prev04next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

青葉賞予想

◎ショウナンマイティ
○ギュスターヴクライ
▲リフトザウイングス
△ウインバリアシオン、トーセンレーヴ、ヴァーゲンザイル

前走弥生賞組を上位とみます。

◎ショウナンマイティはこれまでのレースでもずっと本命に押し続けてきて、ここ2戦は追って届かずといったレースが続いていますが勝ち馬とはほとんど差はないしあの脚なら府中でなら届くはず。
鞍上の浜中騎手はデビューからこの馬に乗り続けていてこの馬のことも良くわかっているだろうし、ここでしっかり結果を出してダービーへ向かっていってほしい。

○ギュスターヴクライは弥生賞6着とはいえ0.1秒差。
勝ったサダムパテックには直線で一旦引き離されたもののゴール前ではまた差をつめていたし内容的にも悪くない。
同条件だった前々走も強い競馬だった。

▲リフトザウイングスは期待していた前走がまさかの惨敗で、今回どこまで立て直してこられるのが疑問は残りますが、朝日杯の時にはメンバー中で最も将来性が高いと見ていた馬なのでもう一度注目してみたい。
スポンサーサイト
 
拍手する

皐月賞&アンタレスS結果

・皐月賞
1着△オルフェーヴル
2着◎サダムパテック
3着 ダノンバラード
4着 デボネア
5着△ナカヤマナイト

10▲ステラロッサ
13着○ダノンミル


勝ったオルフェーヴルは2着に3馬身差をつける圧勝。
不安視されていた左回りも全く問題なく、直線も真っ直ぐ走って鋭く抜け出しました。
今回はパドックでテンションの高い馬が目立ちましたがオルフェーヴルはそんなことも無く普通といった感じの出来。
レースはエイシンオスマンが逃げる展開で1000m通過は60,3秒。
オルフェーヴルは中段やや後方内側につけ、その前に2着のサダムパッテック、さらにその前には3着に入ったダノンバラード。
やはりロス無く内を回った馬が上位を占める結果で、外枠の馬には少し厳しい展開になりましたね。

2着サダムパテックはスタートで出遅れたがすぐに中段につける。
直線は伸びそうで伸びず、外に持ち出してラスト1Fからようやくエンジンがかかったような感じでしたがその時にはすでにオルフェーヴルが抜け出しており2着まで。
直線を向いてすぐのあたりでのオルフェーヴルとの瞬発力の差。
あそこでオルフェーヴルが一気に加速していったのに対してサダムパッテックはかなりもたついていたのが響きました。

3着ダノンバラードはしぶとく伸びて来たといった感じでしたね。
前走の惨敗でノーマークでしたけど上手く内枠を生かせたし、やはりラジN杯2歳Sを勝っているだけあって力を出せればこのくらいは走ってもおかしくは無いか。
ただ、まだGⅠを勝つほどの力は無いので今後の成長に期待したい。

4着デボネアは後方からの競馬で、直線はオルフェーヴルに次ぐ上がりでよく追い込んできました。
さすがにあの位置からの競馬では厳しいところはありましたがそれでも4着にくるのだから力はあります。
もっと内枠だったらさらに上の着順もありました。

終わってみれば前走トライアルの重賞を勝った2頭での決着なので順当な結果といえます。
逆にトライアル以外の重賞を勝っていた5頭はいいところなし。
元々、皐月賞はトライアル組が圧倒的な成績を残していて、それ以外の組は厳しいという結果が出ていていますが、今年も結局その通りの結果となりました。
特にナカヤマナイト、トーセンラー、フェイトフルウォーの3頭は外枠も響きましたが間隔を開けたことも裏目に出ました。
間隔を開けると厳しいということかデータでも明らかになっているにもかかわらず、あえてそうしたこの3頭の陣営は何考えているんだろうな。
状態的に問題があって使いたかったけど使えなかったというならわかりますが、確かこの3頭は前走を勝った時点ですぐに皐月賞への直行を表明していたはず。
きさらぎ賞を勝ったトーセンラーはそのまま皐月賞へ向かって、3着に敗れて賞金の足りなかったオルフェーヴルはスプリングSを使い、そこを勝ってさらに今回皐月賞を勝ったのだからやはり賞金的に余裕ができたからといってローテーションにまで余裕を持たせたところで何のプラスにもならない。
2,3着狙いならそれでもかまいませんが勝ちに行くならしっかりトライアルを使ってから本番へ向かってほしい。


