prev09next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


チューリップ賞&オーシャンS予想

ジュベルハッタのウオッカは5着でした。
不完全燃焼、全く力を出せていません。
4コーナーまではいい感じで進んでいたんですが、直線では前が壁になってしまい、さらに外からもふさがれる形で外にも出せず、結局ほとんど追えないままで終わってしまいました。
最近の日本馬の海外でのレースでは力を出せないまま終わってしまうということが多いですね。
ただ、これが前哨戦でよかった。
鞍上の武騎手も本番ではこんな乗り方はしないでしょう。
武騎手は昨年のドバイデューティフリーで始めてウオッカとのコンビを組んでこれで5戦して1勝と正直あまり相性が良いとは思わないんですが、もし本番でも今回と同じようなレースをするようなら他の騎手の乗り換えた方がいい。
といっても、もちろん期待はしてます。
今回も全く競馬にならなかった割にはそれほど差もありませんでしたし、一度たたかれてさらに上積みもあるはず。
本番に向けて何とかこのまま無事にいってもらいたいですね。


・チューリップ賞
◎ブエナビスタ
○ジェルミナル
▲ブロードストリート
△イナズマアマリリス、マイティースルー

2歳女王ブエナビスタの年明け初戦。
本命はもちろんブエナビスタ。
阪神JFの勝ちっぷりを見ると本当にこの馬の力が一歩抜けているなという感じでしたし、ここでどんな競馬をするのか本当に楽しみですね。

相手にはジェルミナルとブロードストリートの2頭でほとんど差はないんですが、経験の差でジェルミナルを上としておきます。

3着候補にイナズマアマリリスとマイティースルーの2頭。
イナズマアマリリスは重賞勝ち馬ですし、阪神JFでも5着とそこそこの力はあるので状態と流れ一つで、勝ちはなくても3着ならありえる。

もう1頭、そこそこ人気になりそうなカウアイレーンはデビュー戦では上がり33,4秒でミクロコスモスの2着、2戦目はレコード勝ちと力はありますが、やはり骨折休養明けでいきなりは厳しいと思うので今回は切ります。


・オーシャンS
2006年に重賞に格上げされてからの3回すべてで2桁人気の馬が連に絡んでいるように荒れるレースで、さらに、今年は馬場状態も良くなさそうなので波乱の余地は十分にあります。
手広く狙っていきたい。

◎キンシャサノキセキ
○モルトグランデ
▲アイルラヴァゲイン
△ヘッドライナー、プレミアムボックス、サープラスシンガー、ソルジャーズソング、アポロドルチェ

◎キンシャサノキセキは能力的にはこのメンバーでは抜けていますね。
昨年は高松宮記念とスプリンターズSで2着とあと一歩届きませんでしたが今年こそは何とかGⅠをとりたいところ。
目標はあくまでも次とはいってもここでいい加減な競馬はできない。
休み明けは走る馬ですし中山も3戦して2勝2着1回と得意。
それに、1200mでは6戦してすべて3着以内という安定感もあります。
斤量も別定で57キロなら全く問題ありません。

○モルトグランデは前走シルクロードSで3着。
このときは後方からの馬が上位を占めたように多少展開に恵まれた面はありました。
それにそのときの斤量は53キロで今回は3キロ増の56キロという点がどう出るか。
それでも、この馬も中山では5戦して3勝を挙げているように得意ですし、1200mでは9戦して3着以内が8回という安定している。

▲アイルラヴァゲインは一昨年のこのレースの勝ち馬。
前走シルクロードSではしんがり負けでしたがこのときには流れが向かないところもありました。
元々中山は走る馬ですし、不良馬場で行われた一昨年のスプリンターズSで3着という実績があるように道悪になればチャンスはあるかもしれない。


そのほかのレースで注目したいのは阪神10R武庫川Sに出走するヒカルオオゾラ。
昨年6月のエプソムSで2着して以来のレースでハンデ戦で58キロを背負わされるというのは楽ではありませんが準OPなら力は上。
ここでしっかり結果を出してこの先何とか安田記念あたりを狙って行きたいところですね。
ただ、相手も結構そろっていて、まずスピリタスはこれまで7戦して3勝2着3回とまだそこを見せていませんし、この馬のいずれは重賞に上がってくるくらいに力はある馬。
さらにスズカコーズウェイ、ダンツホウテイ、タガノグラマラ、アペリティフあたりも力のある馬なのでヒカルオオゾラも楽には勝たせてもらえないかな。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。