prev04next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


ダイヤモンドS&きさらぎ賞予想

べびプリ日記の連続更新があっても一切無視して普通に競馬の話をします。

先週のレースを軽く振り返っておくと、共同通信杯を勝ったブレイクランアウトはなかなか強い勝ちっぷりでしたね。
直線で外ばかり見ていたらいつの間にか内からブレイクランアウトが伸びてきていて、結局、2着のトーセンジョーダンに1.3/4馬身差の完勝でした。
この先はNHKマイルCからダービーを目指すということですがこの走りを見るとNHKマイルCの方はかなり期待できると思います。
ただ、ダービーとなると距離的にどうかなというところはありますね。

2着トーセンジョーダンは直線で多少不利が合ったようで、一旦はもうだめかなというところからもう一度巻き返したあたりはやはり力があります。
当然この馬もこの先が楽しみになります。
特にこの馬は中山とは相性が良いので、皐月賞でも馬体さえキープできていればこの馬を狙ってみたい。

今週の土曜のレースではエアグルーヴ産句のフォゲッタブル、アドマイヤキッスの半弟のアドマイヤアゲインという2頭の良血馬が勝ちあがりました。
順調に行けばまだダービーには間に合うのでこの2頭にもこの先注目しておきたい。

土曜京都11R アルデバランSを勝ったウォータクティクスはこれで5連勝となりました。
いつもどおり逃げる形でレースを運び、4コーナーを回るあたりでの手ごたえを見るとこのまま圧勝するのかなというくらいの手ごたえでしたが直線を向いてからは思ったほど伸びず、最後は外から着た2頭と接戦になりましたがなんとかハナ差粘り切りました。
5連勝の中では今回が1番苦しい競馬でしたね。
3番手当たりからレースを運べばもっと楽な競馬ができるような気もするんですがそういうわけにもいかないのかなあ。
それでも、5連勝というのはそう簡単にできるものではありません。
ダートでは負けなしですし、この先重賞でも十分やれるだけの力はあります。
ローテーション的には次走はマーチSあたりになりそうですが、中山1800mはフェアウェルSで2着に5馬身差の圧勝したときと同条件なので問題ありません。



・ダイヤモンドS
◎モンテクリスエス
○ビービーファルコン
▲フローテーション
△エーシンダードマン、ウォーゲーム、ドラゴンファイヤー

◎モンテクリスエスは能力的には同じ4歳馬のフローテーションやベンチャーナインと比べてもそんなに差はないと思う。
14戦して11回が4着以内という安定感もありますし、青葉賞3着から府中も問題ない。
ハンデ戦53キロの斤量ならこの馬から狙ってみたいですね。

○ビービーファルコンは前走迎春Sではモンテクリスエスを下している馬で2連勝中と勢いもある。

▲フローテーションは菊花賞とステイヤーズSで2着という実績か示すとおり今回のこの距離も合いそうですが、ただこのレースは前走有馬記念組の成績があまり良くないので3番手としておきます。


・きさらぎ賞
◎リーチザクラウン
○キタサンガイセン
▲ベストメンバー
△ダノンカモン、リクエストソング

10頭という少頭数ですがかなり楽しみなメンバーがそろいました。
先週の共同通信杯同様、このレースで上位に来た馬もこの先ダービーまでは追いかけて行きたいですね。

◎リーチザクラウンは能力の高さは疑いようがありませんが今回は控える競馬をするということなのでそれがどう出るかですね。
京都の馬場は道悪の影響で内がだいぶ悪くなっているようなので外目から上手く折り合っていければここも突き抜けてもおかしくはありません。

○キタサンガイセンは前走ビオラ賞ではスタートで出遅れて後方からの競馬となりましたが、小回りの中京コースで指しきったあたりはかなり切れる脚があります。
中京というと、一昨年ベッラレイアが3戦目のあざみ賞を後方から一気に差しきった時の走りを今でもおぼえていますが、あそこまでのインパクトはないもののキタサンガイセンの勝ちっぷりも悪くはありません。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。