prev03next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

ユキ
11-03-30.jpg
スポンサーサイト
 
拍手する

日記復活!
待ってたよ麗!
11-03-28.jpg
 
拍手する

高松宮記念&毎日杯結果

・高松宮記念
1着△キンシャサノキセキ
2着▲サンカルロ
3着 アーバニティ
4着 ビービーガルダン
5着△レッドスパーダ

10着○ジョーカプチーノ
11着◎ダッシャーゴーゴー

キンシャサノキセキが連覇達成!
前走はスタートで出遅れてしまいましたが今回はスタートもバッチリ決まって道中4,5番手の好置につける。
最初のコーナーでダッシャーゴーゴーが降着になった件でこの馬も多少手綱を引くところがありましたが致命的というほどでもなく、直線では先に抜け出したダッシャーゴーゴーを交わし1着でゴール。
今回は斤量も前走から2キロ減っていたし、馬体重は-10キロでしたがパドックで見ても状態的にもよさそうだったし、レース運びもほぼ完璧。
8歳ながら衰えも全く無く、このスプリント路線で本当に良くがんばってます。

2着サンカルロは道中中段やや後方あたりからメンバー中最速の上がりで指してきました、この距離だとどうしてもテンにおかれてしまうのが痛いですね。
それでも1200mで3戦して4,3,2着と着順を挙げてるので次は1着狙いたい。

3着アーバニティも中段あたりから直線はよく伸びてました。
前走シルクロードSでもジョーカプチーノと同じ上がりを使っていたし、3着くらいには来る力はあったということか。

4着ビービーガルダンはここ数戦いいところが無くて能力的に衰えてきたのかと思っていたら今回はいい走りしました。
確かに、パドックで見た雰囲気も悪くなかったし、久々にブリンカーを外したのも何かしら影響があったのかも。

5着レッドスパーダはこの距離だとちょっと足りない感じですが、マイルならGⅠを勝てるだけの力があるので安田記念に行くなら注目しておきたい。

10着ジョーカプチーノはコーナー入り口での不利が致命的でしたね。
あそこでポジションを下げたせいで完全にリズムを崩してしまい直線も全く伸びずに惨敗。

11着ダッシャーゴーゴーはスプリンターズSに続いて2度目の降着となってしまいました。
ダッシャーゴーゴーは外枠だったこともあって、外から早めに上がっていってコーナーをロス無く回ろうとして内に入れようとしたところ、内のジョーカプチーノやキンシャサノキセキあたりも行くのか行かないのかはっきりしないようなポジションで並んだままコーナーに入ったので進路が狭くなって下げざるをえなくなってしまった。
ちょうどコーナー入り口だったのであれはちょっと仕方ないところがあるようにも見える。


・毎日杯
1着◎レッドデイヴィス
2着△コティリオン
3着▲トーセンレーヴ
4着○エチゴイチエ
5着 アストロロジー


レッドデイヴィスがシンザン記念に続いて重賞連勝を飾りました。
好スタートから道中3,4番手内ラチ沿いからスムーズな競馬を運べたし、直線内から鋭く伸びて外から馬体を合わせてきたトーセンレーヴを楽に振り切ってゴール。
道中の折り合いもつくし行好位抜け出しという安定したレース運びなので安心してみていられる。

2着コティリオンは後方からの競馬で直線外に持ち出すまでに多少手間取りましたがそこからは鋭く伸びてきました。
ラジN杯で3着にきた時と同じような走りで、ここ2戦はいいところがありませんでしたがやはりかなり切れる脚を持ってる馬ですね。
ただ、こういった追い込み一辺倒の競馬ではどうしても展開的な助けが必要になってしまうのでレッドデイヴィスのように安定感のある走りは期待しづらい。

3着トーセンレーヴは外から早めの競馬で、折り合いはついているように見えたし直線も一旦は先頭に立つかというシーンもありましたがそこからレッドデイヴィスに突き放され、ゴール前ではコティリオンにも差されてしまう。
これまで2戦が楽な競馬だったし、今回は相手のレベルも上がってちょっと厳しいところもあったのか。
ただ、その2戦にしてもやはりそれほどの強さを感じるものでもなかったし、現状このくらいなのかなという感じはします。
これで皐月賞は賞金的に無理なのでこの先はダービーを目指すということになりますが、今回の走りからするとあまり期待は出来ない。

