prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


スプリングS&阪神大賞典予想

・スプリングS
◎アンライバルド
○マイネルエルフ
▲リクエストソング
△フィスペトル、イグゼキュティヴ、メイショウドンタク、サイオン

◎アンライバルドはここでは負けてほしくない馬ですね。
皐月賞でロジユニヴァースとリーチザクラウンに対抗できるのはこの馬くらいだと思う。
前走若駒Sでの勝ちっぷりはそれくらいの可能性を感じさせるものでした。
気性面での若さを見せるところがあるので、今回は輸送もありますし当日のこの馬のテンションが気になるところ。
あとは、道中の位置取りかな。
折り合いに気を使いすぎてあまり後ろからの競馬となるとフラワーCのディアジーナのように届かないという可能性もないとはいえません。
それでも、アンライバルドがG1を勝てるくらいの本当に強い馬だったら、チューリップ賞のブエナビスタが逃げるサクラミモザを差しきったように最後は届いてくれるはず。

○マイネルエルフは前走休み明けのアーリントンCで2着。
いちょうSで大敗した以外は安定した成績で1800mでも2戦して1勝2着1回なので距離もあいます。
デビュー当時からは馬体重も20キロ近く増えているように馬体的にもそれだけ成長しているということだと思う。
今回も何とか好スタートを決めて内ラチ沿いの好位から競馬を運べればチャンスはあるんじゃないかと思って、多分それほど人気にはならないと思いますが期待してみたいですね。

▲リクエストソングは前走きさらぎ賞ではスローペースを最後方から追いかける競馬で流れが向かなかったところもありましたし、その中でも最後は内から伸びて3着以下には差をつけたあたりにはこの馬の力を感じました。
この馬を対抗にしてもいいくらいなんですがここは3番手ということで。

△以下は上に挙げた4頭以外にもレッドスパーダ、キタサンガイセン、サンカルロ、セイクリッドバレーあたりも気になるのでこのあたりはパドックを見てから判断したい。


・阪神大賞典
◎アサクサキングス
○スクリーンヒーロー
▲オウケンブルースリ
△テイエムプリキュア、ヒカルカザブエ、ナムラクレセント

ここはアサクサキングス、スクリーンヒーロー、オウケンブルースリ3頭の争いになると思うんですがこの中でどの馬から狙うかとなると、前走京都記念を勝ったアサクサキングスからにしておきます。

◎アサクサキングスは前走は馬体重がプラス10キロと増えていて状態的にも決して万全というわけではなかったと思いますが、それでも外から来たサクラメガワンダーに抜かせずに勝ったあたりはさすがG1というところがありました。
今回は3強の中では一度使われている強みもありますし、前走からの斤量を比べてもスクリーンヒーローが+2キロ、オウケンブルースリが+3キロと増えているのに対してアサクサキングスは前走と同じ58キロという点でも有利。
京都の方がより相性は良いと思いますが阪神でも走れないということもないですし、もしここも勝つようなら天皇賞はさらに期待が高まるんじゃないかと思います。

○スクリーンヒーローと▲オウケンブルースリはあくまでも目標は次走の天皇賞なので多少割引は必要ですが、それでもG1馬ですしもおかしな競馬はしないと思う。

△テイエムプリキュアは日経新春杯を制したことで引退を取り消して現役続行となりました。
今回は1週前から坂路で4F51,6秒という好時計を出しているように相変わらず状態はよさそう。
確かに、斤量的には前走から7キロと大幅に増えいますがメンバー的には今回は楽にハナを切れそうですし、有力馬同士がけん制しあってさらにペースが落ち着くようだとこの馬にもチャンスは出てくると思う。

△ヒカルカザブエは4連勝で挑んだ前走日経新春杯では7着という結果でしたがこのときにはスタートからあまり良くなくその後もスムーズさを欠いた競馬で不完全燃焼といった感じでした。
4連勝中のレース内容からはもっと走れていい馬なのででここでもう一度期待してみたい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。