prev06next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


4話「うっそ~!?春の景色とセミの声」感想

「あ~!?いっけな~い!!」
226saki.jpg

舞って結構非力そうですし、そもそも農作業をする格好ではないですし、そりゃ一輪車をひっくり返しもしますって!でも、そんな舞の優しい所とかがんばってる所がすごい好きです。


先週が咲のソフトボール部の話だったので、近いうちに舞の美術部入部の話があると思ってたら今週がその話でしたね。
2年A組の竹内綾乃が舞を美術部に勧誘し、絵画コンクールに参加しないかと誘ってきます。
綾乃はエンディングで、美術室で舞が咲の絵を描いているのを他の部員が覗き込んでいるシーンで、舞の真後ろに立ってたんですね。
美術部の中では舞と一番仲が良くなるんだと思いますが、初対面の舞の絵をべた褒めしたり、入部しないかと誘ってきたりとかなり積極的みたいです。
3年になったときには、舞よりも綾乃の方が部長にはふさわしそうです。舞って他人を引っ張っていくような性格には見えないですし。
カレハーンが「プリキュアの弱点を見つけた」といったときにはどうせはったりじゃないの?と思ってたらほんとに気付いてたんですね。
一人だけでは変身できないっていうのはプリキュアの最大の弱点だし、それにたった3回の戦いで気付くなんて、カレハーンてただ面白いだけじゃなくて結構頭が良かったみたいです。
今回は詰めが甘くて失敗したけど、次も同じ作戦でくるのか、それともまたいつも通りに攻めてくるのか。
それと今回のセミウザイナーは「全てのセミは樹液を通じて樹木とつながっている」から木の精霊じゃなくてもあやつれるらしいんですが、これをいったらもう何でもありっていうことになってしまいますよね。
3話のバットや、来週出ると思われる本だったら、たとえそれらにバットや本の霊魂が宿っているとしても、原料が木だから操れるというのはわかります。でも、樹液を吸ってるから樹木とつながってるといっても、セミに宿っているのはセミの霊魂のはずだから、セミの霊魂を操れる理由にはなっていません。
ちょっと理由としては苦しいですが、それでもウザイナーがワンパターンになるのを避けることは何とか出来ます。
あと気になったのが、ウザイナーを倒した後にあのセミがどうなったのか、幼虫になって土の中に戻ったのか、それともあのまま森に帰っていってしまったのか?セミって何年も土の中で過ごすして、成虫になってからはほんの数日で死んでしまうんですよね。あのまま森に帰っていってしまってたのならなんかかわいそうですね。

結局、舞は美術部に入部することになりますが、そのきっかけのなったのがさきの「一人より二人の方が楽しい」という一言でした。
舞は2話でも、咲に対する自分の気持ちについて「友達になりたかったんだろ?」と兄に言われて初めて気付いたように、ここでも咲の一言で迷いが吹っ切れたようでした。
「一人より二人の方が楽しい」ということは舞が咲から学んだことでもあります。舞は絵に集中すると周りが見えなくなるし、「美術部に入らなくても描きたいと思ったときに、描きたい絵を描く事は出来るし」と言っているように、前の学校でも美術部に入ってはいなかったようだから、今までは友達と一緒にいる時間よりも一人で絵を描いている時間の方が長かったんでしょう。
だから、咲と出会って友達になってからまだそんなに日は経っていませんが、学校内外を問わず咲とずっと一緒にいることで、今まで経験したことが無かったような楽しいことが色々あり、咲の一言で自分も同じように「咲といると楽しい」」と感じていた事に気付きました。
「咲のおかげなのよ」、「だから絵を描くのもたくさんの仲間がいたほうがいいかなって思ったの」
「それは私のおかげとかじゃなくて、舞がそう感じたからだよ。良かったね、舞!」
2話で咲と友達になりたいと思っていた舞に対して「咲でいいよ、私も舞って呼んでいい?」と咲が言ったときと同じように、咲と舞は同じことを考えていても、咲は無意識のうちにそのことを口にしているのに対して、舞の方は誰かに言われて初めてそのことに気付くようです。

来週はなんかいやな感じがします。初回に和也の存在を知って、さらに共学だと分かったときに想像した通りの展開になっていきそうです。「ケンタどうする!?」って咲舞にはエンディングのような百合展開を望んでるファンにとってはケンタも和也も邪魔なだけですよね。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。