prev04next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

産経大阪杯&ダービー卿CT予想

・産経大阪杯
◎ダノンシャンティ
○キャプテントゥーレ
▲ドリームジャーニー
△リディル、ヒルノダムール、ダークシャドウ、エイシンフラッシュ

◎ダノンシャンティは前走京都記念ではテンションが上がってしまい、レースでも終始かかり気味だったわりには最後まで良くがんばっていたし、やはり力のある馬だと感じました。
59キロに斤量は厳しいけど何とかこなしてほしいという期待もこめて。

○キャプテントゥーレは前走中山記念は相手が悪かったので仕方ないとして、今回は叩き2戦目で状態的にも前走以上だし、単騎逃げの見込めるメンバー構成なので展開的にも向きそう。

▲ドリームジャーニーはこれまでのレースを見ても59キロの斤量だとちょっと厳しいところがある馬で勝ちきれないところがある馬なので58キロになるのは良い。

△は4歳馬4頭。
その中では1番人気薄のダークシャドウは前走が1000m下ながら本当に強い勝ち方だったし、このメンバーでどこまでやれるか注目しておきたい。


・ダービー卿CT
ハンデ戦という事もあって土曜の中山牝馬S同様荒れる気配はあります。

◎スピリタス
○ライブコンサート
▲ダンツホウテイ
△キョウエイストーム、スマートステージ、キングストリート、スズジュピター

◎スピリタスは脚質的に追い込み一辺倒でどうしても展開に左右されるタイプですが、はまれば本当に強い勝ち方をします。
今回はコスモセンサーが行くようなのでこれに他の馬が絡んで中山牝馬Sのようにペースが上がればこの馬向きの展開になる。

○ライぶコンサートはマイルCSで0,2秒差の5着。
前走はフェブラリーSでダートへ挑戦して7着なら良く頑張ってる。
斤量も57,5キロなら問題ない。

△ダンツホウテイは前走大阪城Sがなかなかセンスを感じさせる良い勝ち方だったし、前走並みに走ればここでもやれる。
スポンサーサイト
 
拍手する

日経賞&中山牝馬S結果

・日経賞
1着◎トゥザグローリー
2着○ペルーサ
3着▲ローズキングダム
4着 マイネルキッツ
5着 エーシンジーライン

上位人気同士での順当な結果。
その中で勝ったトゥザグローリーは2着に2馬身半差をつける圧勝。
序盤は流れが遅かったせいか多少行きたがるところもありましたが特に問題はなく内ラチ沿いからスムーズに競馬を運び、直線入り口では外のローズキングダムの手が動いていたのに対してトゥザグローリーのほうは手ごたえに余裕もあったし、追い出してからは後続を一気に突き放して最後は抑える余裕もあった。
昨年の青葉賞ではペルーサに4馬身差をつけられての完敗でしたが、今回は逆に2馬身半差つけたのだからペルーサが休み明けだったにせよ、この馬本当に強くなりました。
天皇賞最有力。