4着エチゴイチエはキャリア1戦という事を考えると良く走ってます。
今回が初輸送で、レースでも序盤は多少行きたがるところもあったし、それでも直線も最後まで頑張っていた。
この馬はこれからもっと良くなると思うのでこの先も注目しておきたい。
トーセンレーヴよりも期待できるんじゃないかとおもう。


ドバイWCヴィクトワールピサ優勝!
そして、2着にはトランセンドが来て日本馬のワンツーという結果でした!
ヴィクトワールピサの勝因はやはり序盤最後方からスローペースを見越して向こう正面で外から上がっていったデムーロの好判断でしょうね。
いくら流れが遅いからといって普通はあんな乗り方出来ないと。
実際動いたのはヴィクトワールピサのみで、同じく後方にいたブエナビスタの鞍上のムーアを含めて他の馬はそのままだったし。
昨年の有馬記念にしても、きさらぎ賞のトーセンラーにしてもそうですが、この絶妙なペース判断はさすがだなって感じがします。
それにしてもヴィクトワールピサの成長力には驚かされます。
凱旋門に挑戦し、惨敗した時にはまさかこのレースを勝つなんて想像もしてなかったし、有馬記念の時だって勝ったとはいえ2着のブエナビスタが展開のアヤで負けただけとみていました。
いまでも、単純に絶対的な能力値でいったらブエナビスタにかなうかどうかは微妙という感じはしますが、単にそれだけで決まらないのも競馬なので、やはり勝ったヴィクトワールピサが強いということでしょう。
この先は香港のクイーンエリザベス2世Cへ向かうということですがそこにはスノーフェアリーも出てくるようなのでその対戦も楽しみ。

2着トランセンドもよく頑張った。
藤田騎手がスタートから果敢にハナに立ち、そこで競ってくる馬もいなかったので上手くペースを落とせたので道中はフェブラリーSよりも楽だったように見える。
その道中ではカメラ目線で進みつつ、外からヴィクトワールピサが来たあたりでようやく前を向いて走りだし、直線はヴィクトワールピサに前に出られても最後までよく粘って2着でゴール。
本当に惜しい競馬でしたがそれでもこれだけの走りが出来たのは日本と同じスタイルの競馬を貫けたからでしょう。
トランセンドがこれだけの走りをしたのなら昨年のエスポワールシチーもドバイへ行っていればいい結果出たんじゃないかな。
2頭の能力的にも甲乙つけがたい感じだし、ハイペースに巻き込まれて惨敗したBCクラシックより競馬もしやすかったと思う。

この日本馬ワンツーという結果の要因の一つにはコースが昨年からメイダン競馬場のオールウェザーに変わったことが挙げらる。
それまでダートで行われていた時にはレースの流れも米国的な競馬という感じで、序盤からハイペースで飛ばしての消耗戦という感じでしたが、昨年からオールウェザーになってレースの流れも全く変わったし、さらに米国のダートの一線級の馬も不在。
このコースはオールウェザーの中でもタペタという素材を使ったコースということですが、芝とダートそれぞれでGⅠ2勝を挙げていた馬同士でのワンツーだから、芝、ダートにかかわらずトップレベルの力がある馬ならこなせるということか。
このレースを見ると日本でもオールウェザーのコースがあってもいいんじゃないかって思いますね。
芝、ダートのそれぞれのトップホースが集まって真のNo.1を決めるレースがあったら面白い。

逆に、8着に敗れたブエナビスタは後方のまま全く競馬にならずに惨敗。
スタートからすぐに控えたあたりは、外枠ということもあって折り合いを考えて下げたのかもしれない。
それでも、スローペースというのはわかっていただろうし、勝とうと思ったらどこかで思い切って勝負を賭ける所があってもよかった。

