prev05next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

石橋騎手はやりましたね!19年目で一気に花が咲いた感じです。メイショウサムソンは予想通りの競馬だったと思います。内ラチの好位置から外に持ち出して、前の馬を完璧に捕らえれる位置にいたから願っても無い競馬が出来たと思います。
レース後にメインさえ抜ければって言ってたから、やはり手ごたえは良かったのでしょうね。メインは惜しかったですね。
この馬も最高の競馬してたのに。スローの展開で頑張っていたのですが、敗因はやや重という馬場状態と追われる身の立場という不利な状況かなって。ドリームパスポートは、元々皐月賞のように一瞬の瞬発力が凄い馬とは知っていましたが、今回は見事に生きていましたね。内側に入っていれば、もっと優勝争いできたと思いますよ。シェンクはやはり潜在能力は高いですね。内側でもまれてたのを見たときは伸びないと思っていたのですが、2歳時の強さは本物ですね。ペースがもっと早ければっていう所でしょう!
ムーンは武騎手がレース後、「道悪は駄目」っ言ってました。先に言ってください!!(笑)ジャンクはまだまだ伸びると思いますし、とびが大きい馬だから、今回のような馬場では足が取られていたようですね。ジャリスコライトも注目してたのですが、考えてみれば京成杯で凄く格下相手に勝ちはしましたが、全くキレがなかった無かったことを思い出しました。その時は、やや重だったので後になって思い出してもですが・・・。

3着以内全部はやっぱやばすぎでしょ!!!
そんなことは初めて見ましたよ!
やっぱ弟子にしてくださいです(笑)

ちなみに優駿っていう雑誌でたまに見てて、天皇賞の時のディープのラスト1000Mが56、5だったんです。札幌の1000Mのレコードが56,5なんです。2200M走った後にレコードタイムはやばいでしょ・・・。
 

石橋騎手は本当に凄いよね!
ダービーっていったらそれだけで緊張してしまうようなレースで、その上1番人気の馬
に乗ってたのに、平常心でいつどおりサムソンの力を100%出しきってて勝ってしまったんだから。

メインの敗因は単純にサムソンの方が力が上だったからでしょう。
確かに柴田騎手は良馬場の方が良かったとは言っていたけど、良馬場だったらジャンクとかムーンとかの走りは全然違っていただろうし、サムソンだって大きい場体で飛びも大きいから
道悪よりは良馬場のほうがいいはず。
それに、逃げ馬だから追われるのは当然でそれが不利にはならないし、むしろ今回はかなりのスローペースで逃げられたんだからこの馬の力を出し切れたレースだったと思うよ。

シェンクは思い切って宝塚行っても面白いかも。
休み明け3戦目でローテーション的にはちょうどいいし斤量は軽いし。
菊花賞は距離が長そうだから、宝塚使って秋には天皇賞を目指すローテーションもありのような気がするなあ。

ムーンは皐月賞の時もそうだったけどちょっと運に見放されてたところがあったね。
皐月賞もダービーもそれまで見せてた力を100%発揮できないままで終わってしまったし。
それに、武豊騎手も運がなかったね。皐月賞ではジャンクが3着、ダービーではメインが2着でどっちも選ばなかったほうがムーンよりいい成績なんだから。
秋はどうするのかな、ムーンは菊花賞だと距離が長くて天皇賞に行けば、今のところ乗る馬がいないよね
ジャンクは岩田騎手でメインは柴田善臣騎手でそのまま行くだろうし。それとも、メインは武騎手に戻る?

>3着以内全部はやっぱやばすぎでしょ!!!
今回は予想が完璧だったからね~
ギャロップのデータがかなり役立ったよ。
いつもは立ち読みだけど、今回はダービーだから特別に買ってみて本当に良かった!
今回的中したっていうことはこのデータはそのまま来年のダービーでも使えるっていうことだから、まだかなり気が早いけど来年もまた当たるかも(笑
ちなみに、去年のダービーも本命ディープ、対抗インティライミで3番低下ははっきりとは覚えていないけどシックスセンスは抑えてたから2年連続的中してるよ。

ディープはもうすべてが規格外!普通の感覚でディープを見ちゃいけないんだよ。
凱旋門でディープのライバルになりそうなハリケーンランが昨日アイルランドのG1を圧勝したみたいだけど、ディープなら負けるはずないし。
ハリケーンランはその前にキングジョージに出るだろうから、そこでもハーツの最大のライバルになりそうだけど何とかハーツにも勝ってもらいたいよね。

