prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

ギリだから今は予想だけ


◎コイウタ
○テイエムプリキュア
▲アドマイヤキッス
△アサヒライジング、ブルーメンブラット

◎アドマイヤキッス
○カワカミプリンセス
▲ブルーメンブラット
△コイウタ、アクロスザヘイブン

見終わって・・・
コイウタ~(泣
それで全ての運が無くなった・・
デビルの杉本3連単当ててるし・・・かなり病みます。
今日はおやすみなさい(ぉい
 

カワカミプリンセス無敗でオークス制覇!
この馬は前走がスイートピーSだったので切ったんですけど、そういえば皐月賞の時フサイチジャンクに,無敗っていうのはそれだけで大きな可能性を秘めてるって自分で言ってたの忘れてました。
道中折り合いもしっかり付いていたし距離的にも問題無さそうだったし、この馬は秋にも活躍が期待できそうですね。

2着のフサイチパンドラは道中はラチ沿いを走り、4コーナーあたりで外へ持ち出して2馬身くらい前のカワカミプリンセスを追いかけていったんですが、最後はもう一歩足りませんでした。
でも、心配していた折り合いもしっかり付いてテン乗りの福永騎手も上手く乗りましたね。
それに、馬体重が+12キロと増えていたのも良かったみたいですね。
ここ2戦は480キロ前半で馬体重が減っていてカリカリする部分があって折り合いを欠いていたのかもしれません。
折り合いが付けばこの馬に力があるのはわかっているのでこの結果にも納得が出来ます。

3着のアサヒライジングはヤマニンファビュルが大逃げをしてくれたおかげで競り合うことなく2番手集団の先頭をマイペースでいけたのが大きかったですね。
直線入り口でヤマニンファビュルを捕らえてよく粘ったんですが最後はフサイチパンドラに差されてしまいました。
でも、この馬としてはベストのレースだったでしょう。
上位の馬が先行馬で占められていたから2番手以下のペースはスローかと思ってたんですが、2’26’2っていう勝ちタイムは
オークスレコードと0,1秒差だからかなりのハイペースだったようです。

4着のアドマイヤキッスと6着のキストゥヘヴンはよく追い込んできたんですけど展開が向きませんでしたね。
先行して粘ったアサヒライジングと7着のシェルズレイの上がりは36秒台でしたが、人気の2頭を含めてほとんどの馬の上がりが35秒台とよどみのないペースでどの馬の脚を使わせられてしまったのかも。
だから前にいたカワカミプリンセスやフサイチパンドラには届かなかったんでしょう。

本命に押したニシノフジムスメは直線入り口あたりではフサイチパンドラとほぼ同じような位置にいたんですが、最後の伸びが足りませんでした。

テイエムプリキュアはいいところがなかったですね。
相変わらずスタートは悪いし道中2コーナーあたりでは少し行きたがっている面も見られました。4コーナーあたりで早くも手が動き始めたんですがここでもいつも通りに伸びず11着。
この結果をみると、秋にはやっぱりダートに路線変更をした方がいいかも。

コイウタの競争中止にはビックリしましたね。
向こう上面あたりではフサイチパンドラの真後ろにつけていて位置的にも絶好だっただけに、競争中止になってしまったのは残念でした。
でも、馬体には特別大きな怪我などが見られないということには安心しました。横山騎手が何か違和感を感じて競争を中止したようです。
そういえば、ダービートライアルのプリンシパルSを勝ったヴィクトリーランは、ゴールした後に海老名騎手が下馬してしまい心配したんですが、大きな影響はなく来週のダービーにも出走するようですし、コイウタにも問題がなければいいですね。

そのコイウタの真後ろにいたブルーメンブラッドは運が悪かった。
下がってきたコイウタを避けるために手綱を大きく引いてしまったのはかなりのロスになってしまいました。
ブルーメンブラッドの外にはテイエムプリキュアとアドマイヤキッスがいたんですがこの2頭には大きな影響は無さそうでした。

