prev04next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント

初めましてw実は初めてじゃなかったり。ソラの弟と言えばわかるでしょうか(笑)メガスタはメガスターダムが好きだからです☆NHKマイルカップはディープスカイの騎手四位さんの好騎乗が光りましたね。去年のヴィクトリアマイルのコイウタのような戦法でインに切れ込んでつきぬけましたね。馬の能力も高いと思います。ただローテンションが…ダービーはきついかなっと。
ブラックシェルは入れ込みが激しいんですが走るときは走りますね。でも予想しづらいですが(笑)ダノンゴーゴーは新馬戦から期待してたので来てくれてうれしかったです。でもハイペースだったからかなぁ…今回は展開が向いたのは否めないかも…ファリダットは武のミスかなぁと。でもしょうがない気もするけど武は馬を大事に扱おうとしすぎになってきすぎな気がする…
ヴィクトリアマイルはウォッカの復活も期待だけどベッラレイアの方が応援したいですね。知識浅いですがこれからコメントしていきたいと思います。

 

弟さんですか~はじめましてwコメント有難うございます。
メガスターダムって確かニホンピロウィナー産句で血統的にも地味だったのであまり人気にはなりませんでしたけどクラシックでも結構好走して菊花賞でも3着した馬ですよねw
結構渋い馬好きなんですね~

ディープスカイとブラックシェルはやっぱりダービーに行くみたいですね。
今年のクラシックは混戦といわれ続けているので出ればチャンスはあると思うんですが、2頭とも年明けからかなり使われている点だけはどうしてもひっかかってしまいます。
過去のダービーの傾向から見ても中心になるのは年明け3戦か4戦で、ディープスカイのように6戦も使ってる馬はほとんどいないのでどうなるのか微妙ですね。
それでも、毎日杯からHNkマイルCまで間を開けたのは良いし、2400mはこの馬には長いような気はしますが折り合いさえ付けば持つと思います。
それに、鞍上は四位騎手ですし昨年のウォッカのように直線までじっくり脚をためられれば切れる可能性はあります。
本命にはしずらいですがNHKマイルCの走りを見るとノーマークというわけにはいかないでしょうね。
ダノンゴーゴーは確かに展開が向いた感はありました。
でも、ファルコンSを勝った時にもすごい末脚で大外から一気に差しきったりしてましたしやっぱり力はあります。
ベストの1200mならこの先G1でも十分通用しそうですね。

ヴィクトリアマイルの予想はまた土曜か日曜にしますが今のところはウォッカをを本命にするつもりはありません。
いくら牝馬限定といってもドバイ帰りでいきなり勝てるほど他の馬も弱くはないと思うんですよね。
昨年のカワカミプリンセスの事もあるし、あまり人気になるすぎるようだと危険かもしれない。
これからも週末には予想もしてますので良かったらメガスタ☆さんの予想も聞かせてください。
 
コメントを投稿する


NHKマイルC結果

NHKマイルCは1番人気のディープスカイが制しました。
パドックから落ち着きがあって状態もよく見えたし、毎日杯を勝った後皐月賞をパスしてこのレース一本に絞った陣営の選択が見事にはまりました。

レースは好スタートを切ったエイムアットビップの外から4番人気ゴスホークケンの内田騎手が思い切って行き、それを追いかける形でエイムアットビップと内のレッツゴーキリシマが先行。
逃げると思われていた大外ダンツキッスイの藤田騎手は無理せず4番手の競馬から徐々に進出。
3番人気のブラックシェルは中段からやや後方の12番手当たりでその外に2番人気のファリダット。
そして、ディープスカイはさらにその後ろ、後方3番手からの競馬。
ゴスホークケンが先頭のままレースが進んで1000m通過が59,2秒で馬場状態からすると速いペースだったのか結果的には先行勢の総崩れという展開。
結局、後方の馬での決着となったんですが勝敗を分けた最大のポイントはやはり4コーナーから直線での位置取りでしょう。
前日からの雨の影響で痛んでいる馬場を避けて外へ行くかそれとも内をつくかという判断で、上位3頭のディープスカイ、ブラックシェル、ダノンゴーゴーの3頭は内から4着のドリームシグナルは中段からやや外目、5着のファリダットは大外から。
3着のダノンゴーゴーと4着のドリームシグナルの着差がが3馬身半も開いているというのはやはり内と外の差が出た感じがします。

勝ったディープスカイはこの馬場で上がり33,9秒というのも凄いですね。
毎日杯でアグネスコマンドあたりを全く相手にしなかっただけの事はあります。
これだけ強い競馬を見ると次走ダービーを使うなんていう話が出て来るかもしれない。
陣営としても今年の混戦ダービーならチャンスがあるんじゃないかと欲が出てもおかしくないんですが、すでにキャリア10戦、年明け6戦もこなしているので無理しないで秋に備えてといいたい。
ただ、それでもダービーは一生に一度のチャンスという事を考えると出る可能性はあるか。