シーマクラシックのルーラーシップは1コーナーで外の馬に寄られたところで完全にリズムを崩してしまいました。
そこからハナに立ってその後は普通に走っていたように見えたけど序盤の消耗が大きかったのか直線は残りⅠFあたりまでは何とか先頭をキープしていましたがその後は失速して6着。
あの一頭だけが邪魔だった。

結果的に、ドバイWCで好走した2頭の鞍上が日本でも騎乗していた騎手だったのに対して、レーザーバレットは能力的にもキャリア的にも不足していたと思うので除外して、ブエナビスタとルーラーシップの2頭はテン乗りだったことも結果に影響したんじゃないかと思う。
コースになれているか、それともその馬に乗りなれているかのどちらを重視するかは各陣営によって判断の分かれるところですが、今回に関しては後者のほうが上だった。
過去振り返ってみても、海外遠征でテン乗りだった馬よりも乗りなれている騎手だった馬のほうが結果を残しているのだから、今後は今回のような馬鹿な真似はしないで乗りなれている騎手でいってほしい。
ブエナビスタならアンカツでも横山騎手でもいいし、ルーラーシップなら岩田騎手の方がもっと上手く乗れる。
確かに、ムーアにしてもスミヨンにしても世界のトップジョッキーであるのはわかりますが、テン乗りでも外国人騎手に任せたほうが良いと思わせるほど日本人騎手との差があるとは思えない。
応援する側としても日本人騎手の方が応援しがいがあるし結果も納得できる。
 
拍手する

高松宮記念&毎日杯予想

・高松宮記念
◎ダッシャーゴーゴー
○ジョーカプチーノ
▲サンカルロ
△レッドスパーダ、キンシャサノキセキ、スプリングソング、ワンカラット

◎ダッシャーゴーゴーは前走が余裕残しのつくりでも結果を出したあたりには成長を感じさせるし、状態的にも今回はさらに上向いている。

○ジョーカプチーノは出遅れながら勝った前走が強かった。

▲サンカルロは昨年のスプリンターズSが不利がありながら3着。
前走勝ちっぷりからして今の充実振りなら力的には通用する。


・毎日杯
◎レッドデイヴィス
○エチゴイチエ
▲トーセンレーヴ
△アルティシムス、コティリオン、リヴェレンテ

◎レッドデイヴィスは前走シンザン記念が強かったし、オルフェーヴルにも完勝した内容からしてもここでは上位。

○エチゴイチエは新馬戦を勝ったばかりの馬ですがその新馬戦での直線抜け出す時の瞬発力にはかなりの強さを感じたし、将来的な面を含めて期待してみたい。

▲トーセンレーヴは前走で負かしたステラロッサがスプリングSで3着にきたのを見ても、そのスプリングSよりメンバー的には落ちるここなら当然上位。
 
拍手する

スプリングS&フラワーC結果

・スプリングS 
1着◎オルフェーヴル
2着▲ベルシャザール
3着 ステラロッサ
4着△グランプリボス
5着 エイシンオスマン
: 
15着○リフトザウイングス

レースを振り返ると、まず好スタートを切ったグランプリボスはそこから控えようとしたものの行きたがるところを見せて道中は2番手につけ、ベルシャザールも多少行きたがるところがあった。
勝ったオルフェーヴルは道中中段からの競馬で折り合いもつき、その後ろにステラロッサ。
直線ではグランプリボスが早めに抜け出したところに外からオルフェーヴルが内にささり気味なところもありながら鋭く抜け出す。
勝ったオルフェーヴルは気性的に難しい面のある馬ですが今回は折り合いはついていたものの直線で左鞭を入れた時に一気に内に刺さって行ってしまったあたりにはやはり課題は残ります。
それでも勝ちっぷりはなかなか良かったし力のあるところは見せました。
次走皐月賞はこの馬にとっては府中に変わるのがどうなるががポイントになりそうですね。
ドリームジャーニーの全弟だし、これまでのレースで唯一の惨敗が京王杯2歳Sで、このときはスタートで出遅れたのが大きく響いた感はありますが、やはり多少不安はあります。

