prev01next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

AJC杯&平安S結果

・AJC杯
1着○トーセンジョーダン
2着△ミヤビランベリ
3着▲ネヴァブション
4着◎コスモファントム
5着 ダイワジャンヌ

レースを振り返るとまずハナを切ったミヤビランベリがマイペースで逃げ、1000m通過が63,4秒というスローな流れに持ち込む。
その後は残り1000mからのラップが11秒台を刻んでいるようにロングスパートを仕掛け最後まで粘りこむところを外から来たトーセンジョーダンが差し切る。
勝ったトーセンジョーダンは4コーナーの手ごたえを見るとちょっとどうかなというところはありましたが、そこからきっちり伸びてくるあたりはやはり力ありますね。
2着ミヤビランベリは長期休養明けでしんがり負けした前走から巻き返してきました。
上手くマイペースに持ち込んだあたりも良かったし、GⅡとGⅢでそれぞれ2勝挙げている馬ですから、状態さえ戻ればこのくらい走ってもおかしくは無い。
3着ネヴァブションはスタートでの出遅れが痛かった。
最後はメンバー中最速の上がりで追い込んできましたが3着まで。
内にもたれる癖があるということでしたがそのあたりの影響が出たか。
4着コスモファントムは少し物足りない結果でした。
道中3,4番手内ラチ沿いを楽に追走しているようにみえたし、4コーナーでの手ごたえも外にいたトーセンジョーダンよりも楽に見えた。
それでも、直線もう一つ延びなかったのは上がりの競馬に対応できなかったのか、昨年からの連戦の疲れがあったか、それとも距離が微妙に長かったのか。


・平安S
1着○ダイシンオレンジ
2着△インバルコ
2着◎サクラロミオ
4着 ピイラニハイウェイ
5着△マチカネニホンバレ

7着タガノクリスエス

最後の直線はかなり見ごたえがありました。
まず、内のダイシンオレンジが先に抜け出しところに外からインバルコとサクラロミオの2頭が馬体を合わせて追い上げ、ゴール前はダイシンオレンジとインバルコが接戦となりましたがわずかに内のダイシンオレンジが残っていました。
勝ったダイシンオレンジは道中3,4番手からでしたが、レースの流れを考えると絶好のポジション。
直線も最後迫られたとはいえ外の2頭は馬体を合わせてのものだったし、内容的には強い競馬だった。
やはりこの馬は京都が合います。
それにインバルコの鞍上のリスポリ騎手に2週連続で重賞を勝たれなかったのも良かった。
2着インバルコと3着サクラロミオは道中は中段やや後方外目のほぼ同じような位置取りから直線もびっしり合わせて追ってきました。
サクラロミオを本命にしていたので何とかインバルコを交わしてほしかったんですけどちょっと届かなかった。


土曜6R新馬戦を勝ったサクラシオンは力のありそうな馬ですね。
直線では前が狭くなったところで一旦下げ、外に持ち出してからもう一度追い出すという展開ながら最後は2着に1馬身半差をつける完勝。
デビュー戦で1.34.8という勝ち時計も優秀で、同日の9R古馬1000万下と比べても0,4秒差。
牝馬ながら馬体重は512キロという大型馬。
サクラで固められた血統構成もなかなか面白い。
この時期デビューだと桜花賞へ向けてはギリギリですが、今後も注目しておきたい。
スポンサーサイト
 
拍手する

AJC杯&平安S予想

土曜京都10R若駒Sで注目していたショウナンマイティは惜しくも3着。
前走ラジNでは折り合いを欠いて惨敗してしまったということで、今回は折り合いに専念して後方からの競馬。
直線は外に持ち出して最後よく追い込んではいたんですけどね。
直線向いたあたりで前のナリタキングオーによられたところがちょっと痛かった。
メンバー的に流れが速くならないのはある程度読めていたし、その中でショウナンマイティは後方からの競馬になるであろうことも、追い込んで届かずという結果もあるだろうということも読めてました。
その中でもこの先クラシックを目指すためには勝ってほしかったところですが、最後の脚には見所があったもで次走もう一度注目して見たい。
勝ったリベルタスは道中2番手を楽に追走しているように見えたわりには最後は2頭に迫られての接戦でした。
もっと楽に勝っていいような競馬ででこの結果というのは距離的に2000mは微妙に長いというところがあるのかもしれない。
2着のユニバーサルバンクを含め上位3頭は即クラシックという感じではないので次走もう一戦見ておいたほうがいい。

・AJC杯
◎コスモファントム
○トーセンジョーダン
▲ネヴァブション
△マルカボルト、サンライズベガ、ミヤビランベリ

11頭立てと少頭数でそれほど波乱の余地もなさそうなメンバー構成ということで上位人気中心と見ます。

◎コスモファントムはGⅠの2戦以外は全て3着以内という安定した走りで前走中山金杯の勝ちっぷりもなかなか良かったし、今年のレベルの高い4歳世代の上位馬ともそれほど差のない競馬をしてきたことを考えると能力的にはここでも充分通用する。

○トーセンジョーダンは前走有馬記念であのメンバー相手に逃げて5着というのは評価できます。

▲ネヴァブションはこのレース2連覇中で、近走の走りからも今年8歳になったといっても衰えは感じない。


・平安S
◎サクラロミオ
○ダイシンオレンジ
▲タガノクリスエス
△マチカネニホンバレ、バトードール、インバルコ

このレースは1,2番人気が大苦戦中で過去10年で共に未勝利。

◎サクラロミオは前日オッズで4番人気の馬。
前々走みやこSでトランセンド、キングスエンブレムに次ぐ3着でそのときくらいに走ればこのメンバーなら通用する。

○ダイシンオレンジは昨年のこのレース2着馬で、京都では安定感があるし、前走JCダートも勝ち馬とは0,7秒差でそれほど負けてはいない。

▲タガノクリスエスもダイシンオレンジ同様京都は安定している。

△マチカネニホンバレは1番人気ですが最内枠というのが気になったのでこの評価としました。
 
拍手する

11-01-22c.jpg

氷柱が藤田咲と聞いて誰もが思い浮かんだであろうネタをあえて描く。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。