>今は忙しくて描く時間が無くなって描けないのですが、今度描く時にさっそく実践してみます~
あの説明だとちょっとわかりずらいかもしれないんだけど、最初のうちはまず慣れる事が先決だから時間があるときには色々な機能を試したりしながら描いてみてね。
私のあの塗り方っていうのは、ピクシア使い初めて10ヶ月くらいして自分で見つけた塗り方だから、とにかく色々試してみるっていうのが凄い重要だと思うよ。
 
コメントを投稿する


ダービー結果

16.png


今回はもう絵なんてどうでもいいんですが、昨日絵板で描いたのをとりあえず載せていきます。

ssの方は前回はそれほど大きな動きがなかったんですが、今回はこれから先につながりそうな動きがありましたね~
満と薫がこれから何を考えどう動くのか、この先の展開がとても気になります。

このあたりの詳しい事はまた後で書く事にして、今日はダービーのことを書かないわけには行きません。

かなり長くなりそうなんですが、興味のある方は続きからどうぞ。
メイショウサムソンがダービー制覇!
これで2冠達成ですよ!石橋騎手も前走の皐月賞22年目にしてGⅠ初制覇して、一気にダービージョッキーにまでなってしまうんですから本当に凄いでね~

パドックではどの馬も落ち着いていて、サムソンもいい感じでした。
500キロで馬格もあるんですが特に胸板の厚さは凄くて力強さがあります。

馬場状態はやや重。
朝まで降り続いた雨の影響で重から始まり、午後には晴れてやや重まで回復しました。
でも、9レースのむらさき勝ではかなりペースな展開に見えたものの直戦を向いても後方の馬は伸びずに先行馬2頭で決まったように、内側を走る先行勢に有利な馬場でした。

スタートではマルカシェンクが出遅れて後方からのレースになり、
逃げたいアドマイヤメインは多少おっつけ気味でしたが、外のフサイチリシャールがかかっていたのにはちょっとあせりました。
あそこでもし、リシャールの押さえがきかなかったらメインの走りのリズムも変わってレース展開にも大きく影響したでしょう。
でも、1コーナーに入るあたりではリシャールも折り合いがついて、メインの単騎逃げという展開で進み、ペースは馬場状態の影響もあって1000m通過が1分2秒台とかなりのスローでした。
これは完全にメインのペースですね。このペースであれば直線に向いても余力は十分にあります。
サムソンは予想通り、逃げるメインを見る形で内ラチ沿い5,6番手という絶好位でしっかり折り合っていました。
そのほかの人気馬はほとんどが中段から後方待機で、その中でドリームパスポートは後方3,4番手でアドマイヤメインの外という位置。

向こう正面で2番手につけていたヴィクトリーランの故障にはビックリしましたね~
一瞬、先週のオークスのコイウタを思い出しました。
あの時はコイウタが内ラチ沿いを走っていたのでその直後にいたブルーメンブラッドが大きな不利を受けてしまったんですが、ヴィクトリーランはアンカツが上手く外に持ち出して他馬に影響を与えるような事はありませんでした。
ヴィクトリーランは前走のプリンシパルSを勝った時もゴール板を通過後に騎手が下馬するというアクシデントがありました。
あの時には馬体には特に影響がないということで今回ダービーに出走となったわけですが、やっぱり何かそのときの影響があったんでしょうか。
普段の調教などでは力をセーブしていてわからないような違和感のようなものがあったのかもしれません。
馬運車で運ばれているシーンがありましたが、その後どうなったのか気になります。

3,4コーナーあたりからサムソンは外に持ち出して徐々に進出、逃げるメインは1600mの通過が1分40秒とさらにペースを落としました。あのあたりで十分に息が入ったのが最後の粘りにつながったんでしょう。
4コーナーから直線を向くあたりでメインは早めに追い出したんですが、サムソンの方は手ごたえ十分という感じで少しタイミングを遅らせてのスパート。
そして、直線はサムソンとメインの一騎打ちの形となり、残り150mくらいでメインを捕らえてサムソンがそのまま一着でゴールしました。
着差はわずかに首差でしたが、スプリングS や皐月賞で見せたあの並んだら絶対に抜かせない勝負根性がこの馬の最大の持ち味で、それが今回も十分に生かせました。
走破タイムは