来週はいよいよダービー!
オークスは1,2番人気が敗れて荒れてしまったんですが、ダービーもかなりの混戦模様ですし荒れそうですね。
今のところ一番人気がどの馬になるかもよく解かりません。
もしかしたら、フサイチジャンクあたりが一番人気になるかも。メイショウサムソンは2,3番人気。
皐月賞組とトライアル組みのどちらを上に見るかもポイントになりそう。
 
コメントを投稿する


1.31sakimai.jpg


本当はこれ昨日更新する予定だったんですけど、なぜか昨日はFC2が凄い重くて時間がかかりすぎるから諦めたんですよ。
それで、今日は午前中ちょっと出かけていてこの時間に更新する事になったんです。
内容的にはちょっと修正したいところもあるんですが、そのまま載せることにしておきます。

・15話感想続き
満と薫の目的はどうやらプリキュアの力の秘密を探る事にあるようです。
それで満と薫はドロドロンを引きとめ
「ソフトボールをしたり絵を描いているときあの子達から何か強い力を感じるわ。あの力がプリキュアに変身した時の力につながっているみたい」
「つまり、あの力を断ってしまえば…」
「プリキュアの力も弱くなる…かもね」
といいました。
ドロドロンはその言葉に従ってちびウザイナーをグローブに取り付かせるという作戦を取るわけですが結局は失敗。
ドロドロンがもう少し頭がよければ、今度は母のグローブにウザイナーを取り付かせるという事も考えたんでしょうけど。
前回の感想でドロドロンはそれほど強くないといいましたが、今回満と薫にも「弱い」といわれていましたね。


満と薫が歩道橋でたたずんでいるシーンで
「まだまだ私たちの知らない力がありそう」
「プリキュアの力をもっと調べる必要がありそう」
といっていたように、この先もドロドロンは、今回のように満と薫の仮説を実証するための道具として扱われそう。

それでは、満と薫が知らないというプリキュアの力とはなんなのか。
それはたぶん、家族や友達の存在でしょう。家族や友達を大切に思う気持ちがプリキュアの大きな力となっていることは、プリキュアの視聴者であれば誰でも解かる事だと思います。
たとえピンチになってしまったときでも、その気持ちが大きな力を生みだして敵を倒すシーンは今までなんども出てきました。

問題は、満と薫がそのことを知ったときにどのような行動をとるかですね。
14話を観ればわかるようにダークフォール側の満と薫には人間であるクラスメイトの言動が全く理解できずにいました。

14話の最後シーンでドロドロンに「私たちプリキュアと友達になったの」といっていましたが、「友達」という意味も解かっていないでしょう。
だから、この先もし友達や家族の存在がプリキュアの力となっている事に気づいたとしても、それが何故なのか理解するには時間がかかると思うし、理解できない可能性もあります。
家族や友達を大切に思う気持ちを理解するという事は人の心を理解するという事ですから。

でも、もしそれを理解できる時がくるとしたら、満と薫はもう一つ重要な事に気付くはずです。
それは、家族や友達を大切に思う気持ちは咲舞にだけあるのもではなく、他のクラスメイトを含め全ての人が持っているものだということに。
だから、もしかしたら14話のように仁美とか優子とか、咲舞ではない他のクラスメイトが鍵を握っているのかもしれません。


・オークス予想

いよいよ明日はオークス!
昨年はオークスとダービー2連続で的中させたので、今年も何とか当てたいですね~
でも、今年は予想とは別にテイエムプリキュアがどんなレースをしてくれるのかも凄い楽しみ!
オークスが終わればまた秋まで休養でみられなくなるからなんとかいいレースをしてもらいたいです。

でも、明日は天気が良さそうなのはテイエムプリキュアにとってはちょっと運がなかったですね。
今週はずっと天気が悪くて明日も馬場状態はあまり良くないと思ってたのに、明日は一日中晴れるみたいなので良馬場でのレースになるでしょう。
前走のフローラSの結果を見てもかなり厳しいレースになりそうだから、少しでも勝つ可能性を上げるためにも道悪になってほしかったですね。

