prev09next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

ビクトリアカップ予想

このレースは今年が第一回ということで過去のデータがないので予想もなかなか難しそうですね。。
過去のデータがあれば、枠順や脚質の有利不利、ズテップレース、レース展開など、ある程度の傾向がわかりますし予想にも役立つんですが、今回はそれが全くなし。

人気的には、ラインクラフト、ダンスインザムード、エアメサイアの三強対決という形になっていますが、枠順、馬場状態などがレースに大きく影響しそうです。
それに、他馬もいいメンバーがそろったし人気通りに決まるとはちょっと考えられないですね。

今回のポイントとなりそうな枠順と馬場状態、それとレースの展開についてふれてみます。

1、枠順
このレースの枠順を最初に見たときには凄い面白くなったって思いましたね。
3強が先週のNHKマイルCと同じく1,6,18番枠で、その上、ロジックが勝った6番に福永騎手のラインクラフト、6着に負けたフサイチリシャールと同じ大外18番に武豊騎手のエアメサイアっていう枠順なんて普通ありえないですよね。

過去のデータが無い分、同コース,同距離のNHKマイルCの結果を考慮すれば、ラインクラフトが1着でダンスとエアが惨敗ということも十分にありえます。

一番レースをしやすそうなのはやっぱり10番前後でしょう。
ヤマニンシュクルとディアデラノビアはいい枠に入りました。


2、馬場状態
今回は馬場状態もレースに大きく影響しそうですね。
雨は明日の朝にはやむという予報ですが、その後も晴れそうに無く、馬場状態は回復してもやや重くらいまでになりそうです。
今日の京王杯SCはやや重でしたが、勝ちタイム1.21.8は平年よりも1秒近くかかっていますし、明日のレースも時計はかなりかかるでしょう。
予想は34秒台。
このタイムだったらどの馬にも勝つチャンスはあります。

3、展開
今回はどうしても逃げたいっていう馬が一頭もいないのでペースとしてはかなり落ち着きそうです。
先行馬の中で行きそうなのはマイネサマンサくらいですね。
前走の京都牝馬Sは逃げて勝っていますし、2番枠というのもマイルCで2着に逃げねばったファイングレインと同じですし、内ラチ沿いの経済コースを通ってそのまま逃げねばることも十分にありえます。
今日の京王杯SCを勝ったオレハマッテルゼも逃げて圧勝しましたし、マイネサマンサにもチャンスはあります。

ラインクラフトも早めの競馬だと思いますが、他馬がけん制するようならば思い切って逃げても、この馬なら力で押し切る事もありえます。

最内枠のダンスは道悪で内が悪くなっても外に出せそうに無いですし、かなり厳しいレースになりそう。
それなら、大外のエアメサイアの方がレースはしやすいでしょう。
マイルCのリシャール同様大外は有利ではないものの、鞍上は武豊騎手ですし、馬場がいいところを走れると考えれば力は出せると思います。

以上から、結論は以下のとおり。
◎ラインクラフト
○マイネサマンサ
▲ヤマニンシュクル
△エアメサイア、ディアデラノビア

本命はラインクラフト
やっぱり、牝馬限定でマイルという距離ならば、この馬に勝てる相手はいないでしょう。
前走、阪神牝馬Sで2着のエアにつけた着差は決定的ですし、3強とはいうものの、この馬が一歩抜けているとおもいます。
それに、枠順もいいですし。

対抗は穴狙いでマイネサマンサ
今回はこの馬のペースでレースが運べそうですし、力は3強には劣るものの、ラインクラフトの2着なら十分にありえます。
鞍上は公営の川崎所属の森下博騎手。
この方の名前は今回始めて知ったのでどのような騎手かわからないんですが、今年は中央で24戦して2着と3着がそれぞれ1回づつでまだ勝ち星は無いようです。
でも、今年の皐月賞では同じく未勝利だった高田騎手のドリームパスポートが2着にはいったし、そのあたりは特に問題は無いでしょう。

3番手はヤマニンシュクル
この馬は屈腱炎で長期休養してたんですが、昨年のエリザベス女王杯で復帰して以降調子は上がっています。
今までG1を5戦して1~5着をそれぞれ一回っていう成績で、2歳時には阪神JFを勝った馬ですからここでも期待できそうです。