2着ベルシャザールは序盤は多少行きたがるようなところもありましたがその後は上手く折り合いもつき、直線ではオルフェーヴルには切れ負けした感はありますが前走よりはいい競馬が出来ました。
3着ステラロッサは直線外から伸びて、ゴール前で内のグランプリボスを交わして皐月賞の権利を確保。
前走でトーセンレーヴとも差のない競馬をしてましたがこの走りを見るとなかなか力はある馬ですね。

4着グランプリボスは休み明けで道中も係り気味だったことを考えると最後まで良く粘ってました。
距離が長かったということも無かったように見えます。
ただ、次走が皐月賞ということになるとさすがに府中の2000mでは厳しい。
素直にマイル路線へ進むべきだと思う。


・フラワーC 
1着 トレンドハンター
2着△ハブルバブル
3着 マヒナ
4着○マイネイサベル
5着ライブインベガス
6着▲シナル
7着◎サトノフローラ

勝ったトレンドハンターは初芝でしたが直線かなり切れる脚使いました。
中1週で桜花賞は厳しいですがこの先楽しみな馬。
2着ハブルバブルは連闘ながら力のあるところは見せた。
3着マヒナは馬体重-18キロでどうかと思ったんですがそれでも3着に来るのだから力はあります。
期待していたサトノフローラは休み明けで-6キロ。
元々小柄な馬だし逆に増えてくるくらい出なければ駄目だと思ってたけどそのあたりの成長力に疑問が残る結果でした。
 
拍手する

スプリングS&フラワーC予想。

・スプリングS

◎オルフェーブル
○リフトザウイングス
▲ベルシャザール
△ゴールドブライアン、グランプリボス、リベルタス

2歳王者のグランプリボスが出走してきましたが、この馬にとっては1800mの距離が大きなポイントになります。
サクラバクシンオー産句だけあってこの距離が合うとは思えない。
前々走の京王杯2歳Sで本命に押しながら朝日杯では△の評価に下げたのもマイルでも厳しいんじゃないかという判断からで、実際はそのマイルもこなしたとはいえさらに1F延長となるとやはり厳しい。
それに、過去の朝日杯の勝ち馬を見ると年明け緒戦は苦戦している傾向がある。
同じ朝日杯組ならリフトザウイングスのほうを上としたいですね。
朝日杯の時に一番馬っぷりがよく見えたのがこの馬で、将来性もこの馬が一番あるんじゃないかと感じました。
距離的にもマイルは短かったので距離が伸びるのはプラス。

◎オルフェーブルは気性的な面に課題のある馬ですが能力が高いのは確か。
切れる脚もあるし、阪神の外回りならこの馬の力は出せる。
賞金的にもここでしっかり皐月賞の権利を取っておきたいところ。
今年はステイゴールド産句がなかなか調子がいいのでその点でも期待してみたい。

○リフトザウイングスは前走朝日杯では距離が短かった上の位置取りも悪かった。
それでも最後外から伸びて来た辺りはやはり力があります。
賞金的にも現時点では除外濃厚なので陣営も権利が取れるだけの状態に仕上げてきているはず。

▲ベルシャザールは前走共同通信杯4着の走りは物足りない感じがしますが、そこで勝ったナカヤマナイトをホープフルSでは負かしているところを見てももっと走っていい馬だと思う。


・フラワーC
◎サトノフローラ
○マイネイサベル
▲シナル
△アフロディーテ、マヒナ、ハブルバブル

◎サトノフローラは新馬戦で2着に9馬身差をつける圧勝。
直線一旦他馬に並ばれてから再び突き離した走りにはかなりの強さを感じました。
半年振りのレースでどこまで仕上がっているか多少不安はあるのでそのあたりはパドックを見て判断したい。

○マイネイサベルは唯一の重賞勝ち馬で、阪神JFでも差のない競馬をしていたし、前走クイーンC2着も後方からなかなかいい脚を使っていました。
安定感と順調度からいえばこの馬を本命でもいい。
数少ないテレグノシス産句としても良く走ってます。