テイエムプリキュアは今回チークピーシーズをつけるようですけど、これってどの程度の効果があるものなんでしょうか。
っていうか、そもそもチークピーシーズ自体名前は知っていたもののどのようなものなのか良く知らなかったので調べてみました。
正式名シープスキンチークピーシーズ、別名オーストラリアンブリンカーと呼ばれていてシャドーロールと同じ材質のもので作られており、
ブリンカーと同じように350度あるといわれている馬の視野を180度程度に狭めて集中力を高めるために使われるもののようです。
たしかに、テイエムプリキュアはここ二戦ゲートの出が悪いしレースに集中できていないところが見られます。
だから、陣営としては力を出し切っての敗戦だとは考えていないんでしょう。それで、チークピーシーズで集中させようという事のようです。
実際の効果がどの程度あるかわかりませんが、スタートは互角に出てほしいですね。
それで道中は中段待機、直線では切れる足はないですがバテる馬ではないので早めのスパートをして、どこまで粘れるかが勝負。
まあ、結果はどうあれ何とか見せ場を作ってくれる事を期待しましょう。


以前から、今年の春G1の中ではオークスが一番固く決まるだろうと考えていました。桜花賞上位組はハイレベルですし、それに比べてトライアル組はやっぱり見劣りします。
ですが、ここであえて別路線組の一頭を本命にしてみました。

◎ニシノフジムスメ
○アドマイヤキッス
▲コイウタ
△キストゥヘヴン、テイエムプリキュア

本命は6番人気のニシノフジムスメ。
別路線組の中ではこの馬が抜けています。
この馬は休み明けのチューリップ賞では6着と敗れてしまい桜花賞の出走を逃してしまったものの、同日の忘れな草賞で一着。
実は、この忘れな草賞は結構いいメンバーがそろってたんですよね。
2着のブルーメンブラッドは前走矢車賞を6馬身差の圧勝しオークスにも出走してきました。同レース2着のワイキューブは今日のガーベラ賞を一番人気で勝っています。
3着のヤマニンファビュエルはスイートピーSを2着で、4着のパーフェクトジョイが同レース3着。さらに、5着のヤマトマリオンはGⅡのフローラSを制覇しました。
ニシノフジムスメはこれらのメンバーを相手に楽勝したわけですし、休み明け3戦目というローテーションも理想的です。それに、調教の動きもかなり良かったです。
東京は未経験ですが左回りの新潟で3戦2連対、それに、連対を外した一戦も1着で入線したものの進路妨害で6着に降着となってしまったからで実質的にはパーフェクトですし、府中も合っているはず。

対抗はアドマイヤキッス。
この馬は元々桜花賞よりもオークス向きだと思っていたし、鞍上も調子の良い武騎手ということで期待できます。
それに、この馬も今回が休み明け3戦目でローテーションがいいですね。

3番手はコイウタ。
この馬は、距離的にはちょっと不安があるものの府中が得意だという点に期待したいです。それに、横山騎手にも何とか頑張ってもらいたいでという期待もこめて3番手評価にしました。

4番手に桜花賞馬のキストゥヘヴン。
この馬は6戦して今だ連を外していないし、フラワーカップと桜花賞で見せた切れはこのメンバーの中でもトップだと思います。
ですが、少しローテーションが気になります。年明けですでに5戦消化していますし、他のメンバーと比べても上積みはそれほど期待できそうにありません。

テイエムプリキュアは心情的には本命に押したいんですが、冷静に判断すれば流石に厳しいでしょう。
それでも、出走するからには期待をこめて押さえておきます。

そのほかで気になるのは、フサイチパンドラ、シークレットコード、カワカミプリンセス、アサヒライジング。
その中でも、3戦無敗のカワカミプリンセスは注目したいんですが、過去スイートピーSからのオークス連対馬がいないという点で切る事にしました。
阪神JF2着以来のシークレットコードは一度でもレースを使えていれば評価は変わったかもしれないんですが、いきなりではやっぱり難しそう。

スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

ギリだから今は予想だけ


◎コイウタ
○テイエムプリキュア
▲アドマイヤキッス
△アサヒライジング、ブルーメンブラット

◎アドマイヤキッス
○カワカミプリンセス
▲ブルーメンブラット
△コイウタ、アクロスザヘイブン

見終わって・・・
コイウタ~(泣
それで全ての運が無くなった・・
デビルの杉本3連単当ててるし・・・かなり病みます。
今日はおやすみなさい(ぉい
 

カワカミプリンセス無敗でオークス制覇!
この馬は前走がスイートピーSだったので切ったんですけど、そういえば皐月賞の時フサイチジャンクに,無敗っていうのはそれだけで大きな可能性を秘めてるって自分で言ってたの忘れてました。
道中折り合いもしっかり付いていたし距離的にも問題無さそうだったし、この馬は秋にも活躍が期待できそうですね。

2着のフサイチパンドラは道中はラチ沿いを走り、4コーナーあたりで外へ持ち出して2馬身くらい前のカワカミプリンセスを追いかけていったんですが、最後はもう一歩足りませんでした。
でも、心配していた折り合いもしっかり付いてテン乗りの福永騎手も上手く乗りましたね。
それに、馬体重が+12キロと増えていたのも良かったみたいですね。
ここ2戦は480キロ前半で馬体重が減っていてカリカリする部分があって折り合いを欠いていたのかもしれません。
折り合いが付けばこの馬に力があるのはわかっているのでこの結果にも納得が出来ます。

3着のアサヒライジングはヤマニンファビュルが大逃げをしてくれたおかげで競り合うことなく2番手集団の先頭をマイペースでいけたのが大きかったですね。
直線入り口でヤマニンファビュルを捕らえてよく粘ったんですが最後はフサイチパンドラに差されてしまいました。
でも、この馬としてはベストのレースだったでしょう。
上位の馬が先行馬で占められていたから2番手以下のペースはスローかと思ってたんですが、2’26’2っていう勝ちタイムは
オークスレコードと0,1秒差だからかなりのハイペースだったようです。

4着のアドマイヤキッスと6着のキストゥヘヴンはよく追い込んできたんですけど展開が向きませんでしたね。
先行して粘ったアサヒライジングと7着のシェルズレイの上がりは36秒台でしたが、人気の2頭を含めてほとんどの馬の上がりが35秒台とよどみのないペースでどの馬の脚を使わせられてしまったのかも。
だから前にいたカワカミプリンセスやフサイチパンドラには届かなかったんでしょう。

本命に押したニシノフジムスメは直線入り口あたりではフサイチパンドラとほぼ同じような位置にいたんですが、最後の伸びが足りませんでした。

テイエムプリキュアはいいところがなかったですね。
相変わらずスタートは悪いし道中2コーナーあたりでは少し行きたがっている面も見られました。4コーナーあたりで早くも手が動き始めたんですがここでもいつも通りに伸びず11着。
この結果をみると、秋にはやっぱりダートに路線変更をした方がいいかも。

コイウタの競争中止にはビックリしましたね。
向こう上面あたりではフサイチパンドラの真後ろにつけていて位置的にも絶好だっただけに、競争中止になってしまったのは残念でした。
でも、馬体には特別大きな怪我などが見られないということには安心しました。横山騎手が何か違和感を感じて競争を中止したようです。
そういえば、ダービートライアルのプリンシパルSを勝ったヴィクトリーランは、ゴールした後に海老名騎手が下馬してしまい心配したんですが、大きな影響はなく来週のダービーにも出走するようですし、コイウタにも問題がなければいいですね。

そのコイウタの真後ろにいたブルーメンブラッドは運が悪かった。
下がってきたコイウタを避けるために手綱を大きく引いてしまったのはかなりのロスになってしまいました。
ブルーメンブラッドの外にはテイエムプリキュアとアドマイヤキッスがいたんですがこの2頭には大きな影響は無さそうでした。

来週はいよいよダービー!
オークスは1,2番人気が敗れて荒れてしまったんですが、ダービーもかなりの混戦模様ですし荒れそうですね。
今のところ一番人気がどの馬になるかもよく解かりません。
もしかしたら、フサイチジャンクあたりが一番人気になるかも。メイショウサムソンは2,3番人気。
皐月賞組とトライアル組みのどちらを上に見るかもポイントになりそう。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。