エアメサイアは、この馬の能力と鞍上の力は認めるんですが、大外っていうのはやっぱり気になります。
ディアデラノビアはここ1年勝ち星が無いものの昨年のオークス骨折してしまって、やっと最近調子を取り戻したというところ。
それに、この馬には直線の長い東京の方があっていますしチャンスはありそうです。

人気馬の中ではダンスはやっぱり狙いづらいですね。
馬場が悪化して、さらに内側が傷むということになれば、最内枠のダンスはうちにて包まれて外に出せそうに無いですし。
天皇賞、マイルCSで牡馬相手に好走しているので、力があるのは認めます。
ですが、ダンスは東京で6戦していちども勝っていないし、3歳時桜花賞以降2年以上勝ち星がないのも気になります。
という事で思い切ってきる事にしました。

他の中ではアグネスラズベリとヤマニンアラバスタは気になりますね。
アグネスラズベリは4連勝中で、前走の勝ちタイムもかなり早いですし、1600mで勝ち星がないには気になるもののチャンスはあると思っていました。
でも、道悪で同じような脚が使えるかどうか考えると、やっぱり疑問が残るので、そのあたりを考慮して切る事にしました。
このレースよりも、秋のスプリンターズSあたりに出てくれば、そのときには期待したいですね。

ヤマニンアラバスタは左回りが得意で府中は合うんですが、1600では少し距離が短いような気がします。


以上が今回の予想ですが、今回はこれが最終決定ではなくって、うるぐすとうまっちを見てから最終的に決定することにします。
やっぱり、あたらない人の予想は避けたほうが良さそうなので(笑
 

予想
兄(兄では無いけど)
◎ラインクラフト!
○ダンスインザムード!
▲コスモマーベラス
△ヤマニンアラバスタ

◎ラインクラフト
○ヤマニンシュクル
▲デアリングハート
△ダンスインザムード・チアフルスマイル

ラインクラフトはやっぱり実績と調子とかスピード面においても子のメンバーでは1番と言っていい実力を持っているので、本命は外せませんね。少し心配なのは、今無いかもしれないけど、昔あった掛かり癖。だから最近は短距離に路線を変更していたけど、でも今ならもう大人になったし克服できてると思います。
ダンスインザムードは、内で先行できるとはやはり大きいかなと。
2年連続天皇賞秋を好走したのもやはり内からの先行策だし、中々捕まらないと思います。でもやっぱりパドックを見ないと少し不安ですね。
でも一応押して見ます
コスモマーベラスは正直硬くなりそうなので、思い切って押してみました。東京コースの実績はそんなに多くはないし、重賞も勝ってないけど人気が落ちた時にそこそこ走るので、今回のレースがもし荒れるならこの馬かなと思いましたです。
ヤマニンアラバスタはなんといっても、父がゴールデンフェザントの強みがありますね。一応1800勝ったので、1600も大丈夫かな?!と思いますし、5勝全てが全て左回りって言うのも父から受け継いでいる才能だとは思います。
本当は▲かも知れないですが、あえてここで。あと雨が降っても強いから押してみました。
弟は、ヤマニンシュクル押してます。弟曰く2歳チャンピオン頃の強さが戻ってきたらしいです。でも私は、密かに微妙だと・・・
理由が、うるぐすの杉本の本命がこの馬で、更にサタウマと言う番組で67連敗しているシャンプーハットの小出水がこの馬を本命にしていたので、ひゃっほー(意味不 さようならしました。
でも2人は本命が当って、対抗馬が当らないから、もしかしたら来るかもしれないですね。
来なかったら魔力です。
 

ヴィクトリアカップ予想2

予想の決定稿は以下の通り
◎ラインクラフト
○ディアデラノビア
▲マイネサマンサ
△アグネスラズベリ、ロフティーエイム

昨日の予想からヤマニンシュクルとエアメサイアを切り、アグネスラズベリとロフティーエイムを加えました。
ラインクラフトが本命なのは変わらないとして、テレビの予想と被らないようにするには
ヤマニンシュクルとエアメサイアの2頭を思い切って切るしかないんですよね。
それで、代わりに加えたのが4連勝で勢いのあるアグネスラズベリと、前走ハンデに恵まれた部分はあるものの福島牝馬sを勝ったロフティーエイムの2頭。

