prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

ドリームパスポート強かったね。持ち味の瞬発力を生かした競馬出来てたし、中京で差した所も凄くいい材料になるし、でもフジキセキは3000は長いかな
サムソンは3着以内なら菊はいけると書いたけど、そのままいけると思う。道中掛かったけど、やっぱり勝負根性が凄いね。抜かせないと言うか、距離使って伸びる馬だと思っているから、久々は駄目だと思ってた。
ソングオブウインドは確かにいい競馬だったけど、もしメインが次ハナを奪いに行って、競い合ったら共倒れになりそう。
去年のアドマイヤジャパンのようにメインが飛ばしてその後ろを馬なりでついていければ十分勝ち目はあると思う。
バルクは天皇賞有力だと思う。最近は道中にあまりかからなくなってきたし、宝塚は道悪、前走と今回は62キロ、59キロと重ハンデあるから敗因も天皇賞では不安は無くなる。正直かななり有力と思う
ディープは調子良さそう。ピカレスクコートと仏の馬と最終調整で馬なりで2馬身つけたって言うし、いいと思う。
でも、メディアは誇張しすぎ。ヨーロッパ調教馬以外勝ったことないのに何かディープは負けないムードが出すぎてる気する、相手にハリケーンランやシロッコや3歳強豪など揃っているわけだし、そんな大きな期待はしすぎだと思う。
フォア賞ではシロッコがハリケーンランに勝ったみたいだし、本当どうなるか解らないよ。只最近の天気予想で晴れ予想はプラスだね。それこそ今週のドリームパスポートみたいに大外から勝負根性をだささずにいければ、勝てると思うよ。
 
コメントを投稿する


神戸新聞杯結果

サムソン惜しかった~!
直線で内のソングオブウインドとフサイチリシャールを競り落とした時には勝ったと思ったんですが、
最後の最後で大外から追い込んできたドリームパスポートに差し切られてしまいました。
予想で前の馬よりも後ろから来るドリームの切れが怖いと書いたんですが、やっぱりこの馬の切れは凄かったですね。
それに、高田騎手も大外に持ち出していい乗り方したと思います。
馬体を併せての競馬になればサムソンの方が上だし、サムソンに勝つならこれしかないというような思い切った乗り方でした。

ドリームは今日の結果は良かったんですが、問題は菊花賞で3000mという距離をどうこなすかでしょう。
でも、折り合えれば最後必ず伸びてくる脚は魅力的だし3着以内は堅いかもしれません。

サムソンはスタートが良くてすぐ抑えたんですが、そこから道中かなり掛かってしまったのが痛かった。
この馬は気性はかなりおとなしいしパドックでも落ち着いていたからあんなに掛かってしまったのは予想外だったしサムソンがあんな走りをするのは今までなかったからかなり驚いた。
それに、3,4コーナーあたりでは内にいたフサイチリシャールの手ごたえが抜群で楽に上がっていったのに対して、サムソンはかなり手が動いたからもしかしたら惨敗もありうるかもと一瞬思ってしまいました。
でも、直線ではサムソンらしい勝負根性を見せてくれました。
まだ余力のありそうだったソングオブウインドとリシャールを競り落とした走りはさすがサムソンといった感じでした。

最後ドリームに差されてしまったのは残念でしたが前哨戦としてはいい内容といえるでしょう。
休み明けはあのナリタブライアンでさえ2着に負けたわけだし、この2着は全く問題ありません。
むしろ、馬体重の面からいえばドリームが増減なし、メインがー6キロだったのに対してサムソンは+10キロと増えていたのも良かったし、距離が3000mに伸びる菊花賞では断然サムソンが有利でさらに上澄みも期待できるでしょう。

3着のソングオブウインドは菊花賞でも期待できそうですね。
直線入り口あたりでは鞍上の武幸四郎騎手が後ろを振り返る余裕があって直線の競り合いではサムソンには負けたもののリシャールに先着点は評価できます。
これで8戦して全て3着以内と堅実な走りなのもいいし勝ち負けになるかどうかは難しいですが3着なら十分狙えそうです。

アドマイヤメインはいつものように逃げずに結局7着と、いいところがありませんでした。
レースが審議になったのは直線入り口でこの馬が内のリシャールと外のサムソンにはさまれてしまった事に関してだと思いますが、
もしメインの手ごたえがもっと良ければあそこで挟まれてしまうことはなかったでしょう。
やっぱりこの馬は逃げてこそ持ち味を生かせる馬で今日のような抑えての競馬は合っていません。
武騎手は抑えても勝負できるという判断だったんだろうと思いますが、多分逃げていたら結果は変わってただろうし武騎手としては珍しく大きな騎乗ミスだったと思います。
ただ、逃げなかったこと以外にも休み明けで馬体が-6キロと減っていたのは本番に向けては気になります。
そういえば、追い切りの様子も合わせた相手に大きく遅れていてあまりいいようには見え無かったしもしかしたら夏場の調整が上手くいかなかったのかもしれません。
抑えて惨敗したこのレース結果を見ると菊花賞では逃げることになるのは間違いなさそうですが、評価は多少下げたほうがいいかもしれません。

