prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


ミントの香り

もうすぐ今年の新馬がデビューする時期が近づいていますが、先日上げたアドマイヤアトムの他にも有力馬はまだまだいますね。
先週の東京のマイルを勝ったトーセンイマジゲンはデュランダルの半弟でだけあって上がり34,0秒とかなり切れる脚があります。
父はアグネスタキオンだしこの先もマイルで期待できそう。この先無理せず使っていけば重賞クラスまでは十分にいけそうなので来年の安田記念あたりに出てきて欲しいですね。

今週土曜の東京芝2000mを勝ったアグレアブルもなかなか強いですね。
スターとはあまりよくありませんでしたが直線では大外から追い込んで、アドマイヤアトムが勝ったレースで2着だったナショナルホリデーを鼻差でしたがキッチリ差しきりました。
血統的にもアグネスタキオン×ファビラスラフインっていう良血だし、気性的にもう少し成長してくれればこの先も活躍できそう。

もう1頭、日曜の東京5Rでデビューするタイガーマスクも期待したいですね。
稼いだ賞金を慈善団体に寄付するという事で話題になっている馬ですけど、血統的にも父がキングマンボで3億っていう高額馬だしどんなレースをするのか楽しみ!

東京8RのカーネーションCのランペイアはフローラSでは12着と大敗でオークスには出られませんでしたが、ここはキッチリ勝ってもらいましょう。


・オークス
先週までは内がかなり荒れてましたが今週からはCコースに変わって土曜のレースを見る限りは内外の差はほとんど無さそうですね。
アグレアブルのように大外から追い込んで勝つようなレースもあるし、ガーベラ賞のアルティマトゥーレのように内ラチ沿いから差し切るようなレースもありました。

ダイワスカーレットが回避したのならここはもうベッラレイアしかいないでしょう。
元々、フローラSを勝った時からたとえウォッカとダイワが出てきたとしてもこの馬を本命にしようと思ってなのでもちろんこの馬本命でいきます。

ベッラレイアの不安要素としては、展開的にはこれといった逃げ馬もいないので先週のヴィクトリアマイルのように前残りの競馬になった時に追い込み脚質のベッラレイアには向かないんじゃないかといわれたりしていますが、ベッラレイアは他馬とは絶対的な能力が違うのでどんな展開になっても問題ではないでしょう。
フローラSでもあざみ賞でもかなり強力な脚を使って勝ちましたがそれも決して展開に恵まれたというわけではなくて、逆にベッラレイアにとってはかなり厳しい展開でした。
フローラSでは前が壁になって直線残り300mを切るくらいからようやく追い出し、あざみ賞では小回りの中京で直線だけの競馬で最後方からの差し切りと奈並みの馬ならどちらも惨敗していてもおかしくないレースでした。
2戦目のすみれSでも結果としては3着でしたが勝ったアルナスラインは京成杯で3着、2着のフィニスティールは青葉賞で3着と重賞でも好走している牡馬と差のない競馬をしていたのだから牝馬同士であればやっぱり力が違います。
この馬にとっては展開や他馬がどうこうというよりは3,4コーナーから直線入り口の勝負どころでどうやって馬群をさばくかが最大のポイントでしょう。
このあたりも鞍上の秋山騎手が前走の反省を生かしてうまくのってくれるはずです。
多分無理して馬ごみに突っ込むよりは思い切って大外へ持ち出しても十分差しきれると考えているはず。
一昨年のシーザリオ並の33,5秒くらいの脚で圧勝してくれる事を期待してます。

相手にはミンティエアーを挙げます。
プリキュアファンならこの馬は外せません。
今週のプリ5はようやく1番好きなこまちメインの話なんですが、こまちといえばキュアミント。
そして、タイミングよく同じ日に行なわれるオークスでミンティエアーつまり”ミントの香り”なんていう名前の馬が出るのであれば狙わないわけにはいかない。
プリキュアというと一昨年の阪神JFのテイエムプリキュアの事もあるし、今年の皐月賞の時にはプリキュアとは関係ないですがヴィクトリカからヴィクトリーっていう発想が全く思い浮かばなかったのが悔しかったのでここではこの馬を狙っていきます。
フローラS ではベッラレイアに完敗でしたがまだキャリア3戦で上積みもあるはずで調教も意欲的で好感が持てました。

問題は3番低下をどうするかですが、2番人気のザレマと桜花賞組のカタマチボタンとローブデコルテは切ることにします。
ザレマは調教の動きが良かったといわれてるんですがそうは見えないんですよね。
確かに、坂路で4F50,1秒っていう時計は優秀だし520キロと馬格もある馬ですがそれにしてはもう一つ迫力が足りないというかそれほどよく見えません。

今年のGⅠでは8枠の馬が必ず3着以内にはいっていますが、8枠の中でも人気が低い馬のほうが来ているという事もあるので、3番手にはアドマイヤスペースを挙げます。
この馬は前での競馬になりそうですが鞍上の柴田騎手は先週のヴィクトリアマイルでもアサヒライジングで逃げて最後までよく粘ったいたし、
内ラチ沿いからスローに落として上手く脚をためられれば3着ならあります。

◎ベッラレイア
○ミンティエアー
▲アドマイヤスペース
△ハロースピード
 ミルクトーレル
 ピンクカメオ
 ラブカーナ
 アマノチェリーラン
 
△が多いですが買い目としてはベッラレイアとミンティエアーの1,2着固定の3連単6点で。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。