prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

プリキュアおめでとう

はじめまして。
テイエムプリキュアが日経新春杯を優勝し、テイエムプリキュアの画像を探していたら辿り着きました。
長いこと応援してただけに、逃げ切ったときは嬉しくてTVの前で叫んでしまいました。
個人的にはこのまま綺麗なかたちで引退して欲しいんですけどね・・・
 

Ralfさんコメント有難うございます。
テイエムプリキュアは本当に良くやってくれましたね!
残り800mあたりから後続との差を広げていったのを見てもしかしたらとは思いましたが、直線を向いてからも粘っていましたし、最後は本当にこちらまでアツくなりました。

たしかに、ここで引退というのが一番いい形でしょうね。
今回はすべての条件が上手くハマったという感じでしたし、この先現役を続けてとしても今回と同じようなレースをさせてもらえるようなことはないでしょう。
可能性があるとしたらまた来年のこのレースくらいですが、一年待ったとしても勝てる保障は全くありませんし、それならここで引退して産句に期待した方がいいと思います。
 
コメントを投稿する


京成杯&日経新春杯予想

・京成杯
◎ナカヤマフェスタ
○セイクリッドバレー
▲トゥリオンファーレ
△アーリーロブスト、フサイチナガラガワ、モンテトウルヌソル

◎ナカヤマフェスタは追いきりでも好時計を出しているように状態はよさそうだし、人気になるとしても軸はこの馬でいい。

○セイクリッドバレーは今回と同じ中山2000mで2戦して2、3着と勝ち切れないレースが続いていますがこれは勝ったトーセンジョーダンが強すぎたので仕方ない。
前々走葉牡丹賞では3着には4馬身差をつけ時計的にも2,00,7という好時計で走っていますし、そのくらいで走れればここでも通用する。

▲トゥリオンファーレは前走ラジN杯2歳Sので3着、ロジユニヴァース、リーチザクラウンにはさすがにかないませんでしたがマッハヴェロシティ、イグゼキュティヴあたりには先着しているわけだから良く走ってる。

△に挙げた3頭の中ではモンテトウルヌソルに期待します。
中間順調度を欠いた点が気がかりで少し評価を下げましたが力を出し切れる状態ならここでも勝ち負けになる。

他にもケニアブラック、サクラルーラー、サンライズキールあたりも気になります。



・日経新春杯
◎ヒカルカザブエ
○ナムラマース
▲テイエムプリキュア
△タガノエルシコ、ドリームフライト、アドマイヤモナーク

◎ヒカルカザブエの勢いに期待します。
未勝利戦からの4連勝で今回が初重賞となりますが京都では3戦して2勝と相性はいいし54キロの斤量も手ごろ。
ここもあっさりクリアして天皇賞まで行ってもらいたい。

○ナムラマースは前走鳴尾記念でも本命に押してそのときは惜しくも2着でしたが勝ったサクラメガワンダーとは位置取りの差もあったし着差ほどの力の差はありませんでした。
今回はそのときと同じ56キロの斤量なら全く問題ないし状態的にもかなり良さそう。

▲テイエムプリキュアはここが引退レースという事なので最後にもう一度がんばっていい走りを見せてもらいたいという期待を込めての3番手評価とします。
昨年のこのレースで3着、アルゼンチン共和国杯でも4着と、軽ハンデを生かしてマイペースで上手く先行できれば粘れる位の力はありますし、日曜は雨が降りそうなので馬場が多少でも渋ってくれるようならこの馬にはプラスになります。


そのほかのレースでの注目馬は阪神5R新馬戦に出走するフォゲッタブル。
エアグルーヴ産句ということでかなり注目を集めている馬ですが、この時期のデビューというとクラシックへ進むにはギリギリという感じもしますし、ここはあっさりクリアして次へつなげていってもらいたい。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

プリキュアおめでとう

はじめまして。
テイエムプリキュアが日経新春杯を優勝し、テイエムプリキュアの画像を探していたら辿り着きました。
長いこと応援してただけに、逃げ切ったときは嬉しくてTVの前で叫んでしまいました。
個人的にはこのまま綺麗なかたちで引退して欲しいんですけどね・・・
 

Ralfさんコメント有難うございます。
テイエムプリキュアは本当に良くやってくれましたね!
残り800mあたりから後続との差を広げていったのを見てもしかしたらとは思いましたが、直線を向いてからも粘っていましたし、最後は本当にこちらまでアツくなりました。

たしかに、ここで引退というのが一番いい形でしょうね。
今回はすべての条件が上手くハマったという感じでしたし、この先現役を続けてとしても今回と同じようなレースをさせてもらえるようなことはないでしょう。
可能性があるとしたらまた来年のこのレースくらいですが、一年待ったとしても勝てる保障は全くありませんし、それならここで引退して産句に期待した方がいいと思います。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。