これで、2冠達成という事になるんですがこのまま順調に行けば3冠も夢ではないでしょう。
昨年のディープに続いて3冠馬誕生の可能性は十分あります。
サムソンは、ディープとはまったく別のタイプで、勝ち方に派手さはないもののレースセンスはいいですし、展開や馬場に左右されないという強みもあります。
それに、並んだら抜かせない勝負根性は同じオペラハウス産句のテイエムオペラオーとよく似ていて、血統的に見ても距離延長には全く問題ないでしょう。
むしろ、今回のダービーのメンバーの中ではサムソンがもっとも菊花賞に向いているといえます。
この勢いで菊花賞も勝って、有馬記念あたりでディープとの3冠馬同士の対決を見てみたいですね。その頃にはディープは凱旋門を制覇しているでしょうし、かなり盛り上がるレースになる事は間違いありません。

2着のアドマイヤメインもこの馬としてはほぼ完璧なレース運びが出来たように見えます。
レース前には、他馬にマークされてかなり厳しい展開になるといわれていたんですが、実際は1コーナーあたりではすでにペースが落ち着いて
メインにとっては理想的な展開になりました。
前走、青葉賞を好タイムで勝った時に、メインはダービーでも十分に通用すると言ったんですがやっぱりいい走りしましたね。
鞍上の柴田善臣騎手はテン乗りでしたが内側が有利な馬場を生かし、先週のオークスでのアサヒライジングと同じような走りでこの馬の持ち味を十分に生かせました。
馬体的には距離が伸びても問題ないように見えるので、菊花賞へすすんでも有力な一頭になりそうです。

3着のドリームパスポートは2着のメインとは2馬身と離されてしまいましたが、凄く強い走りをしましたね。2馬身っていう着差は枠順と馬場状態の差の影響で、実際の力は上位2頭とほとんど変わらないような感じでした。
スローペースで先行場が有利な展開、その上、上位馬のほとんどが内枠の馬で決まった中で、ドリームは15番枠、道中は後方3,4番手の外目を走りながら34,9という最速の上がりで3着に食い込んだのはこの馬の力でしょう。
馬なりのまま直線を向いて、残り400mあたりではすぐ外にいたサクラメガワンダーの手が激しく動いていたのに対して、鞍上の四位騎手は手ごたえ十分という感じでまだ追い出すのを我慢していました。
あの瞬間はドリームパスポートが一気に全馬を差し切ってしまうのではと思わせるくらいの位の手ごたえ。
テン乗りになる四位騎手はレース前のインタビューで「この馬は一瞬の切れ味がある馬だからそれを行かせる競馬をしたい」
というような事をいっていたんですが、たしかにその通りの走りができましたね。

今日のパドックで感じたんですが、ドリームは馬体的にはこのくらいの距離が限界でしょうね。
多少胴が詰まったような馬体は今回のメンバーの中ではロジックに近いタイプに見えますし、距離が伸びていいという印象は受けません。
ドリームは秋は菊花賞よりも天皇賞へ向かったほうがいいでしょう。
皐月賞の時は内ラチ沿いを我慢して抜け出すという展開で今回は外から追い込む走りと、どこからでも確実に伸びてくる脚は魅力的です。
切れ味自体は3歳の中でもトップクラスですし、ディープやハーツが海外遠征でいないのであれば古馬とも十分に戦えるはずです。

4着のマルカシェンクはスタートで出遅れてしまい後方からのレースになってしまいましたが、スローな展開の中ではあの出遅れは痛かったですね。
道中は後方の内ラチ沿いを走り、直線を向くあたりでは一瞬内がゴチャつく展開になったものの、ドリームと同じくらいの手ごたえで馬群を上手くさばいて最内を伸びてきました。
結果は4着だったんですが、もう少し前目でレースが出来ていれば上位との差はもっと詰まっていたでしょうね。
そういえば、マルカシェンクは元々スタートが良くないみたいでした。今回もその悪い部分が出てしまったみたいです。

5着のロジックはスローな展開と、マイルCを勝った時のように内枠を上手く生かしましたね。
血統的に2400mは明らかに長いので、5着であればロジックにとっては十分だと思います。

