prev02next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728-----

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

共同通信杯&京都記念予想

・共同通信杯
◎ダノンバラード
○ベルシャザール
▲サトノオー
△ナカヤマナイト、タツミリュウ、ロビンフット、ディープサウンド

◎ダノンバラードは前走ラジN杯2歳Sの時にはその前の京都2歳Sの走りが物足りなかったのでそんなに評価してなかったんですけど、レースでは直線鋭い伸びを見せて勝ち、力のあるところを見せました。
年明け緒戦となる今回の仕上がりに関しては、1週前の追い切りで先週の東京新聞杯2着にはいったキングストリートと合わせ馬をして好時計をマークしているように不安は無い。

○ベルシャザールは前走ホープフルSを好時計勝ち。
先行して早めに抜け出し、ナカヤマナイトの追撃を振り切りました。
鞍上のデムーロも魅力がある。

▲サトノオーはデビュー戦が2着に7馬身差の圧勝で、前走は不利を受けながら2着入線から繰り上がりで1着。
1800mも問題ない。


・京都記念
◎トゥザグローリー
○メイショウベルーガ
▲ダノンシャンティ
△オウケンブルースリ、ロードオブザリング、ヒルノダムール

◎トゥザグローリーは有馬記念3着。
先着したトーセンジョーダン、ルーラーシップが年明け緒戦を勝ち上がった比較からいっても、メンバーがそろったここでも中心とみます。
昨年秋は5戦こなしながら有馬記念後もすぐに乗り出せたということですしその後の調整も順調に進んだようなので仕上がりに不安は無い。

○メイショウベルーガは京都コースでは昨年は牡馬相手にGⅡを2勝し、エリザベス女王杯でも日本勢では最先着。

▲ダノンシャンティは骨折明けだった有馬記念は度外視してたたき2戦目での変わり身に期待したい。
スポンサーサイト
 
拍手する

クイーンC結果

1着△ホエールキャプチャ
2着△マイネイサベル
3着◎デルマドゥルガー
4着▲フレンチカクタス
5着メーヴェ
6着○ダンスファンタジア

勝ったホエールキャプチャは道中中段あたりからの競馬で、直線の伸びも良かったし、1頭抜け出した後はソラを使ったらしく後続に迫られましたが終わってみれば完勝といえる内容でした。
阪神JF以来の競馬でしたが、追いきりでは2週続けて坂路で49秒台の好時計をマークしていたように仕上がりも良かったし、前走よりもさらに力をつけてきた感があります。
桜花賞でも楽しみな1頭。

2着マイネイサベルは直線内目をついて鋭く伸びてきました。
新潟で2勝しているように左回りも合います。

3着デルマドゥルガーは流れが向きませんでした。
道中は中段やや後方といったあたりでしたが、直線入り口では最後方に近いくらいの位置。
直線半ば辺りではまだ掲示板も無いかなといったあたりでしたが、ゴール前で鋭く伸びて3着を確保。

6着ダンスファンタジアは最内枠で道中ちょっと窮屈な競馬になってしまったかもしれない。
前走のような速い流れにもならなかったし、鞍上のクラストゥス騎手が何度か手綱を引くシーンもあった。
気性的な面で今回のような競馬だともろさが出てしまう。
この走りを見ると桜花賞でも不安が残る。


京都6R新馬戦は圧倒的1番人気に支持されたトーセンレーヴが勝ちました。
ただ首差の辛勝でそれほど強さを感じさせるものではなかった。
パドックでもそれほどいい馬だという印象は無かった。
この相手ならもっと強い競馬を見せてほしかったんですが、それでもここをしっかり勝ちあがったことは次につながります。


京都9Rつばき賞はダノンシャーク。
この馬はなかなか強い勝ちっぷりだった。
デビューから3戦続けて2着でしたが相手がリベルタスやサダムパテックだったっことを考えると仕方ないところはありました。
2着のプレイが京成杯3着で、この馬相手に楽勝といった内容を見てもダノンシャークも重賞級の力はあります。

期待のヌーベルバーグは4着。
道中の位置取りが後ろ過ぎたのもあるし、直線入り口で外によれた部分のロスもあった。
1800mも多少短かったか。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。