prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


クイーンC&京都記念予想

・クイーンC
牝馬クラシック戦線へ向けて注目の一戦。
今年の牝馬路線は阪神JFを制したブエナビスタが一歩抜けた存在であるというのはいまさら言うことでもありませんが2番手以下は接戦といった感じですね。
ただ、レベルは例年以上に高くハイレベルでの接戦となっています。
昨年のこのレースを勝ったリトルアマポーラはクラシックこそ無冠に終わりましたがエリザベス女王杯を制したように、今年もこの先GⅠを狙えるような馬に期待します。

◎ミクロコスモス
○ディアジーナ
▲ダノンベルベール
△パールシャドウ、カツヨトワイニング、メイショウボナール

◎ミクロコスモスは今回と同じ府中のマイルで行われた新馬戦がとてもレベルの高い一戦で、そのときの2~5着馬がすでに勝ち上がっていてそのうち2頭はすでに2勝を挙げています。
このレースを上がり33,4秒の脚で制したこの馬はその後の2戦でも力のあるところを見せて、阪神JFでは後方からの競馬で多少脚を余した感はありましたが前走はメンバー中唯一の34秒台の脚を使っての差しきり価値とかなり切れるところを見せました。
鞍上の武豊騎手も重賞を3週連続で制覇しているように今乗れています。

○ディアジーナはすでにキャリア7戦ですが前走菜の花賞では2着に3馬身差をつけて圧勝したように使われつつ確実に力をつけてきたという感じですね。
陣営の話ではこの馬には昨年フローラSを制したレッドアゲート以上の素質があるということですし、もしそれが本当であればここでも十分通用するはず。

▲ダノンベルベールはこれまで4戦して2勝2着2回という安定感で、どのレースでも力があるなと感じさせる走りで能力的にはかなりのものがあります。
府中のマイルは前々走の赤松賞と同じ舞台で、そのときにはうちが有利な馬場状態ながらこの馬は直線で外から楽々差し切るという強い勝ちっぷりを見せました。
休み明けとなる今回は、前走減っていた馬体がどこまで戻っているのかという点と他馬より斤量が1キロ重いという点がどう出るかですね。

△パールシャドウは府中のマイルは2戦2勝。
前走フェアリーSでは直線で不利があったので着順は度外視して、それ以上にスローな流れでも上手き折り合いがついたというのは収穫でした。


・京都記念
◎アドマイヤオーラ
○サクラメガワンダー
▲カワカミプリンセス
△マンハッタンスカイ、チョウサンデイ、タスカータソルテ

◎アドマイヤオーラは前走京都金杯に続いて今回も本命で狙ってみます。
昨年のこのレースの勝ち馬で京都コースとの相性もよい。
今回は休みあけを一度たたかれて状態も悪くなさそうですし、斤量的にも前走はハンデ戦での58キロでしたが今回は別定戦なので問題ありません。

○サクラメガワンダーは前走鳴尾記念の勝ちっぷりがとにかくよかったですね。
これまではGⅠでも好走しながら勝ちきれないレースが続いていましたが前走は2着に3馬身差の圧勝。
1週前の追いきりでは販路で4F51,1秒という高時計をマークしているように状態もよさそう。
この先は4月の香港で行われるクイーンエリザベス2世Cをめざすということですし、そのためにはここでしっかりと結果を出しておく必要があります。

▲カワカミプリンセスは前走有馬記念ではダイワスカーレットを負かしにいっての7着ですから仕方ありません。
そのほかのレースでは安定した成績を残しているので、牡馬相手にはなりますがそれほど力の差はありません。

△マンハッタンスカイは同型のシルクふぇいますとの兼ね合いになりそうですがマイペースでいければしぶとい。
さらに△チョウサンデイの3連勝の勢いと札幌記念ではマツリダゴッホを負かした△タスカータソルテの地力に期待。

アサクサキングスは昨年秋の走りを見ると少し評価を下げたくるのでここでは切ります。


そのほかのレースでは小倉10Rあすなろ賞に注目します。
デルフォイ、ヤマニンウィスカー、ダディーズウォーズといったこの先のクラシックへ向けてのいいメンバーがそろいましたね。
デルフォイはシックスセンスの半弟でデビュー戦では注目を注目を集めていたフォゲッタブルやアドマイヤメジャーといった有力馬を負かしての1着。
上がり34,2秒というなかなかいい脚も使っていましたしここをもし勝ちあがれるようだとギリギリで皐月賞には間に合うかもしれない。
ヤマニンウィスカーは現在3連続で2着中ですが勝った相手が京成杯勝ちのアーリーロブスト、きさらぎ賞2着のリクエストソングあたりでは仕方ありません。
前走はマナクーラに上手く走られてしまったのでこれも2着というのは仕方ありません。
そのほかでは新馬勝ちのダディーズウォーズ、テツキセキ、スーパーミノルや京成杯3着のモエレビクトリー、スペシャルシンガーあたりまで注目しておきたい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。