・アンタレスS
1着△ゴルトブリッツ
2着◎ワンダーアキュート
3着○バーディバーディ
4着△タガノジンガロ
5着 ピースキーパー

12着▲サクラロミオ

勝ったゴルトブリッツはこれで3連勝で初重賞制覇を飾りました。
この馬はあまり良く知らなかったんですが、このレース振りを見ると相当強い馬ですね。
直線ではこの馬が先に抜け出すところにワンダーアキュートが迫ってきてましたが差は全く縮まらず。
これでダートは7戦6勝。
今後も非常に楽しみな馬。

2着ワンダーアキュートはスタートで少しつまずくようなところがあり、さらに内にいたフィールドリュージュが落馬する展開。
道中も空馬が近くにいましたが上手く裁き、直線を向いた時の手ごたえなら一気に突き抜けるかと思っていたんですがゴルトブリッツとの差は縮まらず。
3着以下は引き離しているのだからこれは勝った馬が強かった。

3着バーディバーディは上位とは斤量差のあったので仕方ない。
4着のタガノジンガロも重賞2戦目でよく走ってます。
上位4頭は力があります。
 
拍手する

皐月賞&アンタレスS予想

・皐月賞
今年は府中での開催ということで基本的には内枠狙い。
8枠の3頭は内なら充分狙えるだけの力はありますがこの枠なら黙って消し。
土曜に大分雨が降ったので明日晴れるとしてもどこまで馬場が回復するのかも気になる。
今年はトライアル組以外の層が厚いですが例年通りトライアル組中心から狙いたい。

◎サダムパテック
○ダノンミル
▲ステラロッサ
△ナカヤマナイト、カフナ、ベルシャザール、オルフェーヴル

◎サダムパテックはメンバー中唯一の重賞2勝馬。
前走弥生賞は休み明けで余裕のあるつくりながら勝ったあたりにはやはり力を感じます。
枠順的にも1番良いところに入りました。
コース経験もあるし、前走に続いて岩田騎手が乗るのもいい。
総合的に見て不安要素もこの馬が一番少ない。

○ダノンミルは前走若葉Sが好時計勝ち。
昨年のペルーサ、ヒルノダムールが1,2着した時との比較でも今年のほうがかなり速いし、混戦といわれている今年のメンバーでなら通用していい。
鞍上が前走と同じく浜中騎手なら本命でもよかった。

▲ステラロッサはこの最内枠を上手く生かしたいですね。
土曜のフローラSのマイネソルシエールのような競馬をしたい。



・アンタレスS
◎ワンダーアキュート
○バーディバーディ
▲サクラロミオ
△ピイラニハイウェイ、ゴルトブリッツ、ダイシンオレンジ

◎ワンダーアキュートは56キロの斤量でここに出られるというのは大きいですね。
バーディバーディーと2キロ差あるのならやはりこの馬のほうを上と見たい。

○バーディバーディはデビュー当時は460キロ台だった馬体がここ3戦は480キロ台に乗せてきてGⅠでも上位争いをしているように、確実に力をつけてきています。
このまま順調に行けばいずれはGⅠも勝てる馬だと思う。

