prev03next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

スプリングS&阪神大章典結果

・スプリングS  
1着△グランデッツァ
2着○ディープブリランテ
3着 ロジメジャー
4着 サトノギャラント
5着 ビービージャパン

7着◎マイネルロブスト
10着▲ゼロス

グランデッツァが札幌2歳Sに続いて重賞2勝目をかざりました。
レースは道中6番手外目、内にディープブリランテを見るポジションでしっかり折り合いもつき、4コーナーでは外からディープブリランテに並びかける形で上がっていく。
直線を向いたあたりでは一旦ディープブリランテに突き放されてしまったものの、最後の坂を上がったあたりからもう一度差をつめ、最後は逆に1馬身1/4突き放す完勝。
休み明けも道悪もまったく問題ありませんでした。
鞍上のデムーロはテン乗りでしたがやはりうまく乗りますね。
個人的にはデビューからコンビを組んでいた秋山騎手のままでクラシックへ進んでほしいと思っていましたが、これだけきっちり仕事をされたら文句のつけようもない。
好位で競馬が出来るし、折り合いにも不安がないし、道悪も苦にしない。
となると、他の有力馬がそれぞれに不安要素を抱える中、皐月賞に向けては今のところこの馬が最有力と見てもよさそう。

2着ディープブリランテは今回も折り合い面での課題を見せてしまいましたね。
スタートから上手く内に入れて馬ごみで我慢できるかと思ったら、前の3頭が後ろを離して行ってしまったために、この馬が2番手集団を引っ張るような形になり、結局前走と同じような競馬になってしまった。
それでも、直線では一旦後続を突き放したあたりはやはり力はあります。
折り合い面での課題を今後どう克服していくのか。

3着ロジメジャーは道中はディープブリランテから2馬身ほど下がった内ラチ沿いにつけてロスのない競馬をしました。
上位2頭とは力差を感じますが、それでもこの馬を3着に持ってくるあたりはさすがウチパク。

7着マイネルロブストはスタートから武騎手が下げようとしましたが、そこでで少しかかってしまいましたね。
その後は後方4,5番手当たりから競馬を運びましたが、直線を向いて追い出そうとしたところでバテて下がってきたアルフレードと外のサトノギャラントに囲まれる形になってしまったところも痛かった。
せっかく良い枠を引いたのだからロジメジャーのように好位でロスのない競馬をしてほしかった。
この日の芝は外差しの決まっていたので追い込みにかけようという作戦だったのかもしれませんが、あの位置からではさすがに厳しい。


・阪神大章典
1着▲ギュスターヴクライ
2着◎オルフェーヴル
3着 ナムラクレセント
4着○ヒルノダムール
5着 ビービージャパン

オルフェーヴルは2着に敗れはしましたがものすごい競馬をしましたね。
3コーナーであれだけのロスがありながらそこからもう一度巻き返してきたあたりはやはり並みの馬ではない。
課題をしっかり克服して今後につなげていってもらいたい。

勝ったギュスターヴクライは終始内ラチ沿いでロスのない競馬をしました。
この馬も確実に力をつけてきています。

ナムラクレセントは昨年の天皇賞でも見せた早めマクりから粘って3着。
昨年勝ったレースだけにこの条件も合います。

4着ヒルノダムールは直線で不利があったとはいえ、思ったほどの伸びはありませんでした。
道中も上手く折り合っていただけに、ちょっと物足りない内容だった。
スポンサーサイト
 
拍手する

スプリングS&阪神大章典予想

土曜のレースを振り返ると、まず阪神11R若葉Sを勝ったワールドエースはやはりここでは力が違いましたね。
直線抜け出すときのあの脚はこの世代でも屈指のものがあります。
ただ、馬体重-8キロというのは気になりますね。
馬格のある方ではないし、関東圏での競馬が続くのを嫌ってこのレースを選んだ陣営にとってはこの馬体減は誤算でしょう。
皐月賞に向けては減った馬体を戻しつつ、さらに輸送も考慮しての調整となるので、この先の調整過程には注意しておいたほうがよさそう。


・スプリングS
◎マイネルロブスト
○ディープブリランテ
▲ゼロス
△ストローハット、アルフレード、グランデッツァ

◎マイネルロブストは他の有力馬が外を引いたのに対して内の良い枠を引いたので内でロスの無い競馬をしたい。
追いきりの動きはよかったので状態もよさそう。
今回武騎手に乗り変わりましたが、武騎手はメインレースでは3戦連続して2着に来ているのでここでも2着、ではなく1着を目指したいですね。

○ディープブリランテはやはり折り合いがつくかどうかが最大のポイントですね。
今回は前に行きたい馬がそろったので前走のようにハナを切るようなことは無いと思いますが、外目の枠を引いたので前に馬を置いてうまく流れに乗れるかどうかがポイント。
前走のようにかかってしまうと最後の坂で失速してしまう危険はあります。

▲ゼロスは逃げて3連勝中なのでここも思い切っていってもらいたいですね。

アルフレードとグランデッツァは休み明けという事で△の評価としました。


・阪神大章典
◎オルフェーヴル
○ヒルノダムール
▲ギュスターヴクライ
△ビートブラック

◎オルフェーヴルはここではまず負けられないでしょう。
追い切りでは坂路で好時計を出しているように仕上がりもいいし、次の天皇賞、そして秋の凱旋門賞へ向けて良いスタートを切ってほしい。

○ヒルノダムールは前走京都記念では減っていた馬体も戻ったし、今回はさらに上積みも有りそう。

▲ギュスターヴクライは今勢いがあるし、55キロの斤量も有利。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。