マイネサマンサは評価を下げたんですが、この馬は10日くらい前に帰厩してきたばかりらしいですね。
昨日はそれを知らなくって対抗に押したんですが、さすがに10日程度で仕上げるのは難しいでしょう。
せめて1月くらい乗り込むか1戦使ってから本番っていうローテーションであれば良かったんですけど。
それでもこのレースは荒れそうな雰囲気はありますし、この馬が思い切った競馬をしてくれることを期待して3番手評価にしました。


>コスモマーベラスは正直硬くなりそうなので、思い切って押してみました
この馬って17番人気くらいだよね!?
この馬がもしきたら相当荒れる結果になるだろうけど、さすがに、こういう馬は狙いずらいなあ。
マイルの持ちタイムもマイル未経験のロフティーエイムを除いた
メンバーの中では一番遅いし。
まあ、時計勝負のレースにはならないだろうから持ちタイムはあまり関係が無いんだけど、
それでもG1だとやっぱりちょっと厳しいかも。

ヤマニンシュクルは杉本清の本命にされた時点で切るべきでしょう(笑
たしか、ヤマニンシュクルを軸に人気上位の馬の3連単マルチで90点買いで、ヤマニンシュクルが3着以内に入ればほとんどあたるっていう予想だったような。

それと、前のコメントのレス返しは後でするね。
 
コメントを投稿する


420-1.jpg

またもラフですが、最近ほんとに描いてないんですよ。
もっとちゃんと描きたいとは思ってるんですが、なかなかかけないんです。


そういえば、昨日ビジュアルファンブックが発売されましたね。
明日買いに行く予定なのでまだ観ていないんですが、何かちょっとした問題というか、問題になりそうな事があったみたいです。
詳しくはわからないので何ともいえないんですが、どういった意図での起用だったんでしょうね。
その方のことは全く知らないんですが気になります。

明日のssは3話以来のソフトの話で咲がスランプになるようですね。
それに、母の日という事もあってか、母も何か絡んでくるようです。
実は、ssの中で今まで凄く気になってた事があったんですが、それが明日の放送ではっきりしそうなので、次回はそのことにも触れてみようと思っています。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

ビクトリアカップ予想

このレースは今年が第一回ということで過去のデータがないので予想もなかなか難しそうですね。。
過去のデータがあれば、枠順や脚質の有利不利、ズテップレース、レース展開など、ある程度の傾向がわかりますし予想にも役立つんですが、今回はそれが全くなし。

人気的には、ラインクラフト、ダンスインザムード、エアメサイアの三強対決という形になっていますが、枠順、馬場状態などがレースに大きく影響しそうです。
それに、他馬もいいメンバーがそろったし人気通りに決まるとはちょっと考えられないですね。

今回のポイントとなりそうな枠順と馬場状態、それとレースの展開についてふれてみます。

1、枠順
このレースの枠順を最初に見たときには凄い面白くなったって思いましたね。
3強が先週のNHKマイルCと同じく1,6,18番枠で、その上、ロジックが勝った6番に福永騎手のラインクラフト、6着に負けたフサイチリシャールと同じ大外18番に武豊騎手のエアメサイアっていう枠順なんて普通ありえないですよね。

過去のデータが無い分、同コース,同距離のNHKマイルCの結果を考慮すれば、ラインクラフトが1着でダンスとエアが惨敗ということも十分にありえます。

一番レースをしやすそうなのはやっぱり10番前後でしょう。
ヤマニンシュクルとディアデラノビアはいい枠に入りました。


2、馬場状態
今回は馬場状態もレースに大きく影響しそうですね。
雨は明日の朝にはやむという予報ですが、その後も晴れそうに無く、馬場状態は回復してもやや重くらいまでになりそうです。
今日の京王杯SCはやや重でしたが、勝ちタイム1.21.8は平年よりも1秒近くかかっていますし、明日のレースも時計はかなりかかるでしょう。
予想は34秒台。
このタイムだったらどの馬にも勝つチャンスはあります。

