンハープ、ピースオフラックあたりも気になる。

▲アイアムネオは前走アネモネSでは本命に推したんですが10着と惨敗。
でもこのときには不良馬場ということもありましたし、馬体が10キロ減っていたのも誤算でした。
今回も出来れば良馬場でやらせてやりたかったところですが、やや重でも開幕週の馬場でなら力は出せるはず。

△にはまず人気のミクロコスモスとハシッテホシーノの2頭。
この2頭は確かに力はありますしここを勝ってもおかしくはないですね。
さらに、ミモザ賞組からラークキャロルとピースエンブレムの2頭。



・アンタレスS
道悪で脚抜きの良い馬場という事で時計的にもかなり早くなりそうなレース。

◎ワンダースピード
○メイショウトウコン
▲サトノコクオー
△タイショウジェット、ウォータクティクス、マコトスパルビエロ、アドマイヤダンク

◎ワンダースピードは昨年のこのレースの勝ち馬。
4走前のJCダートで9着と惨敗して以降の3戦は2勝2着1回と安定した成績を残しています。
ベテルギウスSでレコード勝ちがあるように速い馬場にも対応が出来るし、前々走の平安Sを勝ったときには上がり3F35,6秒という芝並みの時計で制しました。
京都コースも7戦して5勝と相性もよい。

○メイショウトウコンは昨年のJCダート2着馬。
それ以降の2戦は2着、3着と勝ちきれないレースが続いていますが脚質的にどうしても展開に助けが必要になる馬なので仕方ないというところはあります。
今回も早めのマクリからどこまで差を詰められるかといったレースになるとは思いますは上手くはまれば大外からでも一気に差しきれる。

▲サトノコクオーは昨年4連勝した後に骨折してしまいましたが、骨折明けの2戦も2,3着という安定した成績を残しています。

△の中ではダートで5連勝中のウォータクティクスに期待したいですね。
レベルの高い4歳ダート馬の中でこの馬ももしここも勝てるようならこの先さらに期待が高まります。
前々走の条件戦までの4戦は楽勝でしたが初のOPクラスとなった前走アルデバランSでは2ちゃくにハナ差という接戦でした。
これまでのように楽勝とはいきませんでしたが時計的にもかなり優秀でしたし、今回もマイペースでいけるようなら最後まで十分に粘りこめます。


その他では東京10R横浜Sのマチカネニホンバレに注目したい。
この馬も4歳ダート馬でこれまでダートでは4戦3勝。
その3戦ともに楽勝で、特に前走1000万下のレースでは2着に1,9秒差をつける圧勝。
このとき2着だったランヘランバがその後2勝を挙げてすでにOP入りしているところを見てもマチカネニホンバレの能力の高さが伺えます。
今回が年明け緒戦になりますが準OPはでちょっと負けようがないと思う。
血統的にもサクセスブロッケンと同じシンボリクリスエス産句で母父デピュティミニスターというところを見てもいかにもダートは合いそうな馬。
秋くらいにはG1にも出てくるかもしれない。

スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。