4着のフサイチリシャールはいい走りだったものの、4コーナーであれだけ手ごたえでがあって一気に突き抜けてもいいような勢いだっただけに4着という結果は物足りません。
やっぱりこの馬にとっては2000mでも多少長いんだと思います。
この走りで菊花賞を狙うのはちょっと無謀でしょう。天皇賞からマイルCSを目指した方が良さそうです。


先週のセントライト記念と合わせて菊花賞へ向けての有力馬を挙げてみると、昨日も書いたとおりレースレベル自体が低いセントライト記念組は期待できないし、そのほかにはこれといった馬はいないのでやっぱり今日の神戸新聞杯の1~3着と逃げてどこまで変わるか気になるアドマイヤメインの4頭くらいですね。

もしかしたら、骨折明けのマルカシェンクがぶっつけで出てくる可能性もありますがやっぱり難しいだろうし、サクラメガワンダーは毎日王冠から天皇賞の予定で、メンバー的には春よりもはるかに楽になる菊花賞はやっぱりサムソンが断然な感じです。

サムソンは皐月賞を勝った時からダービーよりも菊花賞向きだと思っていたし、夏も上手く過ごせて今日のレースの前哨戦としては良かったし3冠の可能性はかなり大きいでしょう。



オールカマーは最後の直線で内からバルク、外からディアデラやスウィフトカレントが伸びてくる中で先に行ったバランスオブゲームが最後よく粘りましたね。
バルクが抑えたのは予想外でしたが、変わりにメジロマントルが行ってくれたおかげでバランスオブゲームは予想で書いたとおり内ラチ沿いの理想的なポジションを取れました。
道中ペースが落ち着いたときに一瞬行きかけたところもありましたが、3,4コーナーあたりでは手堪えも十分で力を出し切れました。
やっぱりこの馬、GⅡまでならホントに強いですね。
それに2歳時の新潟2歳Sを勝ってからもう7歳なのに、今年はこれでGⅡ2勝で宝塚でも3着とまだこれだけの走りを出来るっていうのも凄い!


2着のバルクこの馬には珍しく内ラチ沿いでしっかり折り合っていて最後よく伸びました。
バルクはこの2着はかなり大きいでしょう。
これで天皇賞にも出られるし今日のようなレースが天皇賞でも出来ればチャンスは十分にあります。
3着のディアデラノビアも良い走りだった。この先のローテーションはわかりませんがエリザベス女王杯あたりでも良い走りが出来そう。

スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

ドリームパスポート強かったね。持ち味の瞬発力を生かした競馬出来てたし、中京で差した所も凄くいい材料になるし、でもフジキセキは3000は長いかな
サムソンは3着以内なら菊はいけると書いたけど、そのままいけると思う。道中掛かったけど、やっぱり勝負根性が凄いね。抜かせないと言うか、距離使って伸びる馬だと思っているから、久々は駄目だと思ってた。
ソングオブウインドは確かにいい競馬だったけど、もしメインが次ハナを奪いに行って、競い合ったら共倒れになりそう。
去年のアドマイヤジャパンのようにメインが飛ばしてその後ろを馬なりでついていければ十分勝ち目はあると思う。
バルクは天皇賞有力だと思う。最近は道中にあまりかからなくなってきたし、宝塚は道悪、前走と今回は62キロ、59キロと重ハンデあるから敗因も天皇賞では不安は無くなる。正直かななり有力と思う
ディープは調子良さそう。ピカレスクコートと仏の馬と最終調整で馬なりで2馬身つけたって言うし、いいと思う。
でも、メディアは誇張しすぎ。ヨーロッパ調教馬以外勝ったことないのに何かディープは負けないムードが出すぎてる気する、相手にハリケーンランやシロッコや3歳強豪など揃っているわけだし、そんな大きな期待はしすぎだと思う。
フォア賞ではシロッコがハリケーンランに勝ったみたいだし、本当どうなるか解らないよ。只最近の天気予想で晴れ予想はプラスだね。それこそ今週のドリームパスポートみたいに大外から勝負根性をだささずにいければ、勝てると思うよ。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。