prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

ドリームジャーニーは道悪が全てでした。あの馬場であの位置からズバッと差し切れというのはあまりにも酷です。また良馬場の時に勝負しましょう、お互いに。。。
 

期待していただけに残念な結果でしたがまあ仕方ないですね。
次に期待します。
 
コメントを投稿する


AJCC&平安S結果

人気上位の中で敢えて切った馬に勝たれるとなるともうどうにもならなりません。

・AJCC
1着 ネヴァブション
2着▲エアシェイディ
3着 トウショウシロッコ
4着 マイネルキッツ
5着△キングストレイル
 :
8着○ドリームジャーニー
11着◎メイショウレガーロ

レースは予想通りキングストレイルが逃げて2番手にサンツェペリン、勝ったネヴァブションは早めの3番手からの競馬で1000m通過が61,5秒というスローな流れ。
こうなるとやはり先行馬有利で、最後方からの競馬となったドリームジャーニーあたりには厳しい展開でした。
ネヴァブションは前走中山記念では後方からの競馬で最後も良く伸びてはいながら5着に終わったということもあってか、今回もスタートは決して良くなかったんですが押して行って前につけたあたりの判断はさすが横山騎手ですね。
それに、ネヴァブション自身も休みあけを3回たたかれて今回は馬体重がマイナス8キロと絞れていましたし、追いきりでもエアシェイディを圧倒するくらいの動きだったというところを見ると状態的にもかなり良くなっていたんだと思う。
一昨年の日経賞ではマツリダゴッホを破っているよう元々力はある馬ですし、今回2着に入ったエアシェイディには2馬身半差の完勝ですから今本当に強い競馬でした。
この勝ちっぷりを見るとこの先もかなり楽しみになります。

2着エアシェイディは58キロの斤量を背負っていたことを考えると良く走ってます。
8歳とはいってもまだ衰えはないですね。
春の最大の目標は宝塚のようなのでそこまで順調に行ってくれれば掲示板はあります。

3着トウショウシロッコは昨年のオールカマー3着、前走ディセンバーSも勝っていたように中山コースとの相性のよさもあるのかもしれない。

◎メイショウレガーロはネヴァブションの4番手で絶好のポジションのように見えたんですけどね。
11着大敗というのは負けすぎ。
昨年のこのレースの15着と大敗だったことを考えるともしかしたら2200mでは距離が長いのかもしれません。

○ドリームジャーニーは確かに流れは向きませんでしたがそれでも直線の伸びには不満が残ります。
上がり35,8秒というのも上位に入った馬やこのメンバーで最速のグラスボンバーの35,1秒と比べても物足りない。
馬対は今回プラス4キロとさらに増えてはいましたが特に太いといった感じはありませんでしたが、ただ少しテンションが高いところは気になりました。


・平安S
1着 ワンダースピード
2着○エスポワールシチー
3着△マコトスパルビエロ
4着◎ネイキッド
5着 タガノエクリプス
 :
8着▲サンライズバッカス

最後の直線でのワイルドワンダーとエスポワールシチーのたたきあいは見ごたえがありました。
エスポワールシチーがレースを引っ張り、ワンダースピードはそれをマークする形で3番手からの競馬。
1000m通過が61,7秒、他に絡んでくる馬もいなかったのでエスポワールシチーはマイペースでうまく逃げられました。
でも、ワンダースピードも3,4コーナーあたりでは手ごたえが抜群。
その時点ではワンダースピードがそのまま突き抜けるかというくらいに見えました。
ただ、エスポワールシチーもしぶとかったですね。
最後に差されたといってもラップタイムを見るとラスト2ハロンが11,7-11,8ですから、逃げて最後にこれだけに脚が使えるんだから力はあります。
3着以下には3馬身差をつけているようにこの先すぐに重賞も勝てそうですね。
それに、まだ4歳ですからこれからもっと力をつけていってGⅠでの活躍を期待したい。

勝ったワンダースピードは今回斤量が58キロということで思い切って切ったら見事にやられました。
確かに、京都はこれまで6戦して4勝を挙げているように相性のよい舞台で、さらに前走名古屋GPではJCダート2着のメイショウトウコンを破っているように力があるというのはわかってはいましたが。
58キロを背負っていながら上がりが35,6秒というのも凄い。
ワンダースピードは7歳馬ですがこの世代はカネヒキリやヴァーミリアン、上に挙げたメイショウトウコンと同じで、JCダートでもこの世代が上位独占したようにやはりレベルの高い馬がそろっています。

3着のマコトスパルビエロは道中2番手から、脚色衰えずに最後まで良く粘っていました。
昨年もこのレースが3着でそれ以降はそれほど結果が出ていませんでしたが、前走ベテルギウスSではダークメッセージやマイネルアワグラスあたりにも完勝したようにこのくらいは走ってもおかしくないですね。

4着◎ネイキッドは道中は中段内ラチ沿いからの競馬で最後も伸びてはいましたが上位とはまだ少し力の差を感じました。
それでも、この馬は5歳とはいっても1年近い休養があった馬でキャリアも少ないのですし、まだ成長の余地はあります。
GⅢくらいならいずれ勝てるかも知れない。

そのほか人気上位の中ではマイネルアワグラス、ダークメッセージ、サンライズバッカスあたりはスローペースで流れが向かないところがあったのでこの結果はちょっと仕方ありません。


中山9R若竹賞で期待のメイショウパルマは今回も伸びきれずに5着。
中山が合わないのか力のいる馬場が合わないのか、ここ2戦は新馬戦で見せたような脚がみられません。
次走は府中でもう一度この馬の走りを見たい。

スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

ドリームジャーニーは道悪が全てでした。あの馬場であの位置からズバッと差し切れというのはあまりにも酷です。また良馬場の時に勝負しましょう、お互いに。。。
 

期待していただけに残念な結果でしたがまあ仕方ないですね。
次に期待します。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。