prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


サムソン始動!

神戸新聞杯の中心はダービー上位組。
今年は上がり馬らしい上がり馬もいないし先週のセントライト記念組のレベルも高いとはいえないのでこのレースでの上位がそのまま菊花賞でも中心になりそう。
その中でも本命は当然メイショウサムソン。
ダービー後も放牧に出されず順調に調教をこなして、休み明けながら仕上がりは万全。3冠へ向けて死角なしというところを見せてくれるはず。
内枠を引いたのでメイン、リシャールに先に行かせてラチ沿い4,5番手につける競馬で前は差し切れるでしょう。

怖いのは前よりも後ろから来るドリームパスポートでこの馬を対抗にします。
ダービー後の骨折の影響はそれほど無さそうだし、切れ味なら札幌記念を圧勝したアドマイヤメインと互角以上のものがあります。
鞍上の高田騎手が皐月賞の時のように思い切った競馬が出来れば十分勝ち負けになる。

2番人気のアドマイヤメインは3番手評価。
小回りの中京コースで有利という見方がありますが、跳びの大きいこの馬にとっては小回りよりもむしろ広いコースの方が合いそう。
それに、フサイチリシャールの福永騎手がメインに楽な競馬はさせてくれないはず。
ただ、このレースに限ってはドリームの評価を上にしましたが菊花賞に関していえばメインの方が上でしょう。
ドリームの父のフジキセキ産句はどちらかといえば短~中距離タイプが多く、それにドリーム自身の馬体を見ても3000mでは明らかに長く感じます。
それに対してメインの方は、母の父がヘクタープロテクターというのは気になるものの馬体的には距離の不安は無さそうに見えます。

オールカマーはコスモバルクの取捨が大きなポイント。
前走から斤量が3キロ減った点は有利だし、ここで連対しなければ天皇賞に出られないのでこのレースにかけてくるはずですがあえて切ります。
本命はバランスオブゲーム。コスモバルクに先に行かせてその直後につける、セントライト記念のトーセンシャナオーのような展開に持ち込むのが理想的。
休み明けは走るし中山は得意なコースだからGⅡのここなら十分勝てる。
2番手以下は混戦といった感じでチャンスがありそうな馬が何頭もいるんですが、その中ではスウィフトカレント、ドリームパートナー、エアシェイディの3頭を上げておきます。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。