▲シナルは新馬戦でレーヴディソール、ノーザンリバーに次ぐ3着。
芝未勝利でも問題ない。


土曜深夜にはドバイワールドカップデーが開催されます。
今年の日本馬は5頭が出走。
ドバイワールドカップにブエナビスタ、ヴィクトワールピサ、トランセンドの3頭、シーマクラシックにルーラーシップ、さらにUAEダービーにレーザーバレット。
この中で個人的に応援したいのはトランセンドとレーザーバレットの2頭ですね。
理由は2頭共に鞍上が藤田騎手だから。
多分、期待値でいえばこの2頭より他の3頭のほうが上かも知れませんが、いくら日本馬だからといって鞍上が外国人だと全く応援する気になれない。
今回だけでなく日本馬が海外遠征するたびに感じることですけど、日本馬にはやはり日本人騎手が乗らないと結果にかかわらずそれだけでレースが盛り下がるような気がする。
 
拍手する

氷柱誕生日おめでとう!
11-03-14.jpg
 
拍手する

弥生賞予想

◎ターゲットマシン
○ショウナンマイティ
▲デボネア
△プレイ、オールアズワン、サダムパテック

現3歳勢の中でも特に注目しているターゲットマシンとショウナンマイティの2頭が出走してきたということで、この2頭を中心に狙ってみます。

◎ターゲットマシンはデビューから2連勝中で気性的にもまだ若い、荒削りといった印象のレース振りながら2戦共に強い内容で成長の余地も充分に感じさせます。
今回はその2戦とは相手のレベルは数段上がっていますがこの相手に現時点でどれだけやれるのか見てみたい。
同条件を経験しているのは強み。
ただ、本質的には中山よりは府中向きの馬だと思う。

○ショウナンマイティはラジN杯2歳Sの時にこの馬がこの世代では一番強いということをいいながら惨敗。
それでも、前走では道中折り合いに専念して、直線は一旦前が狭くなるところもありながらしっかり伸びて来た走りは力を感じさせるものでした。
今回は1週前の追い切りでCW6Fで75秒台というかなりの時計をたたき出しているように状態自体は前走よりもさらに上がっています。
土曜のオーシャンSを勝ったダッシャーゴーゴーは1週前に坂路4Fで48秒台、フェブラリーSを勝ったトランセンドは1週前にポリトラックで6F72秒台というものすごい時計を出して本番でもしっかり結果を出したように、これだけ早い時計を出せるのはそれだけ状態の良い証拠でもあります。
今週は気性面を考えて軽めの追い切り。
やはり気性面に不安のある馬なので後は輸送をこなしてくれればといったところですね。

▲デボネアは前走京成杯では勝ったフェイトフルウォーとは差のない2着。
内を上手くついたフェイトフルウォーに対してこの馬は外を回しながらのものと考えると勝った馬以上に強い内容だったともいえます。
ターゲットマシン同様中山2000Mの経験があるのも良い。


その他のレースでの注目はやはり阪神9Rアルメリア賞に出走するトーセンレーヴでしょう。
正直新馬戦はそれほど強いという印象は無かった。
相手関係を考えてもこのあたりで負けていてはダービーとか言ってられない。
 
拍手する

オーシャンS&チューリップ賞結果

・オーシャンS 
1着○ダッシャーゴーゴー
2着▲キンシャサノキセキ
3着◎レッドスパーダ
4着△セイコーライコウ
5着△ケイアイアストン

勝ったダッシャーゴーゴーは道中5,6番手当たりから、4コーナーでは少し反応が鈍いようにも見えたけど直線はよく伸びた。
馬体重+14キロで58キロ背負っていたこともあるし、一度たたいて次はさらによくなる余地はあります。

2着キンシャサノキセキは59キロを背負ってこの走りですからやはり力はありますね。
8歳馬ながら今日のレースを見ても全く衰えは感じないし、スプリント路線でこれだけ長く活躍し続ける馬も珍しい。
パドックでも仕上がりは良く見えた。
レースでは道中の位置取りが後ろ過ぎたか。
早めに中段まで押し上げて、直線も外からよく伸びていますが、上がり33,4秒の脚を使って届かないのなら仕方ない。

