prev03next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

弥生賞&中日新聞杯結果

・弥生賞
1着△コスモオオゾラ
2着○トリップ
3着△アーデント
4着 ソルレヴァンテ
5着 エキストラエンド
6着◎フェノーメノ
7着▲メイショウカドマツ

このレースも先週から続く傾向どおりに内からスムーズに競馬を運んだ馬が上位を占めました。
外を回った馬は馬場の影響の上に、4コーナーでごちゃつくところもあって不完全燃焼に終わってしまった感があります。
レースを振り返ると、まず最内のメイショウカドマツがスタートで立ち上がるようなところがあって出遅れながらも1コーナーに入るあたりでハナに立ち、1000m通過が63,1秒のスローな流れに落として逃げる。
折り合いに苦労する馬が何頭もいる中、勝ったコスモオオゾラは道中4,5番手で流れに乗り、直線残り100mあたりで先に抜け出していたトリップを捕らえてゴール。
今回は良い枠も引けたし、不良馬場の葉牡丹賞を制しているように、時計のかかる馬場もこの馬には向きました。
皐月賞も道悪になるようなら押さえておいた方が良い。

2着トリップは予想通り道中2番手の内ラチ沿いという絶好のポジションで競馬ができました。
ただ、あの競馬で勝ちきれないあたりは物足りなさも感じます。
一度たたかれての上積みがどの程度あるかに注目しておきたい。

3着アーデントは道中はトリップの後ろの内ラチ沿いという、この馬も良いポジションからスムーズな競馬ができました。
5頭出走したディープ産句の中では最先着。
他の馬は皆不利もあったので仕方の無いところもありますが、ここにきてディープ産句の勢いが少しなくなってきたのは気になります。

6着フェノーメノは4コーナーから直線にかけてなかなか前が開かず、残り1Fを切ったあたりでようやく大外に持ち出して追い出し、そこからは良い脚を使いましたがさすがのあの位置からでは前には届かず。
皐月賞の権利が取れなかったのは残念ですが、能力が高いのは確かなので、この先は青葉賞からダービーを目指したい。


・中日新聞杯
1着◎スマートギア
2着 ダンツホウテイ
3着△ダノンバラード
4着△ヒットザターゲット
5着 エーシンジーライン

11着▲メイショウカンパク
15着○コスモファントム

勝ったスマートギアは7歳にしてようやく重賞初制覇。
これまでは追い込み一辺倒の競馬が続いていましたが、前走テン乗りだった松山騎手が中段からの競馬をして2着に食い込み、今回も中段やや前目のポジションから押し切る。
追いきりの動きも良かったので状態も良かったんだと思う。

2着ダンツホウテイは前走小倉大章典でも差の無い4着と好走はしていましたがちょっとこの馬までは手が回らなかった。

3着ダノンバラードはこれで5度目の3着ということでなかなか勝ちきれないレースが続いていますね。
鞍上もころころ変わっていますが武騎手に戻してほしい。


期待していた大阪城Sのショウナンマイティは道中最後方からよく追い込んできましたが鼻差届かず。
勝ったミッキーパンプキンはパドックでもとても良い雰囲気で上位人気の中でも一番良くみえたし、休み明けのショウナンマイティとは出来の差もありました。
それに、良馬場ながらだいぶ雨が降っていたので、馬場の影響も多少あったか。
一度たたいて、次走はしっかり勝ちたい。
次走は最後方からではなく、中段あたりからの競馬を見たい。
以前は折り合いに苦労するところもあって、折り合いに専念するために後方からの競馬をするようになりましたが、今回は休み明けでもしっかり折り合いもついていたので道中あそこまで極端に下げる必要もない。
中日新聞杯を勝ったスマートギアも武騎手が乗っていたころには後方からの競馬で勝ちきれない競馬ばかりでしたが、松山騎手が中段からの競馬で結果を出しました。
やはり、追い込み一辺倒ではどうしても展開に左右されてしまうことろがあるし、この馬自身も特に追い込みにこだわるタイプでもないと思う。
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。