▲サクラロミオは今回と同条件の京都1800mのGⅢで連続3着。
後方から確実に伸びてくる脚があるので展開が向けば。
 
拍手する

戦国乙女の徳川イエヤス。
基本的に、ツリ目キャラのほうが圧倒的に好きなんですが、今期のアニメのタレ目キャラの中では唯一可愛いと思いました。
おっとりとしたおとなしい雰囲気でありながら、そこは家康がベースになっているだけあって野心を内に秘めてるようなところもあるし、この先どうストーリーに絡んでくるのかが気になります。
11-04-20b.jpg
 
拍手する

桜花賞&マーチS結果

・桜花賞
1着▲マルセリーナ
2着△ホエールキャプチャ
3着○トレンドハンター
4着△メデタシ
5着 フォーエバーマーク

12着◎ライステラス


レーヴディソールの戦線離脱によって混戦模様と見られていた一戦ですが、終わってみれば前走を強い勝ち方で勝ちあがってきた馬同士の順当な結果となりました。
レースを振り返ると、まず最内枠のフォーエバーマークがポンと飛び出してハナを切り、マルセリーナ、ホエールキャプチャ、トレンドハンターといったあたりはスタートがそれほど良くなく後方からの競馬。
1000m通貨が58,5秒で、ある程度レースも流れてくれたし、道中後方にいた4頭が上位を占めたところを見ると、結果的には後方の馬に上手く流れが向いた感はあります。
そんな中、勝ったマルセリーナはスタートが良くなかった上に序盤は他馬に挟まれて手綱を抑えるところもあったりして、道中は決してスムーズな競馬が出来ていたわけではなかった。
4コーナーではホエールキャプチャやトレンドハンターが外に持ち出したのに対してマルセリーナは内をついて、直線では前が壁になるところを上手く外に持ち出す。
そこから追い出してからの脚はすごかった。
最内で逃げねばるフォーエバーマークと大外から伸びるホエールキャプチャの間を突いて鋭く伸びて見事1着。
マルセリーナはエルフィンS以来で少し間隔はあいていましたがパドックで見た時には馬体的にもよく見えたし、落ち着きがあるのも良かった。
ディープ産句初のG1制覇。
距離が伸びてもよさそうなタイプだし、オークスも最有力と見ていいでしょう。

2着ホエールキャプチャと3着トレンドハンターは外枠が影響した感がありますね。
4コーナーで大外を回った分かなりのロスもあったし、それでいて直線はあれだけ伸びているのだからこの2頭も力があります。
この2頭もオークスでも注目しておきたい。

4着メデタシは追いきりで好時計をマークしたことで注目されていた馬で11番人気と人気はありませんでしたが、状態のよさを生かしていい競馬をしました。

6着ハブルバブルはデビューから1ヵ月半程度で4戦をこなすというきついローテーションながらそれほど負けてはいないように力はありますね。

12着ライステラスはパドックでの雰囲気は悪くなかったし状態的には問題なかったと思う。
レースでは、序盤馬ごみの中で少し窮屈になるところはあったけどそれほど大きな影響を受けるようなものでは無いように見えた。
直線も伸びるかなと思ったところで内のマルセリーナと外にメデタシに挟まれる形になってしまったのが影響したか。


・マーチS
1着 テスタマッタ
2着△ブラボーデイジー
3着△インバルコ
4着 マチカネニホンバレ
5着▲タガノジンガロ

8着◎キングスエンブレム
15着○ピイラニハイウェイ

勝ったテスタマッタはメテオロロジストが逃げる展開の中、序盤は後方から徐々にポジションを上げ、1000mを通過するあたりでは4,5番手の外目に付ける。
直線は外から力強く伸び2着に2馬身半差の完勝という強い競馬でした。
昨年のフェブラリーS2着馬とはいえ1年半以上も勝ち星が無かったことで軽視してましたが、58キロを背負ってこの走りが出来るんだからかなり力はありますね。

