prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


新潟2歳S&小倉2歳S結果

新潟競馬場は午前中の大雨の影響で芝・ダート共に不良馬場でのレースとなりました。
メインの新潟2歳Sも不良馬場で行なわれましたがあれだけ馬場が悪化してしまうと道悪の巧拙も大きく影響したんじゃないかな。
勝ったセイウンワンダーはスタートで後手を踏んで最後方からの競馬となりましたが直線のいてからは大外の、もう外ラチギリギリあたりまでもち出して一気に伸びてきました。
やっぱりこういう新潟競馬場のような直線の長い競馬場でのレースは見ててもすごく面白いですね。
とくに、開催が進んで馬場が悪化し始めて、直線を向いてから馬群がバラけるようになると、先週の新潟記念もそうでしたが、内外大きく分かれて伸びてくるのでゴールするまで本当にどの馬が勝つか分からないくてさらにテンション上がります。
セイウンワンダーはこの馬場でさらにかなりのコースロスもありながら上がり34,4秒は強力。
現時点での朝日杯FS最有力であるのは間違いないでしょう。

他の人気馬、ガンズオブナヴァロン、ダイワバーガンディ、マッハヴェロシティあたりは皆惨敗と、いいところがなく終わってしまいました。
ただ、今回は馬場の影響も悪化のかも知れないですしまだ見限れないですね。
このレースでの惨敗組には次走での巻き返しに期待します。


小倉2歳Sを制したのは2番人気のデグラーティアでした。
圧倒的1番人気のツルマルジャパンが逃げる展開の中、好スタートから5番手あたりに控えてレースを運び、直線を向いてから逃げるツルマルジャパンとその内のコウエイハートを捕らえての1着。
これでデビューから3連勝、血統的には父フジキセキで母父デヒアなのでマイルがギリギリっぽい感じですが、レースセンスはよいですしこの先も期待できそうです。

3着のツルマルジャパンはマイペースで上手く逃げているように見えたんですが直線を向いてからこれまでのような勢いがなかったところをみると最内枠で馬場の影響もあったのかもしれません。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。