prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


東京新聞杯結果

1着▲アブソリュート
2着 キャプテンベガ
3着 スマイルジャック
4着△リザーブカード
5着△ゲイルスパーキー
6着○タマモサポート
 :
13着◎ローレルゲレイロ

ローレルゲレイロがレースを引っ張って1000m通過が59,4秒、勝ち時計は1,36,9。
例年の良馬場での勝ち時計が大体1分33秒前後ですから、今回はそれと比べても4秒近くかかっていることを考えると、不良馬場にしてはかなりペースが早かったようですね。
先行勢が総崩れの展開となり、結局中段よりやや後方につけた馬が上位を占めました。

勝ったアブソリュートは道悪で切れる脚が使えるかどうか不安がありましたが上手く流れも向いてくれたし、なかなか強い勝ちっぷりでした。
これで重賞初制覇でマイルでは4戦4勝。
この先もマイル路線ではいいところまでいけそうですね。
安田記念に出てもいい勝負できるかもしれない。

2着キャプテンベガ、3着スマイルジャック、4着リザーブカードあたりも道中は勝ったアブソリュートと同じような位置取りでした。
キャプテンベガはスタートがあまり良くなく後方2番手から、道中は少しかかり気味のところもあったんですが4コーナーから直線を向くあたりではかなり手ごたえが良くて、最後アブソリュートの外から伸びてきたときには交わせるかというくらいの勢いもありました。
15番人気と低評価でしたが昨年の夏ころには重賞でも差のない競馬をしていましたし、それにマイルはこれまで4戦して2勝2着1回ですから距離的にもこの馬にはマイルが一番合うのかもしれない。

6着差○タマモサポートは先行勢の中では良く粘っていたんですけどね。
直線残り400mあたりでもまだ手ごたえは十分にありそうでしたし、一瞬この馬が突き抜けるかというところはありましたが最後脚が止まってしまいました。
それでも内容的にはそんなに悪くはありません。
やはりこの馬、確実に力はつけてきています。
次走もう一度この馬を狙ってみたいですね。

13着◎ローレルゲレイロは流れが向かなかったというのがすべてですね。
上がり3Fが39.2秒ですから最後は完全に脚が止まってしまいました。
今回はまあ仕方ありません、自走の巻き返しに期待します。


東京8Rのジャンバルジャンは4着と全くいい所がありませんでした。
今回は控えての競馬でしたがやはりこの馬は行かないと持ち味が生かせないのかもしれない。

もう1頭、東京6R3歳500万下を勝ったハシッテホシーノはなかなか強い馬ですね。
この時期の牝馬で2000m→2400mを連勝できる馬はそうはいません。
それに、この馬は今回休み明けで不良馬場だったということを考えてもさらに評価できます。
アグネスタキオン産句でブラックカフェの半妹という良血馬。
デビューからの3戦すべて府中で使い、さらにこの距離を使うということは陣営としても桜花賞よりはオークス向きと考えているのかな。
今年牝馬クラシック路線はブエナビスタを筆頭にかなりレベルの高い馬がそろっていますがこの馬のこの先順調に行ってくれればチャンスはあるかもしれない。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。