2着ブラボーデイジーは牡馬相手にこの結果は評価できます。
ここ2走はラヴェリータに先着を許す競馬が続きましたが今回はそのラヴェリータとは斤量差が1,5キロあったし、牝馬でありながら550キロも馬体もすごい。

3着インバルコは直線必ず伸びてくる馬で、もう少し展開が向けば重賞でも勝てるだけの力はあります。

8着キングスエンブレムは道中は最内をスムーズに走っているように見えたし、4コーナーを回るあたりでも手ごたえには余裕があるように見えながら直線はじりじりとしか伸びなかったあたりは57,5キロの斤量が響いた感があります。
今回のメンバーの中でも最軽量馬なので他馬よりも斤量の影響は大きかったかもしれない。


阪神9忘れな草賞を勝ったエリンコートは500万下に続いての連勝。
内容的にも悪くないしオークスでも注目したいところですが、父デュランダルという血統からは距離が伸びていいタイプには見えないしちょっと厳しいんじゃないかと思う。
注目していたサクラシオンは馬体重-26キロというのはデビュー戦が多少太めだったとしても減りすぎで、状態面が良くなかったのかも。
 
拍手する

桜花賞&マーチS予想

・桜花賞
◎ライステラス
○トレンドハンター
▲マルセリーナ
△エーシンハーバー、スピードリッパー、メデタシ、ホエールキャプチャ

◎ライステラスはここ2戦はレーヴディソールに完敗といえる内容ながら、そのレーヴディソールがいないとなれば当然上位と見ていい。
その割り現時点では5番人気で17倍と、オッズ的にも狙って面白い馬。

○トレンドハンターは前走フラワーCが強いレース内容で、中1週のローテさえこなせれば。

▲マルセリーナはデビュー2戦目のシンザン記念でレッドデイヴィス、オルフェーヴルにつぐ3着という内容は評価できるし、前走エルフィンSも余裕のある勝ち方で時計的にも優秀。
馬体減を考慮して間隔を開けたということですが
追いきりの動きも良いので仕上がりに不安も無い。


・マーチS
◎キングスエンブレム
○ピイラニハイウェイ
▲タガノジンガロ
△ハギノリベラ、ラヴェリータ、ブラボーデイジー、インバルコ

◎キングスエンブレムは前々走みやこSではトランセンドとも差の無い競馬をしていたように力はある。

○ピイラニハイウェイはここ数戦は重賞でも差の無い競馬をしているしそれでいて斤量56キロも有利。
阪神コースも9戦して3着以内8回と相性が良い。

▲タガノジンガロはダートでは11戦していまだ連を外していないように安定感のある走りをする上にまだ底を見せていない部分もある。


その他のレースでは阪神9R忘れな草賞に出走するサクラシオンに注目したい。
新馬線が強い勝ち方で時計も優秀。
ここも勝つようならオークスが見えてくる。
 
拍手する

阪神牝馬S&ニュージーランド結果

・阪神牝馬S
1着◎カレンチャン
2着 アンシェルブルー
3着△スプリングサンダー
4着 プロヴィナージュ
5着▲プリンセスメモリー

12着○サングレアズール

勝ったカレンチャンは最内枠を上手く生かして道中内ラチ沿い4,5番手から、直線では外から来たアンシェルブルーに一旦交わされたものの、そこから再び差し返したあたりはやはり力がありますね。
1400mも全く問題ありませんでしたがこれ以上となると不安があるので、この先ヴィクトリアマイルの行くとしても秋にはスプリンターズSを目指してほしい。
2着アンシェルブルーは直線ではカレンチャンとの叩きあいになり、最後は半馬身差をつけられたものの初重賞としてはいいレース内容だった。
3着スプリングサンダーも条件戦を連勝してきた勢いを見せたし、今の充実振りを感じさせる内容だった。
上位3頭が4歳で、さらに今年これまでに行われた古馬牝馬の重賞は3戦が全て勝ち馬が4歳ということで、やはりこの世代は強いですね。
来週のマイラーズCにはその4歳牝馬の筆頭のアパパネも出走するのでこの馬にも期待したい。