3、展開
今回はどうしても逃げたいっていう馬が一頭もいないのでペースとしてはかなり落ち着きそうです。
先行馬の中で行きそうなのはマイネサマンサくらいですね。
前走の京都牝馬Sは逃げて勝っていますし、2番枠というのもマイルCで2着に逃げねばったファイングレインと同じですし、内ラチ沿いの経済コースを通ってそのまま逃げねばることも十分にありえます。
今日の京王杯SCを勝ったオレハマッテルゼも逃げて圧勝しましたし、マイネサマンサにもチャンスはあります。

ラインクラフトも早めの競馬だと思いますが、他馬がけん制するようならば思い切って逃げても、この馬なら力で押し切る事もありえます。

最内枠のダンスは道悪で内が悪くなっても外に出せそうに無いですし、かなり厳しいレースになりそう。
それなら、大外のエアメサイアの方がレースはしやすいでしょう。
マイルCのリシャール同様大外は有利ではないものの、鞍上は武豊騎手ですし、馬場がいいところを走れると考えれば力は出せると思います。

以上から、結論は以下のとおり。
◎ラインクラフト
○マイネサマンサ
▲ヤマニンシュクル
△エアメサイア、ディアデラノビア

本命はラインクラフト
やっぱり、牝馬限定でマイルという距離ならば、この馬に勝てる相手はいないでしょう。
前走、阪神牝馬Sで2着のエアにつけた着差は決定的ですし、3強とはいうものの、この馬が一歩抜けているとおもいます。
それに、枠順もいいですし。

対抗は穴狙いでマイネサマンサ
今回はこの馬のペースでレースが運べそうですし、力は3強には劣るものの、ラインクラフトの2着なら十分にありえます。
鞍上は公営の川崎所属の森下博騎手。
この方の名前は今回始めて知ったのでどのような騎手かわからないんですが、今年は中央で24戦して2着と3着がそれぞれ1回づつでまだ勝ち星は無いようです。
でも、今年の皐月賞では同じく未勝利だった高田騎手のドリームパスポートが2着にはいったし、そのあたりは特に問題は無いでしょう。

3番手はヤマニンシュクル
この馬は屈腱炎で長期休養してたんですが、昨年のエリザベス女王杯で復帰して以降調子は上がっています。
今までG1を5戦して1~5着をそれぞれ一回っていう成績で、2歳時には阪神JFを勝った馬ですからここでも期待できそうです。

エアメサイアは、この馬の能力と鞍上の力は認めるんですが、大外っていうのはやっぱり気になります。
ディアデラノビアはここ1年勝ち星が無いものの昨年のオークス骨折してしまって、やっと最近調子を取り戻したというところ。
それに、この馬には直線の長い東京の方があっていますしチャンスはありそうです。

人気馬の中ではダンスはやっぱり狙いづらいですね。
馬場が悪化して、さらに内側が傷むということになれば、最内枠のダンスはうちにて包まれて外に出せそうに無いですし。
天皇賞、マイルCSで牡馬相手に好走しているので、力があるのは認めます。
ですが、ダンスは東京で6戦していちども勝っていないし、3歳時桜花賞以降2年以上勝ち星がないのも気になります。
という事で思い切ってきる事にしました。

他の中ではアグネスラズベリとヤマニンアラバスタは気になりますね。
アグネスラズベリは4連勝中で、前走の勝ちタイムもかなり早いですし、1600mで勝ち星がないには気になるもののチャンスはあると思っていました。
でも、道悪で同じような脚が使えるかどうか考えると、やっぱり疑問が残るので、そのあたりを考慮して切る事にしました。
このレースよりも、秋のスプリンターズSあたりに出てくれば、そのときには期待したいですね。

ヤマニンアラバスタは左回りが得意で府中は合うんですが、1600では少し距離が短いような気がします。


以上が今回の予想ですが、今回はこれが最終決定ではなくって、うるぐすとうまっちを見てから最終的に決定することにします。
やっぱり、あたらない人の予想は避けたほうが良さそうなので(笑
 

