prev07next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


東京大章典結果

1着▲カネヒキリ
2着◎ヴァーミリアン
3着○サクセスブロッケン
4着△ブルーコンコルド
5着△フリオーソ


カネヒキリはこれはもう完全復活といってよさそうですね。
前走JCダートの時にはヴァーミリアンに不利があり、その分が多少恵まれたかなという面がありましたが、今回は最後の直線では2頭のマッチレースとなって結局カネヒキリが首差しのいでの勝利。
道中は2番手にサクセスブロッケン、3番手にカネヒキリ、この2頭を見る形で5番手にヴァーミリアンという位置取りで、3,4コーナーあたりでのヴァーミリアンのあの手ごたえを見たらこの馬が突き抜けるかなというところもあったんですけどね。
上がりが35,4というのも早いですし、3着のサクセスブロッケンとは2馬身半差ついているので力的にはこの2頭が抜けていたというレースでした。
鞍上のルメール騎手はこれで秋GⅠ3勝目と、鞍上が乗れてる分の差も出たかもしれない。
来年のダート路線もやはりこの2頭が中心で進んで行きそうですね。
カネヒキリはすでにフェブラリーSを目指すという話が出ていますが、常に故障の不安を抱えた馬であるのは変わりないのでこのまま無事に進んでいってもらいたい。

サクセスブロッケンは今回は2番手からの競馬で何とか折り合いをつけていましたが最後の直線では2頭に突き放されてしまい、上位2頭とが現時点ではまだ力の差があるあかなといった感じでした。
でもこの馬はまだ3歳ですし、来年以降どのくらい成長してくれるかに期待したいですね。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。