・ニュージーランドT
1着△エイシンオスマン
2着 エーシンジャッカル
3着◎グランプリボス
4着 ディープサウンド
5着 ロビンフット

7着▲ダノンシャーク
10着○ラトルスネーク

勝ったのは12番人気のエイシンオスマン。
1000m通過が59,9秒という流れを2番手追走。
上手く流れも向いたので直線も余裕があった。
前走スプリングSでは休み明けながら5着に入って、さらに今回は展開に恵まれた部分はあったとしても完勝と言えるレース内容でこの馬の成長を感じさせます。

2~4着はハナ、ハナ差の接戦。
その中で中段から鋭く伸びたエーシンジャッカルがゴール前ギリギリで2着に食い込む。
3着グランプリボスは物足りないレース内容。
序盤行きたがるとこもあり、直線もじりじりとしか伸びず。
そのほか人気上位の中ではダノンシャーク、ラトルスネーク、リアルインパクトあたりも全くいいところなし。
このレースを見るとNHKマイルCも混戦模様という感じがします。
 
拍手する

阪神牝馬S&ニュージーランドT予想

・阪神牝馬S
◎カレンチャン
○サングレアズール
▲プリンセスメモリー
△スプリングサンダー、クロワラモー、サワヤカラスカル

今年は牝馬も4歳勢が強いのでその4歳を中心に狙ってみます。

◎カレンチャンは前走が本当に強い勝ち方で、直線半ばでは2番手以下に5馬身近く差を広げゴール前は押さえて2馬身半差。
1400mはこれまで1度走って8着ですが今の出来ならこなせるはず。
最内枠もこの馬にはプラス。

○サングレアズールは前走京都牝馬S3着。
その時の4着が先週の中山記念を勝ったレディアルバローザで、その時はレディアルバローザよりも斤量が1キロ重かったことを考えると価値がある。
前々走では今回と同条件で勝っているし、このとき2馬身半差で下したトーセンイマジゲンが次走を勝っていることからもやはりこの時も強い競馬だった。

▲プリンセスメモリーはここ最近はマイル以上でも競馬が続いていますが、元々デビュー当時は1400以下で連勝していた馬だし。スウェプトオーヴァーボード産句ということを考えても距離短縮はプラス。
前走六甲Sは6着ながら上がりは断然の数字をたたき出しているように切れる脚もある。
400キロを切るような小柄な馬なので中1週のローテで馬体が減らなければ良い。


・ニュージーランドT
◎グランプリボス
○ラトルスネーク
▲ダノンシャーク
△エイシンオスマン、リアルインパクト、オメガブレイン

朝日杯1,2着馬を含めなかなか好メンバーがそろいました。
◎グランプリボスはその朝日杯の勝ち馬で、年明け緒戦となった前走スプリングSは終始かかり気味ながら粘って4着。
距離的にも問題のないところは見せましたが、やはり1ハロンでも短縮されるというのは大きなプラスになります。
今回はあまり前に行かないで中段あたりで競馬したい。

○ラトルスネークは能力的にはかなりのものがあるんですがなかなか力出し切れない競馬が続いています。
上手く折り合いつけて直線上手く馬群を裁けば確実に伸びてくる。

▲ダノンシャークは前走若葉S3で惜しくも皐月賞の権利は逃しましたがこのレースは時計的にも速くて意外とレベルの高い1戦だったと思うし、前々走では弥生賞2着のプレイに完勝した内容からも能力的にはここでも通用する。
 