予想
兄(兄では無いけど)
◎ラインクラフト!
○ダンスインザムード!
▲コスモマーベラス
△ヤマニンアラバスタ

◎ラインクラフト
○ヤマニンシュクル
▲デアリングハート
△ダンスインザムード・チアフルスマイル

ラインクラフトはやっぱり実績と調子とかスピード面においても子のメンバーでは1番と言っていい実力を持っているので、本命は外せませんね。少し心配なのは、今無いかもしれないけど、昔あった掛かり癖。だから最近は短距離に路線を変更していたけど、でも今ならもう大人になったし克服できてると思います。
ダンスインザムードは、内で先行できるとはやはり大きいかなと。
2年連続天皇賞秋を好走したのもやはり内からの先行策だし、中々捕まらないと思います。でもやっぱりパドックを見ないと少し不安ですね。
でも一応押して見ます
コスモマーベラスは正直硬くなりそうなので、思い切って押してみました。東京コースの実績はそんなに多くはないし、重賞も勝ってないけど人気が落ちた時にそこそこ走るので、今回のレースがもし荒れるならこの馬かなと思いましたです。
ヤマニンアラバスタはなんといっても、父がゴールデンフェザントの強みがありますね。一応1800勝ったので、1600も大丈夫かな?!と思いますし、5勝全てが全て左回りって言うのも父から受け継いでいる才能だとは思います。
本当は▲かも知れないですが、あえてここで。あと雨が降っても強いから押してみました。
弟は、ヤマニンシュクル押してます。弟曰く2歳チャンピオン頃の強さが戻ってきたらしいです。でも私は、密かに微妙だと・・・
理由が、うるぐすの杉本の本命がこの馬で、更にサタウマと言う番組で67連敗しているシャンプーハットの小出水がこの馬を本命にしていたので、ひゃっほー(意味不 さようならしました。
でも2人は本命が当って、対抗馬が当らないから、もしかしたら来るかもしれないですね。
来なかったら魔力です。
 

ヴィクトリアカップ予想2

予想の決定稿は以下の通り
◎ラインクラフト
○ディアデラノビア
▲マイネサマンサ
△アグネスラズベリ、ロフティーエイム

昨日の予想からヤマニンシュクルとエアメサイアを切り、アグネスラズベリとロフティーエイムを加えました。
ラインクラフトが本命なのは変わらないとして、テレビの予想と被らないようにするには
ヤマニンシュクルとエアメサイアの2頭を思い切って切るしかないんですよね。
それで、代わりに加えたのが4連勝で勢いのあるアグネスラズベリと、前走ハンデに恵まれた部分はあるものの福島牝馬sを勝ったロフティーエイムの2頭。

マイネサマンサは評価を下げたんですが、この馬は10日くらい前に帰厩してきたばかりらしいですね。
昨日はそれを知らなくって対抗に押したんですが、さすがに10日程度で仕上げるのは難しいでしょう。
せめて1月くらい乗り込むか1戦使ってから本番っていうローテーションであれば良かったんですけど。
それでもこのレースは荒れそうな雰囲気はありますし、この馬が思い切った競馬をしてくれることを期待して3番手評価にしました。


>コスモマーベラスは正直硬くなりそうなので、思い切って押してみました
この馬って17番人気くらいだよね!?
この馬がもしきたら相当荒れる結果になるだろうけど、さすがに、こういう馬は狙いずらいなあ。
マイルの持ちタイムもマイル未経験のロフティーエイムを除いた
メンバーの中では一番遅いし。
まあ、時計勝負のレースにはならないだろうから持ちタイムはあまり関係が無いんだけど、
それでもG1だとやっぱりちょっと厳しいかも。

ヤマニンシュクルは杉本清の本命にされた時点で切るべきでしょう(笑
たしか、ヤマニンシュクルを軸に人気上位の馬の3連単マルチで90点買いで、ヤマニンシュクルが3着以内に入ればほとんどあたるっていう予想だったような。

それと、前のコメントのレス返しは後でするね。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。