prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


昨年は1着キャプテントゥーレ、2着タケミカヅチが皐月賞でもワンツーを決めたように来年のクラシック向けても重要なレース。
今年も将来性のありそうな馬が何頭かいますね。

◎トップオブピーコイ
○ホッコータキオン
▲シェーンヴァルト
△アラシヲヨブオトコ、トップカミング

前走野路菊賞勝ちのホッコータキオン、アラシヲヨブオトコ、シェーンヴァルトあたりが人気を集めそうですがここはあえてトップオブピーコイから狙ってみます

◎トップオブピーコイはJRA転厩初戦となった前走カンナSの勝ちっぷりが良かった。
最内枠のスタートから道中ポジションを下げて、3,4コーナーでは外を回して直線大外一気の差し切り。
馬体重+24キロと大幅に増えていたのは成長分か、10キロ程度は絞れても良いかもしれない。
血統的にも距離延長はプラスだと思う。

○ホッコータキオンは前走野路菊賞を逃げてレコード勝ち、前走並みに走ればここでも十分勝ち負け。

▲シェーンヴァルトは未勝利戦を好時計で勝ちあがってその後札幌2歳Sを目指していましたが除外、今回は札幌からの輸送の影響がないかどうか気になるところですが状態さえ良ければ。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。