その他、アドマイヤムーンは7着、サクラメガワンダーは10着、フサイチジャンクは11着、ジャリスコライトは14着と惨敗。これはやっぱり、枠順と馬場状態、それと展開でしょう。
上位馬はドリームパスポートをのぞいてすべて内枠の馬で、外から追い込んできた馬はやはり伸びませんでした。
アドマイヤムーンはそれに加えて距離の壁があったように感じます。
道中はドリームパスポートと同じ位置でしたし、本来の走りならもっと走っていいはずです。
エンドスウィープ産句で2400mはやっぱり長かったんでしょう。秋には天皇賞を目指した方が良さそうです。
サクラメガワンダーとフサイチジャンクはこの先菊花賞を目指すんでしょうが、フサイチジャンクのほうはまだこの先延びる余地は十分にありますし、秋にはまた頑張ってもらいたいですね。


予想は1~3着まで予想通りの結果でした。
皐月賞の時も6番人気だったメイショウサムソンを本命にして、かなり精度のいい予想が出来たと思っていたんですが今回は、昨日予想ポイントとして上げた3つもすべてあたっていて皐月賞の時を上回るくらいに完璧な予想でしたね。
今週はss16話の感想も書かず、さらに、ギャロップまで買って予想に専念したかいがありました。
ダービーはGⅠのなかでも最も重要なレースだしファンなら絶対に当てたいと思うはずだから、それがこれだけ予想通りに決まると凄い嬉しいですね~
やっぱり、予想にはデータの量はかなり重要です。
今回ポイントとしてあげた”皐月賞組2頭+別路線組1頭”という組み合わせや、青葉賞の走破タイムで取捨を決めることは過去のデータがなければ絶対に解からない事です。

でも、今回の予想で一番大きかったのは予想ポイント③で挙げたきさらぎ賞組という点でしょう。
これまで何度も繰り返してきましたが、今年はやっぱりきさらぎ賞組の力が一歩抜けていました。
きさらぎ勝は名前のとおり2月のレースでしたが、その頃はまだ500下だったアドマイヤメインとマイネルスケルツィが条件戦を圧勝し、その後に重賞制覇。
ディープエアーやグロリアスウィークも次の弥生賞で上位に入りました。
そして、メイショウサムソンとドリームパスポートがスプリングSでⅠ,3着となった時に、きさらぎ賞のレベルの高さを確信して、皐月賞でもサムソンを本命にしたんですがまさかその後、皐月賞だけでなくダービーでもきさらぎ賞組が上位を占めて、その上メイショウサムソンが2冠達成するなんてそのときは全く考えもしませんでした。
この3頭はこれからも活躍してくれそうですし、注目していきたいですね。


それにしても、杉本清のあの予想は今考えてもひどいと思いますね~
168点買いってありえないです、的中してるのに結局マイナスだし(笑
一応競馬の先生として予想しているわけだから、当たってもマイナスになるような馬券なんて買っちゃ駄目ですよね。

それと、今回の予想はうまっちで15連敗中の柴田の予想の隙間を上手くついてたんですよ。
その予想は、3連複で2,9,10,11,15,17、と2,3,6,10,11,17、の組み合わせを各24点買い
だったんですが、2、6、15は上手くそれを避けてたんですよね。
ある意味これを外してたというのも奇跡的なんですが、やっぱりついてない人の予想は避けたほうがいいみたいですね。

来週の安田記念は外国馬が3頭出走してくるようなので予想するのはかなり難しいんですが、柴田善臣騎手がヴィクトリアマイルで4着、オークスで3着、そして今回は2着と一つづつ着順を挙げているので、来週はオレハマッテルゼが一着になる事を期待して、この馬を中心に狙ってみましょう。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