2着◎ブラックシェルは道中中段やや後方から直線では内をついて、直線残り400mを切ったあたりで逃げるゴスホークケンを交わして一旦先頭に立ったんですが残り200mで内からディープスカイに交されてしまいました。
父クロフネとの親子制覇とはなりませんでしたがそれでもこの馬の競馬は出来てたしやはりこの馬には府中は合いますね。
ただ、もし次走ダービーという事になったら今回よりは多少評価を下げざるを得ないですね。
昨年末から休みなく使われていて年明け5戦でこれ以上の上積みの期待しずらい。
追い切りの動きをよく見てから判断したほうがよさそうだ。

3着の△ダノンゴーゴーはスタートがいまいちで最後方からの競馬となってしまったんですが、そこから鞍上の藤岡騎手が思い切って直線の競馬に徹したのが良かった。
4コーナーから直線を向くあたりで他馬が避けた最内をついて伸び、メンバー中2位の上がりで3着。
この馬にはマイルは長いという評価から14番人気と人気はありませんでしたが今回は上手く流れも向いたしいい走りが出来た。
それでもやはりベストは1200mかな。
秋にはスプリンターズsで期待したい。

4着ドリームシグナルの13番人気という低評価ながらシンザン記念を圧勝した実績もあったし、前走皐月賞での惨敗はこの馬には距離が長かったという事を考えるとベストのマイルならこのくらいは走ってもおかしくはないですね。

5着のファリダットは4コーナーで大外をついた武騎手の判断ミスかな。し内があれだけのびるとなるとやはり距離ロスはおおきいですね。

○サダムイダテンは今回は馬体が+12キロと回復していて良いかと思ったんですがやはりまだ本物ではないのかなあ。
この馬も内を付いたのでそこから伸びてくるかと思ったんですけど結局8着。

▲アポロドルチェは後方2番手からの競馬で位置取りとしてはそれほど悪くなかったんですが4コーナーではファリダットのさらに外を回していてはちょっと届かないですね。

17番人気の△アンダーカウンターと18番人気△アポロフェニックスはこのメンバーではさすがに厳しかった。


ベルモントSを目指してアメリカへ遠征中のカジノドライヴが前哨戦となるピーターパンSを5.3/馬身差で圧勝!
この馬が能力が高いという事は分かってましたがまさかここまで圧勝するとは本当に驚きました。
これでベルモントS制覇も夢ではなくなりました。
今のところ最大のライバルになると見られているのは先週のケンタッキーダービーを4。3/4馬身差で制したビッグブラウン。
この馬は相当強いとは思いますがローテーション的にいえばカジノドライヴのほうに部があるし逆転できる可能性も十分あります。
そのビッグブラウンはケンタッキーダービーから中1週で来週行なわれるプリークネスSに出走してそこから中2週でベルモントSという厳しいローテーションになるのに対してカジノドライヴは中3週というゆったりと使えて、一度叩かれて皿に上積みも期待出来そう。


土曜のレースを振り返ってみるとまず新潟大章典は道中最後方の競馬から直線一気に追い込んだオースミグラスワンが2着に2馬身半差をつけて制しました。
なかなか強い勝ち方でしたが何が驚いたってこの馬の31,9秒という時計には驚きました。
32秒台でもなかなか出ないっていうのに31秒台なんていう上がり始めてみたと思ったらやはり新潟の直線1000mのレースで31.6秒という時計が2度出ただけで1200以上のレースでは初だったようですね。
それまでの最速の時計32,4秒でそれを0,5秒の上回ったというのも本当にすごい。
一昨年に続くこのレース制覇で一時の不振は完全に脱しました。
この走りを見るとこの先も直線の長いコースではかなり期待が持てそう。

東京9R高尾特別に出走した期待のトーセンイマジゲンは4着。
ものすごいジリ脚。
道中は3,4番手好位でレースを運んでいたんですが直線を向いて殻は伸びそうで伸びずに何とか4着にきたという感じでした。
もしかしたら雨の影響のあったのかもしれない。もう一度良馬場で注目してみたい。

ダービートライアルプリンシパルSは最低人気のアグネススターチが逃げねばる展開をベンチャーナインが一気に差しきって1着。
ここ3戦はいいところがありませんでしたが追い込み脚質で流れの向かないレースが続いていたし、京成杯ではマイネルチャールズと差のない競馬をしていた実力馬だけあって直線の長い府中で力輪出し切れればここでは力が1枚上でした。

京都新聞杯を制したメイショウクオリアもラジN杯2歳Sで3着と好走していて前走もなかなか強い勝ち方だったし、このメンバーなら順当勝ちといったところでしょうか。
ただ、次走ダービーという事を考えると、勝ち時計は馬場状態やスローなレース展開もありましたが過去のこのレースと比べても極端に遅いしレースレベル自体に疑問が残るのでこの馬はちょっと狙いずらいですね。