3着レッドスパーダは初の1200mのペースにも問題なく対応できたし、最後は2頭に交わされたもののレース内容としては悪くなかった。

4着セイコーライコウも上位とは差のない競馬でこれで2戦連続で重賞4着ですが確実に力をつけてきているという印象があります。

これで高松宮記念の出走馬はほぼそろいました。
まず、このレースからはダッシャーゴーゴー、キンシャサノキセキ、レッドスパーダの3頭。
阪急杯勝ちのサンカルロと、出走すれば5着のワンカラットも抑えたい。
馬体重+26キロで直線も一旦前が詰まるところがありながら最後まで伸びて5着の内容は評価できる。
もう1頭はシルクロードS勝ちのジョーカプチーノ。
キンシャサノキセキとジョーカプチーノの2頭が1番人気を争うことになると思いますが、どちらもGⅠ馬だけあって力はあります。
でも、今のところの本命候補はダッシャーゴーゴー。
勝ってもそれほど人気にはならないタイプでオッズ的にも狙い目だろうし、それに追い切りで抜群に動く馬なので買いたくなるタイプでもあります。


・チューリップ賞
1着◎レーヴディソール
2着△ライステラス
3着△メデタシ
4着▲タガノラヴキセキ
5着 ビッグスマイル
6着○ケイティーズジェム

勝ったレーヴディソールはここでは力が違いすぎました。
いつも落ち着きのあるタイプですが今日もいい雰囲気で馬体重+10キロ。
レースでは後方からゆったりと進んで、直線は鞭を使うどころか軽く追った程度で後続を4馬身突き放してゴール。
圧倒的な強さ!
死角らしい死角も見当たらないし、桜花賞もこの馬軸は揺るがない。
牝馬の中では抜けた存在であるのはもちろんですが、牡馬を含めてもこの馬が1番強いんじゃないかと感じさせます。
桜花賞の後はオークスではなくダービーという話も本当に出てくるかもしれないですね。
アグネスタキオン産句は故障が多いのでこのまま無事にいってほしい。

2着ライステラスはパドックで見たときにはしっかり仕上げてきたなというように感じました。
いかにも牝馬っぽい華奢な馬が多い中では良く見えた。
状態さえ良ければやはり阪神JF3着馬だけあってレーヴディソール以外には負けていられない。

3着メデタシは直線で鋭く伸びて逃げねばるダガノラヴキセキをゴール前ギリギリで捉えて桜花賞の出走権を確保。
 
拍手する

オーシャンS&チューリップ賞予想

◎レッドスパーダ
○ダッシャーゴーゴー
▲キンシャサノキセキ
△セイコーライコウ、スカイノダン、ケイアイアストン

◎レッドスパーダは10ヶ月ぶりのレースとなった前走阪神Cでキンシャサノキセキに首差2着。
今回はそのキンシャサノキセキとは斤量差が3キロ。
初の1200mでもこなせる。

○ダッシャーゴーゴーは1週前の追い切りで坂路4F48秒台の時計をマークしたように仕上がりは良い。
元々追い切りは動く馬で、昨年のスプリンターズSでも追いきりの良さから高い評価をつけたんですが、2着入線から4着に降着という結果。
今回は斤量が初の58キロですが馬格のあるタイプなので問題ないと見ます。

▲キンシャサノキセキは昨年はこのレースを勝ちそのまま高松宮記念を制覇。
スプリント路線では実績的にも1番の馬。
今回は59キロを背負うのがどう出るかですね。
唯一その点だけが気になります。


・チューリップ賞
◎レーヴディソール
○ケイティーズジェム
▲タガノラヴキセキ
△メデタシ、ジョーアカリン、ライステラス

◎レーヴディソールはここでは断然でしょう。
強い相手も見当たらないし、休み明けでも充分乗り込んでいて仕上がりも悪くない。
今年の牝馬路線では抜けた存在。
無敗で桜花賞へ進んでほしい。

○ケイティーズジェムは新馬戦ではサダムパテックを負かしている馬で、その後も牝馬限定のOPクラスでは善戦を続けている。
特に前走エルフィンSはレベルの高い一戦で、そこで3着のグルヴェイグと差のない4着ならここでも通用する。

▲タガノラヴキセキは阪神JFで0,4秒差の7着で3着のライステラスとはほとんど差はなかった。
休み明けのライステラスに対して使われている点でこの馬を上の評価にしたい。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。