拍手する

立夏誕生日おめでとう!
11-04-08.jpg
 
拍手する

産経大阪杯&ダービー卿CT予想

・産経大阪杯
◎ダノンシャンティ
○キャプテントゥーレ
▲ドリームジャーニー
△リディル、ヒルノダムール、ダークシャドウ、エイシンフラッシュ

◎ダノンシャンティは前走京都記念ではテンションが上がってしまい、レースでも終始かかり気味だったわりには最後まで良くがんばっていたし、やはり力のある馬だと感じました。
59キロに斤量は厳しいけど何とかこなしてほしいという期待もこめて。

○キャプテントゥーレは前走中山記念は相手が悪かったので仕方ないとして、今回は叩き2戦目で状態的にも前走以上だし、単騎逃げの見込めるメンバー構成なので展開的にも向きそう。

▲ドリームジャーニーはこれまでのレースを見ても59キロの斤量だとちょっと厳しいところがある馬で勝ちきれないところがある馬なので58キロになるのは良い。

△は4歳馬4頭。
その中では1番人気薄のダークシャドウは前走が1000m下ながら本当に強い勝ち方だったし、このメンバーでどこまでやれるか注目しておきたい。


・ダービー卿CT
ハンデ戦という事もあって土曜の中山牝馬S同様荒れる気配はあります。

◎スピリタス
○ライブコンサート
▲ダンツホウテイ
△キョウエイストーム、スマートステージ、キングストリート、スズジュピター

◎スピリタスは脚質的に追い込み一辺倒でどうしても展開に左右されるタイプですが、はまれば本当に強い勝ち方をします。
今回はコスモセンサーが行くようなのでこれに他の馬が絡んで中山牝馬Sのようにペースが上がればこの馬向きの展開になる。

○ライぶコンサートはマイルCSで0,2秒差の5着。
前走はフェブラリーSでダートへ挑戦して7着なら良く頑張ってる。
斤量も57,5キロなら問題ない。

△ダンツホウテイは前走大阪城Sがなかなかセンスを感じさせる良い勝ち方だったし、前走並みに走ればここでもやれる。
 
拍手する

日経賞&中山牝馬S結果

・日経賞
1着◎トゥザグローリー
2着○ペルーサ
3着▲ローズキングダム
4着 マイネルキッツ
5着 エーシンジーライン

上位人気同士での順当な結果。
その中で勝ったトゥザグローリーは2着に2馬身半差をつける圧勝。
序盤は流れが遅かったせいか多少行きたがるところもありましたが特に問題はなく内ラチ沿いからスムーズに競馬を運び、直線入り口では外のローズキングダムの手が動いていたのに対してトゥザグローリーのほうは手ごたえに余裕もあったし、追い出してからは後続を一気に突き放して最後は抑える余裕もあった。
昨年の青葉賞ではペルーサに4馬身差をつけられての完敗でしたが、今回は逆に2馬身半差つけたのだからペルーサが休み明けだったにせよ、この馬本当に強くなりました。
天皇賞最有力。