2着ペルーサは休み明けで勝ったトゥザグローリーとは内外の差もあったし、レース内容としては悪くありません。

3着ローズキングダムは序盤に行きたがるところがあったのとやはり59キロの斤量も多少響いた感はあります。

4着マイネルキッツは昨年の札幌記念以来でしたが力のあるところは見せました。
元々たたいてよくなるタイプだし、天皇賞はもっと良くなります。

この上位4頭は天皇賞でも期待できます。


・中山牝馬S
1着△レディアルバローザ
2着 フミノイマージン
3着 コスモネモシン
4着△ディアアレトゥーサ
5着 バイタルスタイル

8着○ワイルドラズベリー
10着▲プロヴィナージュ
15着◎クーデグレイス

日経賞が固く収まったのに対してこちらは大荒れの結果となりました。
上位は全て人気薄の馬。
その中で勝ったのは10番人気のレディアルバローザ。
レースは1000m通過が57,9秒というハイペースで進み縦長の展開。
勝ったレディアルバローザは中段やや後方から進み、直線では馬群を縫うようにという表現がぴったりの走りを見せました。
昨年の秋華賞で5着、前々走京都牝馬Sでも上位と差のない競馬をしながら斤量53キロも恵まれた。
馬体重+12キロで、パドックでも確かに良く見えたし状態的にも良かったんだと思う。
鞍上の福永騎手は日経賞に続いて重賞連勝。
レーヴディソールの戦線離脱は残念だったけど、こうして他の馬でもすぐに結果を出すのはさすがですね。
2着のフミノイマージン以外は8着までが4歳馬を占めました。
今年は京都牝馬Sも4歳のショウリュウムーンが勝ったし、牡馬だけでなく牝馬も今年は4歳勢のレベルが高いですね。

2着フミノイマージンは道中後方からメンバー最速の上がりで追い込んできました。
斤量も軽かったし、展開的に恵まれた部分のあったけど、それにしても最後の脚はよかった。

3着コスモネモシンは馬体重-14キロがどうかと思ったけど、3歳のフェアリーSを勝った時と馬体的にはほとんど差が無いところを見ると、むしろこのくらいがベストなのか。
 
拍手する

日経賞&中山牝馬S予想

今週の日経賞と産経大阪杯は好メンバーがそろいました。
ハイレベル4歳勢の中でドバイ組の2頭を除いた上位勢のほとんどが出走。
現5,6歳世代はディープスカイやロジユニヴァース、アンライバルドといったクラシックの勝ち馬が故障で引退したり、長期休養でなかなか順調に使えないということもあって上位陣の層が薄いのに対して、4歳世代はダノンシャンティの骨折はあったものの今はもう復帰しているし、その他の馬も故障も無く順調に来ているのは大きいですね。

・日経賞
◎トゥザグローリー
○ペルーサ
▲ローズキングダム
△ビッグウィーク、ミヤビランベリ

4歳勢中心で、斤量58キロの2頭を上位とします。

◎トゥザグローリーは前走京都記念でも本命に押したんですが強い勝ち方を見せてくれました。
元々素質は高かった馬ですが昨年秋から一気に力をつけてきた感じで、成長度でいえば4歳世代の中でもトップレベル。

○ペルーサは昨年は素質の高さを示しながらも出遅れ癖の影響からなかなか結果が出ませんでしたが、有馬記念では五分のスタートを切れたしその癖も解消しつつある。
有馬では14番枠ということもあってゲート入れも遅かったということもあるとは思いますが今回は5番枠ですが10頭立てと小頭数だし、スムーズにいけば特に問題ないとおもう。

▲ローズキングダムは前走日経新春杯は4コーナーでの反応の鈍さを見ると、58キロの斤量が響いたのかなという感もあったので、今回はさらに1キロプラスの59キロを背負う点にはやはり多少不安が残ります。

△ビッグウィークは前走京都記念は6着でしたが、3、4コーナーでの反応は悪くなかったし、一度たたかれた次走は変わってくるだろうという雰囲気がありました。

△ミヤビランベリはマイペースで逃げられれば3着はあっていい。


・中山牝馬S
ここはかなりの混戦模様なので手広く狙いたい。

◎クーデグレイス
○ワイルドラズベリー
▲プロヴィナージュ
△ヒカルアマランサス、ディアアレトゥーサ、アプリコットフィズ、レディアルバローザ

◎クーデグレイスは阪神コースでは2戦して1勝3着1回で、どちらも時計的にも優秀。
休み明けのここ2戦は昨年の夏ころに比べて馬体が20キロ以上増えているように太め残りだった。
今回は輸送もあるのである程度は絞れる。
52キロの斤量も魅力。

○ワイルドラズベリーは前走マイルCSで初の古馬との対戦でも勝ち馬とは0.5秒差と健闘しました。
前走並みに走れれば牝馬限定なら上位。

▲プロヴィナージュは昨年は牡馬相手の重賞でも差のない競馬をしていたし、休み明けを一度たたかれて状態が上がっていれば。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。