prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


ダイヤモンドS&きさらぎ賞結果

ダイヤモンドSは1番人気のアドマイヤモナークが2馬身半差の圧勝でした。
トップハンデも全く問題にしないであの勝ち方ですからこの馬かなり強いですね。
天皇賞でも期待できます。
それに、アンカツもやっぱりすごいですね!
これで今年重賞3勝目で本当に絶好調っていう感じだし、やっぱりアンカツの馬から狙っておけば間違い無さそう。

◎コンラッドは道中最後方からの競馬で、直線では内をついての2着でした。
勝った馬が強すぎたのでこの2着っていうのも仕方ないですがこの馬もかなり力つけてきていますね。
これならGⅡ位までなら結構やれるかもしれない。
次走日経賞かは阪神大章典あたりに出てきても期待できそう。
 
3着12番人気のレーザーズエッジは1000万下でも入着どまりだしくら50キロの軽ハンデといってもちょっと狙えないですね。

○テイエムプリキュアは中段からの競馬で前には行かなかったのかいけなかったのかどっちかは分かりませんが、結果を見るとやっぱりもっと前で競馬をしたほうが良かったような気がします。
結果は6着で最後までバテてはいないんですが、切れる脚が無い分やっぱり瞬発力勝負では分が悪いですね。
前走日経新春杯のように速めに先頭に立って粘りこむ形が出来ればいいんですけどそう何度もあのような競馬はさせてもらえないか。

▲ブラックアルタイルはパドックでおとなしいというよりは元気がないような感じで、前走の出来と比べると今回はあまりいい出来ではなかったかもしれません。



きさらぎ賞はレインボーペガサスが勝ちましたが芝未勝利の馬が勝つところを見てもまだ今年のクラシックは混戦といった感じですね。

◎レッツゴーキリシマは前半かかり気味だったのが痛かった。
今回の走りをみると距離はマイルがベストのような感じがします。

1番人気ブラックシェルは馬体重+10キロと太目残り。
武騎手のコメントによると返し馬ではイレ込んでいたようで、道中最後方からの競馬で上がりはメンバー中最速でしたが結果は7着まで。

前走ラジN杯2歳S3着だったメイショウクオリアはこのレースは10着でした。
先週の共同通信杯ではラジN杯1,2着のサブジェクトとサダムイダテンがともに惨敗して、今回メイショウクオリアも惨敗したところをみると昨年のラジN杯2歳Sはかなりレベルが低かったといわざるを得ないですね。
それに比べると東スポ杯2歳Sは結構レベルが高かったのかも。
6着のベンチャーナインが京成杯で2着、5着のタケミカヅチが共同通信杯2着、3着のスマイルジャックがきさらぎ賞2着。
4着のゴスホークケンは朝日杯の勝ち馬だし、2着のスズジュピターは朝日杯では5着でしたがこれは位置取りの差で決して力負けという感じではなかった。
そう考えると東スポ杯勝ちのフサイチイアソートはかなり強いのかもしれない。
父がトワイニングなのでダービーというよりは皐月賞までの馬のような気はしますが、この馬がトライアルに出てきてどんな走りをするか注目してみたいですね。



今週は今年初のG1フェブラリーSがありますが最注目はやっぱりヴァーミリアンでしょう。
昨年秋は全てのレースが完璧な走りで、今回のレースでも能力的にはこの馬が1番だと思います。
でも、今年は川崎記念を飛節炎で回避して順調度を欠いているし、それにマイルもこの馬には短いような感じがあるし条件としては決して良くはないですね。

もう1頭ここが初ダートとなるダイワスカーレットも気になります。
この馬のフレグモーネで馬場入りを二日休んだように決して順調にここまで着たとはいえないし、ダートが合うのかもちょっと微妙。

この2頭に比べると根岸S圧勝のワイルドワンダーとか川崎記念勝ちのフィールドルージュあたりは昨年のJCではヴァーミリアンには完敗でしたが今回の条件なら逆転出来るんじゃないかなあ。

土曜のクイーンCはリトルアマポーラを推したいですね。
京成杯で牡馬相手に4着という実績を見ても牝馬限定なら力は上。
もう1頭、ブーケフレグランスも抽選を突破できれば面白いですね。
なかなか勝ちあがれませんでしたがそれまでのレースも勝った馬がファリダットとかアインラクスのような強い相手では仕方ないかなっていうところはあるし4戦目は3馬身半差の圧勝とやっぱり力はあります。

京都記念の最注目はやっぱりウォッカかなあ。
この後はドバイデューティフリーがあるのでここをキッチリ勝ってドバイへいきたいところだとは思いますが、今回は相手もかなりそろったしウォッカにとってはかなり厳しいレースになりそうですね。
個人的にはAJC杯でも本命に推したドリームパスポートをここでも狙ってみたい。
昨年の骨折明けからすでに3戦していますがまだこの馬の力を出し切ったといえるレースはないのでこの馬らしい走りを見せてもらいたい。
後はアドマイヤオーラ、アドマイヤフジ、トウショウナイトあたりにも注目。

さらに、3歳ダートOP特別のヒヤシンスSのサクセスブロッケンにも期待。
ここまで2戦ともに圧勝でまだ底が知れないし、この先どこまで強くなるのか楽しみな1頭。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。