prev10next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


春天

描いた絵がちょっと気に入らなかったので久しぶりに絵なし更新。

昨日の青葉賞は直前の雨と雷、2頭の放馬、それにナタラージャが競争中止とかなり荒れたレースになったんですが勝ったヒラボクロイヤルはなかなかいい走りでした。
雨の影響がどのくらいあるか心配してたけど2.26.3っていう走破タイムはなかなか優秀だし、34.4秒の最速の上がりで最後1馬身突き抜けたあたりはかなりの力を感じさせます。
キャリアは多いですが毎日杯から皐月賞をパスしてダービーに絞ってきたローテーションは昨年のアドマイヤメインと同じで好感が持てるし、この走りであればダービーでも十分通用するはずです。
それにしてもナタラージャは残念だったなぁ。道中は好位につけて折り合いもしっかりついていてかなりいい感じに見えていたんですが、後藤騎手によるとくぼみに脚をとらてれてしまったらしくて結局は予後不良ですか。
血統的にも能力的にもかなりいいものを持っていてこの先の楽しみな馬だっただけに本当にかわいそうな感じがしますね。


・スイートピーS
◎ハロースピード
○トウカイオスカー
▲ダノンフローラ
△クィーンスプマンテ
ここは桜花賞6着のレインダンスを基準にして見てみたい。


・天皇賞
◎メイショウサムソン
○ネヴァブション
▲トウショウナイト
△マツリダゴッホ
 アイポッパー
 
今年の天皇賞はオッズ的にもかなり割れていて混戦といわれてますが本当にそうかなあ?
このメンバーなら実力的にも実績的にもメイショウサムソンが抜けてます。
メイショウサムソンにとって一番こわかったのはドリームパスポートの切れで、そのドリームパスポートが骨折で戦線離脱してしまったなら負ける要素がありません。
去年秋の成績から距離を不安視する向きもありますが、むしろ逆にその経験がここで生きてくるはず。
今年になってからは放牧に出した効果が大きかったようで産経大阪杯ではスローでもしっかり折り合っていたし、さらに調教でもかなりいい時計が出ているところを見ると昨年よりもさらに力をつけた感じだし、今年は負けなしでいくつもりで頑張ってもらいたい。

相手には阪神大章典組と日経賞組の比較から日経賞組を上位とみました。

日経賞を勝ったネヴァブションはこのレースも良い走りだったんですが、その前の白富士賞の勝ちっぷりがとにかく良かったんだ。
2000mはこの馬にはちょっと短いかなと思っていたんですけど直線ではすごい脚で伸びてきて、時計もかなり優秀だったのでそのときから天皇賞へ面白いんじゃないかと思っていました。
それで、日経賞もキッチリ勝って3連勝と勢いもあるし父のマーベラスサンデーと同じように一気にGⅠ 制覇っていう事も十分ありえます。

その日経賞で2着だったトウショウナイトはネヴァブションとは斤量が2キロ差だったことを考えるとやっぱり力はあります。
調教でも先週すごい時計を出して絶好調っていう感じだし期待してみたい。
それに、昨年秋は京都大章典とアルゼンチン共和国杯でアイポッパーと対戦し、どちらも先着していながら人気はこの馬の方が大分低いので、オッズ的にもこの馬を狙った方が面白そう。

3着だったマツリダゴッホは早めの仕掛けで捕まってしまいましたがあれは横山典騎手が天皇賞を見据えた上での試走をしたんじゃないかと思うんだ。
天皇賞では2勝2着2回3着2回とかなりいい成績を残している横山騎手ですから、マツリダゴッホは本質的には中距離タイプだとは思うんですが、最内枠に入って内ラチ沿いの経済コースで脚を貯められればいい脚使えるはずです。

一方、今のところ1番人気のアイポッパーは重賞2連勝中だし力はあると思うんですがGⅠを勝てるレベルかどうかというとちょっと疑問が残ります。
阪神大章典は勝ったとはいえ一番強い競馬をしたのはドリームパスポートで、アンカツが下手な乗りかたしてくれたおかげで道中かかり通しだったにもかかわらず最後までよく粘ってました。
それに対してアイポッパーは武騎手がかなり上手く乗ったなあっていう印象が強くて、あの展開だったら、もし本当にGⅠ 勝つくらいの力があるならもっと突き抜けるくらいの勢いがあっても良かったはず。
100%の仕上げでは無かったっていうことのあるとは思うんですが、それでもやっぱりもう一つ足りないという印象はあります。
それでも長距離と京都での実績、それに鞍上もちょっと怖いので△で抑えておきます。
スポンサーサイト
 
拍手する
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。