石橋騎手はやりましたね!19年目で一気に花が咲いた感じです。メイショウサムソンは予想通りの競馬だったと思います。内ラチの好位置から外に持ち出して、前の馬を完璧に捕らえれる位置にいたから願っても無い競馬が出来たと思います。
レース後にメインさえ抜ければって言ってたから、やはり手ごたえは良かったのでしょうね。メインは惜しかったですね。
この馬も最高の競馬してたのに。スローの展開で頑張っていたのですが、敗因はやや重という馬場状態と追われる身の立場という不利な状況かなって。ドリームパスポートは、元々皐月賞のように一瞬の瞬発力が凄い馬とは知っていましたが、今回は見事に生きていましたね。内側に入っていれば、もっと優勝争いできたと思いますよ。シェンクはやはり潜在能力は高いですね。内側でもまれてたのを見たときは伸びないと思っていたのですが、2歳時の強さは本物ですね。ペースがもっと早ければっていう所でしょう!
ムーンは武騎手がレース後、「道悪は駄目」っ言ってました。先に言ってください!!(笑)ジャンクはまだまだ伸びると思いますし、とびが大きい馬だから、今回のような馬場では足が取られていたようですね。ジャリスコライトも注目してたのですが、考えてみれば京成杯で凄く格下相手に勝ちはしましたが、全くキレがなかった無かったことを思い出しました。その時は、やや重だったので後になって思い出してもですが・・・。

3着以内全部はやっぱやばすぎでしょ!!!
そんなことは初めて見ましたよ!
やっぱ弟子にしてくださいです(笑)

ちなみに優駿っていう雑誌でたまに見てて、天皇賞の時のディープのラスト1000Mが56、5だったんです。札幌の1000Mのレコードが56,5なんです。2200M走った後にレコードタイムはやばいでしょ・・・。
 

石橋騎手は本当に凄いよね!
ダービーっていったらそれだけで緊張してしまうようなレースで、その上1番人気の馬
に乗ってたのに、平常心でいつどおりサムソンの力を100%出しきってて勝ってしまったんだから。

メインの敗因は単純にサムソンの方が力が上だったからでしょう。
確かに柴田騎手は良馬場の方が良かったとは言っていたけど、良馬場だったらジャンクとかムーンとかの走りは全然違っていただろうし、サムソンだって大きい場体で飛びも大きいから
道悪よりは良馬場のほうがいいはず。
それに、逃げ馬だから追われるのは当然でそれが不利にはならないし、むしろ今回はかなりのスローペースで逃げられたんだからこの馬の力を出し切れたレースだったと思うよ。

シェンクは思い切って宝塚行っても面白いかも。
休み明け3戦目でローテーション的にはちょうどいいし斤量は軽いし。
菊花賞は距離が長そうだから、宝塚使って秋には天皇賞を目指すローテーションもありのような気がするなあ。

ムーンは皐月賞の時もそうだったけどちょっと運に見放されてたところがあったね。
皐月賞もダービーもそれまで見せてた力を100%発揮できないままで終わってしまったし。
それに、武豊騎手も運がなかったね。皐月賞ではジャンクが3着、ダービーではメインが2着でどっちも選ばなかったほうがムーンよりいい成績なんだから。
秋はどうするのかな、ムーンは菊花賞だと距離が長くて天皇賞に行けば、今のところ乗る馬がいないよね
ジャンクは岩田騎手でメインは柴田善臣騎手でそのまま行くだろうし。それとも、メインは武騎手に戻る?

>3着以内全部はやっぱやばすぎでしょ!!!
今回は予想が完璧だったからね~
ギャロップのデータがかなり役立ったよ。
いつもは立ち読みだけど、今回はダービーだから特別に買ってみて本当に良かった!
今回的中したっていうことはこのデータはそのまま来年のダービーでも使えるっていうことだから、まだかなり気が早いけど来年もまた当たるかも(笑
ちなみに、去年のダービーも本命ディープ、対抗インティライミで3番低下ははっきりとは覚えていないけどシックスセンスは抑えてたから2年連続的中してるよ。

ディープはもうすべてが規格外!普通の感覚でディープを見ちゃいけないんだよ。
凱旋門でディープのライバルになりそうなハリケーンランが昨日アイルランドのG1を圧勝したみたいだけど、ディープなら負けるはずないし。
ハリケーンランはその前にキングジョージに出るだろうから、そこでもハーツの最大のライバルになりそうだけど何とかハーツにも勝ってもらいたいよね。

>今は忙しくて描く時間が無くなって描けないのですが、今度描く時にさっそく実践してみます~
あの説明だとちょっとわかりずらいかもしれないんだけど、最初のうちはまず慣れる事が先決だから時間があるときには色々な機能を試したりしながら描いてみてね。
私のあの塗り方っていうのは、ピクシア使い初めて10ヶ月くらいして自分で見つけた塗り方だから、とにかく色々試してみるっていうのが凄い重要だと思うよ。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。