次週ヴィクトリアマイルの注目馬も挙げておきます。
産経大阪杯を勝ったダイワスカーレットが春全休という事で出走しないのは残念。
そうなると1番人気のなりそうなのはやはりウォッカでしょう。
昨年のダービーを勝っていこう勝ち星はありませんが前走ドバイデューティフリーでは惜しくも4着と力のあるところを見せたし、最大のライバルと見られていたダイワスカーレットが出走しないとなればここは負けられない。
ただ、まだ馬体が寂しい感じがするという話があったのは気になる。
もしかしたら万全の状態での出走というわけにはいかない可能性もあります。
それに、鞍上がドバイに続いて武騎手というのも気に入らないですね。

もう1頭の注目馬はベッラレイア。
昨年の秋華賞4着以来のレースで秋山騎手とのコンビはオークス2着以来となります。
この馬にも秋は武騎手が乗ってましたがやはり何故あの時に武騎手に乗り変わったのか今でも理解できない。
メイショウサムソンもそうですが、力のある馬はとりあえず武騎手に乗せとけみたいな流れはみてて面白くないんよね。
それでも、今回秋山騎手の取ってはようやくあの時の雪辱を晴らす時が来たっていう感じですね。
年明け緒戦でこのレースというのは昨年のカワカミプリンセスが惨敗したように出来ればどこかで一度使ってくれたほうが良かったんですけど、この馬は2週前には確か坂路で4F50,5秒という時計が出ていたので状態は良さそうだし何とか頑張ってもらいたい。

他ではオークス馬のローブデコルテ、ニシノマナムスメ、イクスキューズ、ハロースピードといった4歳馬を中心にキストゥヘヴン、ジョリーダンスあたりを狙ってみます

スポンサーサイト
 
拍手する
コメント

初めましてw実は初めてじゃなかったり。ソラの弟と言えばわかるでしょうか(笑)メガスタはメガスターダムが好きだからです☆NHKマイルカップはディープスカイの騎手四位さんの好騎乗が光りましたね。去年のヴィクトリアマイルのコイウタのような戦法でインに切れ込んでつきぬけましたね。馬の能力も高いと思います。ただローテンションが…ダービーはきついかなっと。
ブラックシェルは入れ込みが激しいんですが走るときは走りますね。でも予想しづらいですが(笑)ダノンゴーゴーは新馬戦から期待してたので来てくれてうれしかったです。でもハイペースだったからかなぁ…今回は展開が向いたのは否めないかも…ファリダットは武のミスかなぁと。でもしょうがない気もするけど武は馬を大事に扱おうとしすぎになってきすぎな気がする…
ヴィクトリアマイルはウォッカの復活も期待だけどベッラレイアの方が応援したいですね。知識浅いですがこれからコメントしていきたいと思います。

 

弟さんですか~はじめましてwコメント有難うございます。
メガスターダムって確かニホンピロウィナー産句で血統的にも地味だったのであまり人気にはなりませんでしたけどクラシックでも結構好走して菊花賞でも3着した馬ですよねw
結構渋い馬好きなんですね~

ディープスカイとブラックシェルはやっぱりダービーに行くみたいですね。
今年のクラシックは混戦といわれ続けているので出ればチャンスはあると思うんですが、2頭とも年明けからかなり使われている点だけはどうしてもひっかかってしまいます。
過去のダービーの傾向から見ても中心になるのは年明け3戦か4戦で、ディープスカイのように6戦も使ってる馬はほとんどいないのでどうなるのか微妙ですね。
それでも、毎日杯からHNkマイルCまで間を開けたのは良いし、2400mはこの馬には長いような気はしますが折り合いさえ付けば持つと思います。
それに、鞍上は四位騎手ですし昨年のウォッカのように直線までじっくり脚をためられれば切れる可能性はあります。
本命にはしずらいですがNHKマイルCの走りを見るとノーマークというわけにはいかないでしょうね。
ダノンゴーゴーは確かに展開が向いた感はありました。
でも、ファルコンSを勝った時にもすごい末脚で大外から一気に差しきったりしてましたしやっぱり力はあります。
ベストの1200mならこの先G1でも十分通用しそうですね。

ヴィクトリアマイルの予想はまた土曜か日曜にしますが今のところはウォッカをを本命にするつもりはありません。
いくら牝馬限定といってもドバイ帰りでいきなり勝てるほど他の馬も弱くはないと思うんですよね。
昨年のカワカミプリンセスの事もあるし、あまり人気になるすぎるようだと危険かもしれない。
これからも週末には予想もしてますので良かったらメガスタ☆さんの予想も聞かせてください。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。