2着ペルーサは休み明けで勝ったトゥザグローリーとは内外の差もあったし、レース内容としては悪くありません。

3着ローズキングダムは序盤に行きたがるところがあったのとやはり59キロの斤量も多少響いた感はあります。

4着マイネルキッツは昨年の札幌記念以来でしたが力のあるところは見せました。
元々たたいてよくなるタイプだし、天皇賞はもっと良くなります。

この上位4頭は天皇賞でも期待できます。


・中山牝馬S
1着△レディアルバローザ
2着 フミノイマージン
3着 コスモネモシン
4着△ディアアレトゥーサ
5着 バイタルスタイル

8着○ワイルドラズベリー
10着▲プロヴィナージュ
15着◎クーデグレイス

日経賞が固く収まったのに対してこちらは大荒れの結果となりました。
上位は全て人気薄の馬。
その中で勝ったのは10番人気のレディアルバローザ。
レースは1000m通過が57,9秒というハイペースで進み縦長の展開。
勝ったレディアルバローザは中段やや後方から進み、直線では馬群を縫うようにという表現がぴったりの走りを見せました。
昨年の秋華賞で5着、前々走京都牝馬Sでも上位と差のない競馬をしながら斤量53キロも恵まれた。
馬体重+12キロで、パドックでも確かに良く見えたし状態的にも良かったんだと思う。
鞍上の福永騎手は日経賞に続いて重賞連勝。
レーヴディソールの戦線離脱は残念だったけど、こうして他の馬でもすぐに結果を出すのはさすがですね。
2着のフミノイマージン以外は8着までが4歳馬を占めました。
今年は京都牝馬Sも4歳のショウリュウムーンが勝ったし、牡馬だけでなく牝馬も今年は4歳勢のレベルが高いですね。

2着フミノイマージンは道中後方からメンバー最速の上がりで追い込んできました。
斤量も軽かったし、展開的に恵まれた部分のあったけど、それにしても最後の脚はよかった。

3着コスモネモシンは馬体重-14キロがどうかと思ったけど、3歳のフェアリーSを勝った時と馬体的にはほとんど差が無いところを見ると、むしろこのくらいがベストなのか。
 
拍手する

日経賞&中山牝馬S予想

今週の日経賞と産経大阪杯は好メンバーがそろいました。
ハイレベル4歳勢の中でドバイ組の2頭を除いた上位勢のほとんどが出走。
現5,6歳世代はディープスカイやロジユニヴァース、アンライバルドといったクラシックの勝ち馬が故障で引退したり、長期休養でなかなか順調に使えないということもあって上位陣の層が薄いのに対して、4歳世代はダノンシャンティの骨折はあったものの今はもう復帰しているし、その他の馬も故障も無く順調に来ているのは大きいですね。

・日経賞
◎トゥザグローリー
○ペルーサ
▲ローズキングダム
△ビッグウィーク、ミヤビランベリ

4歳勢中心で、斤量58キロの2頭を上位とします。

◎トゥザグローリーは前走京都記念でも本命に押したんですが強い勝ち方を見せてくれました。
元々素質は高かった馬ですが昨年秋から一気に力をつけてきた感じで、成長度でいえば4歳世代の中でもトップレベル。

○ペルーサは昨年は素質の高さを示しながらも出遅れ癖の影響からなかなか結果が出ませんでしたが、有馬記念では五分のスタートを切れたしその癖も解消しつつある。
有馬では14番枠ということもあってゲート入れも遅かったということもあるとは思いますが今回は5番枠ですが10頭立てと小頭数だし、スムーズにいけば特に問題ないとおもう。

▲ローズキングダムは前走日経新春杯は4コーナーでの反応の鈍さを見ると、58キロの斤量が響いたのかなという感もあったので、今回はさらに1キロプラスの59キロを背負う点にはやはり多少不安が残ります。

△ビッグウィークは前走京都記念は6着でしたが、3、4コーナーでの反応は悪くなかったし、一度たたかれた次走は変わってくるだろうという雰囲気がありました。

△ミヤビランベリはマイペースで逃げられれば3着はあっていい。


・中山牝馬S
ここはかなりの混戦模様なので手広く狙いたい。

◎クーデグレイス
○ワイルドラズベリー
▲プロヴィナージュ
△ヒカルアマランサス、ディアアレトゥーサ、アプリコットフィズ、レディアルバローザ

◎クーデグレイスは阪神コースでは2戦して1勝3着1回で、どちらも時計的にも優秀。
休み明けのここ2戦は昨年の夏ころに比べて馬体が20キロ以上増えているように太め残りだった。
今回は輸送もあるのである程度は絞れる。
52キロの斤量も魅力。

○ワイルドラズベリーは前走マイルCSで初の古馬との対戦でも勝ち馬とは0.5秒差と健闘しました。
前走並みに走れれば牝馬限定なら上位。

▲プロヴィナージュは昨年は牡馬相手の重賞でも差のない競馬をしていたし、休み明けを一度たたかれて状態が上がっていれば。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。